ヴァンヴ蚤の市の骨董手芸店

ボタンの研究の続き。
とは言っても、未だボタンを見る買う、という準備段階で、ボタンを使うという本番段階には至っておらず。

以前のAB記事へのコメントにあったふくさんからの情報に従って、骨董ボタンがあるらしい14区の南端ヴァンヴ(Vanves)の蚤の市に出向きます。
途中で雨が沢山降ってきてしまったので、お店の方々は商品を守るのにおおわらわ。
b0210850_0355259.jpg

この蚤の市は万国の手芸愛好者にカルト的人気があるらしい、ということはうすうす気づいておりましたが、ペリフェリ-ク(パリ市の外枠を一周する環状線自動車道)の近くと考えただけで「すごく遠い」と思ってしまう怠け者AB、未だ訪問したことがない。
今回行ってみて気がついたのは、実はウチの近所の地下鉄駅から蚤の市の最寄り地下鉄駅Porte de Vanvesまで直通一本、すぐ。地下鉄に乗っているのは、15分未満。近所だったのね!

着いて驚いたのは、クリニャンクールの蚤の市に比べてはるかに小さいのであるが、米国人と日本人の人口密度が超濃い。ちょっと歩いて、すぐ納得。いやあ、すごいですよ、この蚤の市。骨董手芸用品が、ざくざく。手芸・クラフト大好き日本人と米国人にはたまらないですね。
レース、ボタン、糸、紐やらゴムやら、リボン、ファーの切れ端、皮ひもの切れ端、ビーズ、きれいな模様色紙の切れ端、その他なんだかわからないけど使えそうなものが沢山、沢山、ごろごろ山積み。

蚤の市はavenue Marc Sangnier とavenue Georges Lafenestreが交差する角から両通りに続いています。今回見たところ、手芸用品関係はavenue Marc Sangnier に集まっているかんじ。

手芸用品専門のお店がいくつかあります。
例えばこんなかんじ。
b0210850_037273.jpg

こういう雑多なかんじのお店もいい。「掘り出す」っていう気持ちになります。
このお店にはフランスのお裁縫雑誌Modes et travaux の古い古い白黒印刷ものが積まれていました。
b0210850_0373845.jpg


手芸専門でなくても、がらくたを集めたお店にもボタン箱があります。
例えばここ。
b0210850_0543570.jpg


ここも。
b0210850_0382930.jpg


さらにさらに。。。ボタン専門のすごいお店が!
もうボタンばかり沢山沢山積みあがっていて、しかも全部揃ったシートばかり。
雨が降ってきたのでお店を片付け始めていて、残念ながら写真がとれず。
でも、超有名なお店みたいで、日本や米国の新聞や雑誌にも紹介されているらしく、記事のコピーが貼られていました。
家に帰って調べたところ、米国ではこのお店の人はThe Button Man と呼ばれているらしい。シアトルタイムズにはお店の人の写真
http://seattletimes.nwsource.com/ABPub/zoom/html/2008369127.html
そうそう、この人。
LA Times によると、この人Eric Hebert という名前らしいです。子供の時から蒐集家で、切手集めていたらしい。

日本でも超有名らしく、「ヴァンヴ ボタン」で検索すると、様々なお方の記事にこのお店の写真でてきます。ザ・ボタンマンと一緒に撮った写真もでてくる。セレブでいらしたのですね、あのお店のお方。うう、ご一緒写真撮っておけばよかった。。。

ザ・ボタンマンさん、ボタンを本当に宝のように大事にしていらっしゃいます。私がこのお店を見つけた時点では、雨降りが本格化しはじめて、ザ・ボタンマンさんは膨大な数のボタンを守るのに、我を忘れて、もう必死。さらに運の悪いことに、ボタン箱一つがひっくり返ってボタンが全部地面の水溜りに散らばってしまい、見ていた私は胸が痛くなって、「待ちますから、ごゆっくり」と言って、雨が一息つきまでじっと待ちました。

私はこのお店で一シートたった2ユーロのボタンを6枚買いました。
b0210850_0392733.jpg

他にもいろいろ買ってしまいました。。。
これはボタンも売っているがらくたやさんで買ったもので、1シート5ユーロ。

b0210850_0494931.jpg

b0210850_041525.jpg

手芸店ではもっと高いけど素敵なものを手に入れました。
これは6つで15ユーロ。
b0210850_0414011.jpg

これは6つで18ユーロ。
b0210850_0421637.jpg

6つで12ユーロ。
b0210850_0514194.jpg


山ほどのボタンを沢山次から次へと見ているうちに、ボタンって、大きいビーズみたいなのね、と学びました。

あまりに楽しくて、雨にも負けず時間を忘れ、さらに、消費状況も忘れました。


Marche aux Puces de Vanves

avenue Marc Sangnier と avenue Georges Lafenestre 75014 Paris
最寄り地下鉄駅:Porte de Vanves (13号線)
開店時間:毎週土曜日と日曜日、午前7時から午後1時まで。

By AB

p.s. 買ったお店は皆、おまけして下さいました。で、総体としてはこの記事に表示した価格より安かったです。
[PR]

by amis-paris | 2011-05-16 00:43 | お店  

<< はさみと手芸店 3区の手芸店 Entrée d... >>