糸のお話―ソックヤーンー

"O"さんから糸のお話が出たので、私も糸のお話を・・・。

グラデーションの糸が好きで、売り場で手に取った糸が、
「ソックヤーン」でした。靴下専用の毛糸。
それまで、こういう糸があるとは知りませんでした。


ドイツの毛糸ブランド、TUTTO社のOpalという糸です。

b0210850_7423253.jpg

        (写真:HPより ドイツ語のHPはこちら

うかつにも、しばらくは買った糸がソックヤーンだと気づかず、
何を編もうかーーと迷った挙句、グラデーションがどんなふうに出るのか早く見たくて、とりあえず輪っかにしたマフラーを編んでしまいました。(糸は上の写真と同じものです)

レトロな色調だったので、60年代風にと、かぎ針で編みました。
(輪にすると、二つ折りにしてヘアバンド風にもなり、巻き方もアレンジできて面白いです)

b0210850_749459.jpg


編んでいる時に、ラベルをよく見ると、あれれ??
靴下の写真が・・・・。
調べるうちに、ソックヤーンなるものにたどり着いたという次第です。

棒針で編んだ靴下とかぎ針で編んだマフラーとでは模様の面白さが全く違いますね、当たり前といえば当たり前なんですが・・・。

私が買ったのは、Opal のフンデルトヴァッサーというシリーズ。

オーストリアの画家で、建築家でもあるフンデルトヴァッサー氏の絵の配色をイメージして作られたものだとか。

化繊が配合してあるのは、靴下にしたときに強度を増すため。
また、スーパーウォッシュ・ウールという、洗っても縮まないウールが使われています。

グラデーションも、最初の写真のように、編んでいくだけで模様ができるように計算され、ひと玉で一足が充分にできる分量という、何から何まで靴下にぴったりの糸。

日本でも、最近は通販などで手に入りやすくなったようです。
極細で、日本では1号針で編むとよいそう。

このグラデーションを利用して、帽子、マフラー、モチーフを編むのも楽しいーーと説明にはありました。
特に子供用品にぴったりとか。

Opal にはこのほか、「ハリー・ポッター」というシリーズも。
(これは既に品切れのようで、残念。)

絵画や映画からイメージを膨らませて糸をデザインするなんて、素敵ですね。

春夏用にはコットンのシリーズも出ています。
b0210850_8121744.jpg

                 (写真:HPより)

これは、また挑戦するしかないでしょう。(いつか・・・)

糸を買ったのは LE BON MARCHE です。
(24 rue de Sevres 75007 地下鉄Sevres-Babylone駅)
★参考までにーーーひと玉13・50ユーロなり。

By ふく
[PR]

by amis-paris | 2011-04-30 07:01  

<< BHV アクリル毛糸をパリ14区でも発見 >>