はさみと手芸店

私は、正直お裁縫のほうが好きで、編み物は小学生・中学生レベルなのですが、手芸仲間がパリにできるというのは、とても嬉しいです。

さて、私が何か記事を書くとすれば、やはりパリで見つけた道具やお店などかな、と思って、ようやく重い腰をあげています。

b0210850_20583661.jpg


Sajouのはさみです。
以前、手芸展覧会の中のSajouで購入し、右の大きなカタログもいただきました。
普段は、先の曲がった、日本の糸切りばさみを使っていたのですが、2歳の娘に隠され、探しても見つからなかったので、こちらを購入しました。
いつか、パリっぽいのを買おうと思っていたし、高額(これは確か60ユーロくらい)だったけど、形から入る私は、道具は割と高価でも長く使える質の良い物がいいと思うほうです。
使い心地は良好、ついてるフリンジとチャームが不要のような気もしますが、愛嬌です。

それから先週末、私も手芸店La droguerieを覗いていました。

ルボンマルシェ内にあるお店と同じですが、先日行ったのは、1区にある路面店。
土曜の午後に行きたくないお店の一つです。平日朝にも行ったことがありますが、基本的に手芸をする人は時間がある人が多いのか、お客さんが次から次と入っていました。
老いも若きも、手仕事が好きな人には、正気を失うお店。コサージュ用のお花などが置いてある場所の奥に、途方にくれている男性が一名座っていて、おそらく連れの方を待っていました。
お店の人を捕まえるのに、長い列。キットもあるし、素敵なリボンとボタンだけでも、贈り物になりそうなので、私はクリスマスギフトにも利用します。

普通の平ゴムなどの副資材は、日本の百均に行きたい!と思う私ですが、ボタン・リボン・パーツなどは、ここへ行くとアイディアが浮かぶ気がして、とても楽しいです。
小さなお店なのに、時間が経つのを忘れます。
この近くに、Mokubaというリボン屋さんもありますが、実は行ったことがありません。

ちなみに、この日購入したのは、リバティのバイヤステープ。
b0210850_2172343.jpg


これも、他のたまったリボン同様、娘らの妖精ごっこに使われています。

By AmAm
[PR]

by amis-paris | 2011-05-16 21:17 | 糸、道具 | Trackback | Comments(7)  

トラックバックURL : http://amisparis.exblog.jp/tb/15552903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AB at 2011-05-17 03:55 x
Sajou って知りませんでした。フランスの老舗の手芸用品メーカーみたいですね。http://www.sajou.fr/catalog/index.php オンラインショッピングもできるし、見ていて楽しいです。ご紹介ありがとうございます。La droguerieってウィークデーでも混んでいるんですかあ。。。あそこは混んでいるので、人ごみ、並ぶの大嫌いな私は避けているのですが、でも、考えてみたら、見るだけに抑えるには実はいいかもしれませんね。並ぶの大嫌いな私は買わないかも。
Commented by AmAm at 2011-05-17 05:05 x
わ、そういえば、Sajouのリンク貼ってないですね。変更しておきます。
日本人に人気なのか、手芸展では日本人店員さんもいました。ルボンマルシェにも、はさみありました。
刺繍する人には人気なのかも。
私も混んでる時のあのお店、苦手です。でも、近くまで行くとなんか覗いてみたくなるんです。一番苦手なのは、東京新宿みたいなレアールのショッピングモール。
Commented by amis-paris at 2011-05-17 16:31
Ls Droguerieは行くと心がときめきまくるけど、あの列と待ち時間を考えると本当にげっそりしてしまいます。朝一番、開店の時間に行くのがいいかもね。それにしてもフランス人の列への寛容さにはたまげることばかり。。。パン屋の列に始まって、どこもかしこも列、列、列。。。
Commented by amis-paris at 2011-05-17 16:32
あ、by Maman Mia@子供の保育園ストにて閉鎖中につき家がめちゃくちゃでした。
Commented by amis-paris at 2011-05-17 18:13
Sajouのハサミ、高嶺の花~。私は3区の手芸店(そこ、毛糸も安かったのに閉店)で買った3ユーロの刺繍用ハサミで満足(笑)。
La Droguerieは日本にも進出してるはず。1区の店は本に出版されている以外で可愛いデザインの子供ニットが飾ってあり、作り方ほしいけれど、店員へのアクセスの段階で待ちきれなくて帰ります。 by Ayu
Commented by AB at 2011-05-18 05:21 x
きゃあ、皆さんも並んでいられないんですね。私もレアール大っ嫌い!絶対行かない!あそこの映画館も行かない。よかった、私だけでないのね。。。!どこでも並んでいるフランス人見ると、人ごみが耐えられず並べない自分はおかしいのか、とか思っていました。私は変ではないのね。
Maman Mia さん、また保育園ストお。。。?大変だねえ。。。
Commented by AmAm at 2011-05-21 00:47 x
レアールの駅って、常に薄暗くて、すごい人ゴミですよね。でも、今の東京の地下鉄って、あんな雰囲気なのかしら、と想像してみたり。
La droguerieは、目的じゃない物を買って帰ったりする、怖いお店です。コサージュ作りなんてしないのに、つい選んでる自分が怖い。リボンも、ボタンも、見てるだけのつもりが、選んで買ってしまいそうです。
Sajouのはさみを買ったあとに、似たようなはさみ、違うメーカーでもたくさん種類があるのを知って、実は大枚はたいて買うこともなかったんじゃないか、と思いました。私的には、日本の糸切りが一番好きです。

<< 全然編み編み進んでいない話 ヴァンヴ蚤の市の骨董手芸店 >>