手モップ、指モップ、編み方編み図つき、それから質問

憑かれたように掃除用具を編み続けるABです。
さらに手モップと指モップを編みました。

これが手モップ。手だけでなく足にも履けるので、床をすいすいしながら、埃がとれます。
b0210850_611628.jpg

これが指モップ。コンピューターとかテレビとか、さらに延長コードのプラグが三つ四つ並んだやつとか、凹凸のある電化製品に便利。
b0210850_6114815.jpg

つまり、掃除が嫌いなんです。
アイロンがけと掃除が大嫌い。なるべくしたくない。
楽に埃がとれるなら、それにこしたことはない。

双方とも、編み方は実に簡単。ふくさんご紹介の細編みリング編み使いをしているだけ。

指モップの編み図はこんなかんじ。
b0210850_6124044.jpg

「わ」の作り目から、立ち上がりの鎖目一目、続いて「わ」の周りに細編みを5目入れる。
「わ」を引き締めて、立ち上がりの鎖目に引き抜き編みをし、一段目終わり。
二段目は、立ち上がりの鎖目一目、同じ目に細編み一目。続いて、前段の一目につき細編みを二目入れる。前段の細編み目一つにつき細編みを二目入れ続け、最後まで来たら、立ち上がりの鎖目に針を入れて、引き抜き編み。
三段目は、立ち上がりの鎖目一目。前段の最初の細編み目の頭に細編みを二目入れる。次の前段細編み目の頭に細編み一目入れる。その次の前段の細編み目の頭に細編み二目。前段細編み目の頭に細編み一目、その次の前段の細編み目の頭に細編み二目、を繰り返す。段の最後まで来たら、立ち上がりの鎖目に針を入れて、引き抜き編み。三段目終わり。
四段目は、立ち上がりの鎖目一目。前段の最初の細編み目に細編み一目、次の前段の細編み目に細編み二目。続いて、前段細編み目の頭に細編み一目、その次の前段の細編み目の頭にも細編み一目、その次の前段の細編み目の頭に細編み二目を繰り返す。段の最後まで来たら、立ち上がりの鎖目に針を入れて、引き抜き編み。四段目終わり。
五段目は、立ち上がりの鎖目一目のあと、前段の細編み目の頭に細編み一目づつ。段の最後まで来たら、立ち上がりの鎖目に針を入れて、引き抜き編み。
六段目は、立ち上がりの鎖目一目のあと、前段の細編み目の頭に細編みのリング編み一目づつ。段の最後まで来たら、立ち上がりの鎖目に針を入れて、引き抜き編み。
七段目は、立ち上がりの鎖目一目のあと、前段の細編み目の頭に細編み目を一つづつ。段の最後まで来たら、立ち上がりの鎖目に針を入れて、引き抜き編み。

こうして、偶数段は細編み、奇数段は細編みのリング編みを繰り返していくだけです。

指の長さまで編めたら、細編みを二段して、終わり。
b0210850_61576.jpg


手モップの場合、指モップと同じようにはじめて、6段目まで増し目をしていきます。以下同様。

興奮して足モップ、手モップ、指モップを沢山編んで使っているのですが。。。
埃がガバガバとれます。気持ちがいいです。感動です。
でも、とった埃をモップからとるのが容易ではありません。
水で洗ってみたのですが、半分くらいはとれても、あまりよくとれませんでした。
皆さんは、アクリルモップでとった埃を、どうやってモップからとっているのでしょうか。。。
洗濯機で洗えばとれるのでしょうか。。。

ところで、ドイツで買ったアクリル毛糸、無くなっちゃいました。
残るはこの前編み編み会でふくさんがありがたくも提供なさってくださった一玉だけ。。。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-04-28 06:17 | 編み編み報告  

<< アクリル毛糸をパリ14区でも発見 足モップ (スリッパ型モップ) >>