五月パリ編み編み会候補地 ロダン美術館

今週末は欧米は復活祭の春休み。
予定が突然キャンセルになった不器用者ABは、5月の編み編み会場を探す行脚に出る。

既に初夏の陽気、公園でやってみては、というアイデアが前回出たので、パリ市内、北から南までどこに住んでいらっしゃる方でも参加しやすいよう、パリの街の中心あたりにある公園を探ってみる。
注目したのは、以下の3点。
-木陰のある芝生があり、その芝生で座って編み編みできる
-トイレが近くにある
-天気が変わりやすいパリのこと、雨が降り出した時に避難できる屋内が近くにある

で、いくつか回った中で、一番素晴らしかったのは、ロダン美術館の庭。
この美術館は庭のバラ園が有名だが、今の季節、特に今年は陽気が来るのが早かったので、今パラまっさかり。堪能しました。
超近所にあるのに、パラの季節に庭に行ったのは実ははじめて。この機会に運良くでくわさせて下さった編み編み会に感謝。
b0210850_3203865.jpg

バラの季節に限らず、年間通してこの場所の何がいいって、有料なところ。庭だけ入るのにも有料で、しかし入場料はたった一ユーロ(大昔のフラン時代には10フラン、ということを考えると、今となってはなかなか誠実な価格設定)。さらに18歳未満は無料。

ルクセンブルグ公園やチュイレリー公園など、パリの中心にある公園は、いかんせん、人ごみがものすごく、砂埃が沢山立っている。とても芝生に座って編み編み、という状況ではない。アレルギー体質の私には耐えられない状況。

ロダン美術館の庭は、たった一ユーロとは言え有料なので、美術館を訪問する観光客は多くても、来る人皆が皆、単に庭に行くのに一ユーロ払う訳ではない。その結果、庭での人込みが大部減る。

この庭の一番奥に、編み編みに最適な場所があります。
すなわち、芝生の植わった木陰。
長いすが置いてあり、砂場も二つついています。
皆、何することもなく芝生でくつろぎ、子供が走り回っている。
この辺りには彫刻も置いていないので、観光客もあまり来ない。
b0210850_3313939.jpg

この「秘密の場所」に到達するには。。。
チケット売り場を出ると、右手にInvalid と人ごみが砂糖にむらがるアリのようにたかっている「考える人」があります。
ついでに、バラも沢山咲いています。
この写真を撮っている際に、背後で、米国人らしき男性が「バラがすばらしいね、写真とろうかな」とつぶやき、彼の奥さんらしき女性が即座に「バラを見に来たんじゃないのよ!」と厳しい口調で言っているのが聞こえました。。。
b0210850_322439.jpg

さて、「考える人」を右手に見ながら、そのまま小道に沿って右に折れます。
そうすると、目の前にこういう印が出てきます。
b0210850_3223068.jpg

印に沿って、カフェテリアの方向、左に行きます。
すぐに、目の前にこういう印がでてきます。
印の後ろはバラです。
b0210850_3265527.jpg

印の右側に、狭い階段があります。
その階段を下ります。

そうすると、目の前にカフェテリアがあります。
b0210850_3235124.jpg

カフェテリアでは、飲み物、マフィン、アイスクリーム、サラダ、パスタ、などが置いてあります。
b0210850_3243820.jpg

カフェテリアは屋内も広くとってあるので、編み編み中に雨が降ってきても、ここに避難できます。
b0210850_3241460.jpg

カフェテリアを通り過ぎ、続いて左手に池が見えます。池を左手に見ながらさらに歩いていくと、奥に木陰の芝生(長いすと砂場つき)があらわれます。
b0210850_325567.jpg

で、ここで5月編み編み会を開催しようと思います。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-04-25 03:36 | パリ編み編み会 | Trackback | Comments(1)  

トラックバックURL : http://amisparis.exblog.jp/tb/15355395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふく at 2011-04-25 19:27 x
この記事の写真の通りに歩いて行くのが楽しそう、なんだか「宝探し」みたいですね。素敵なところだなぁ。

<< スタークロッシェの室内履き、編... 15区のMercerie (手芸店) >>