「ほっ」と。キャンペーン

ビキニのボトムできた。。。

苦労の末、ビキニのボトムができました。
b0210850_2345815.jpg

どうやって編んだかと言いますと。。。
こういう形のものを編んでみた訳です。
b0210850_2441420.jpg

編み図はこんなかんじ。全部長編みで、三角形を減らし目をしながら、あるいは増し目をしながら二つ作っていくだけです。
b0210850_2443313.jpg

サイズの見当は、上下の辺の長さが合わせて腰の左右の骨のあたりの腰周りの長さになればいいです。ポイントは、下の辺が上の辺より長くなるようにすること。
それから、後ろを先に編んで、前をあとに編むこと。これは、減らし目をしていくと、左右の辺が外側に丸くカーヴするように編みあがり、増し目をしていくと、内側にカーヴするように編みあがるから。
これは編んで分かったことです。
不器用者ABは前から編み始めて、後ろが殆ど終わるころに、この編み上がりの違いに気がついた。。。で、全部ほどいてやり直しました。。。

これが編みあがったら、二つに折って、両サイドをはぎます。
こうなります。
b0210850_2451515.jpg

ここではいてみると、大層ゆるいので、ひもを通したベルトをつけることにします。
b0210850_2463765.jpg

ベルトの部分はこんなかんじに編みました。
b0210850_2465911.jpg

一応形にはなってるけど、はいてみると、やはりスパンデックスが入っている普通の水着と違って、どうもぴったりしない。ごろごろして、泳ぐには適していないです。
で、ショーツ型を編みたいな、と思ったのですが、ショーツを編むには糸が若干足りないので、今回は断念。
使用糸は、ドイツで購入したWolle RödelのMille Fili シリーズから、色番5942。
b0210850_2515368.jpg

コットン100%で、一玉50g。
ビキニ上下で、二玉半使いました。
夏の海の水着には、こういうヴィヴィッドではっきりした色がいいと思います。

By AB

Creative Commons License
Bikini bottom turquoise blue by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial 3.0 Unported License.
Permissions beyond the scope of this license may be available at http://amisparis.exblog.jp/.
[PR]

by amis-paris | 2011-05-04 02:58 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(5)  

トラックバックURL : http://amisparis.exblog.jp/tb/15431268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amis-paris at 2011-05-04 16:20
素敵!目もそろってとてもきれい。何回もやり直しをしたなんて、頭下がりまくり!海が待ち遠しいですね。
By Maman Mia
Commented by ふく at 2011-05-04 16:44 x
かっこいい!内側カーブ、外側カーブのお話、試行錯誤の結果の貴重な情報ですね。

おそろいで、パレオなんていかがですか?
Commented by AB at 2011-05-05 02:12 x
上級者Maman Miaさんに「目がそろって」いると褒められると、赤面しちゃいますけど、うれしい!
ふくさん、パレオ編みたいのですが、もう糸が一玉しかなくて。。。ネットでもフランスではこの糸見つかりませんでした。今度ドイツに行った時にまた買います!
いつもやり直し、試行錯誤ばかりですが、編み物のお陰で、「あきらめないで続ける」ということが、普通のことになったというか、ストレスなくできるようになりました。それは仕事の面でもとても役に立っていると最近思います。些細で面倒な繰り返しが多い業務でも、あるいは、何かがうまく通らなくても、ストレスに感じないで通り抜けられようになった。編み物さまさまです。
Commented by AmAm at 2011-05-05 21:45 x
一つ質問ですが、こういった綿100%の糸で、かぎ針編みで、やはり厚みがあるものでしょうか。水辺で着るとして、濡れるとずっしり重くなるのでは?そして、綿が濡れると肌に冷たく感じるのでは?綿布で、ビキニを作ろうと思ったことがあるのですが、それらの理由で作ったことがありません。普通の水着は、やはり化繊なので、軽いし、乾きも早いですよね。かといって、アクリルや麻で作ると軽いのか早く乾くのかも不明ですが。
ビーズが入ってて、さらにオリジナル性があって、素敵です!
Commented by amis-paris at 2011-05-06 03:17
AmAmさん、おっしゃる通りで、実際に泳ぐには適していないと思います。綿でなくて、ウールの方が水をはじきやすいかと思いますが、ウールだと今度は、水にずっと入っているととても重くなります。実は、それも子供の時にイヤで、よく覚えています。あと、ウールの水着はちくちくするのがイヤでした。海辺で日光浴、っていう大人ならファッション面では面白いかもしれませんが、まじめに水遊びをする子供や、大人でも日光浴より泳ぐのが好きな私みたいな人にはあまりお勧めしないです。。。

<< ル ボン マルシェの手芸店 ビキニトップ、それから三角モチ... >>