はさみと手芸店

私は、正直お裁縫のほうが好きで、編み物は小学生・中学生レベルなのですが、手芸仲間がパリにできるというのは、とても嬉しいです。

さて、私が何か記事を書くとすれば、やはりパリで見つけた道具やお店などかな、と思って、ようやく重い腰をあげています。

b0210850_20583661.jpg


Sajouのはさみです。
以前、手芸展覧会の中のSajouで購入し、右の大きなカタログもいただきました。
普段は、先の曲がった、日本の糸切りばさみを使っていたのですが、2歳の娘に隠され、探しても見つからなかったので、こちらを購入しました。
いつか、パリっぽいのを買おうと思っていたし、高額(これは確か60ユーロくらい)だったけど、形から入る私は、道具は割と高価でも長く使える質の良い物がいいと思うほうです。
使い心地は良好、ついてるフリンジとチャームが不要のような気もしますが、愛嬌です。

それから先週末、私も手芸店La droguerieを覗いていました。

ルボンマルシェ内にあるお店と同じですが、先日行ったのは、1区にある路面店。
土曜の午後に行きたくないお店の一つです。平日朝にも行ったことがありますが、基本的に手芸をする人は時間がある人が多いのか、お客さんが次から次と入っていました。
老いも若きも、手仕事が好きな人には、正気を失うお店。コサージュ用のお花などが置いてある場所の奥に、途方にくれている男性が一名座っていて、おそらく連れの方を待っていました。
お店の人を捕まえるのに、長い列。キットもあるし、素敵なリボンとボタンだけでも、贈り物になりそうなので、私はクリスマスギフトにも利用します。

普通の平ゴムなどの副資材は、日本の百均に行きたい!と思う私ですが、ボタン・リボン・パーツなどは、ここへ行くとアイディアが浮かぶ気がして、とても楽しいです。
小さなお店なのに、時間が経つのを忘れます。
この近くに、Mokubaというリボン屋さんもありますが、実は行ったことがありません。

ちなみに、この日購入したのは、リバティのバイヤステープ。
b0210850_2172343.jpg


これも、他のたまったリボン同様、娘らの妖精ごっこに使われています。

By AmAm
[PR]

by amis-paris | 2011-05-16 21:17 | 糸、道具  

<< 全然編み編み進んでいない話 ヴァンヴ蚤の市の骨董手芸店 >>