昔の手芸屋と下着の件続き

自分の根本的な間違いに気がつきました。
フランス語が弱いせいで、すっかり勘違いしたということが今日発覚。

中世の手芸屋で裁縫用具や化粧用具と共に売られていたらしいlingerie ですが、lingerie ランジェリーという言葉は英語や日本語で下着(特に女性の)という意味なので、てっきり「下着」と解釈してしまった。

フランス語でも、そういう意味はあるのですが、それは派生で昨今そういう意味で使われている、というだけで、もともとはlingeのものというか、フランス語が弱いのでrie の末尾にどういう作用があるのかちょっとはっきり分からないのですが、とにかくlinge de maison, linge de lit, linge de table, linge de nuit, 等のlinge にrieがついているのですよ。

英語で言う、linen ですよ。麻のリネンではなくて、ベッドリネンとかのリネン。テープルクロスとか、ナプキンとか、タオルとか、枕カヴァーとか、ネグリジェとかパジャマとか、そういうリネン類。だいたい白いコットン製で、刺繍やレースがついている、そういうおうち用雑貨というか、それがリネン、linge。

で、この記事へのふくさんのコメントにもあるように、昔の下着は、そういったものの一部で、まさに寝る時に着るような白いコットンの長めのチュニックみたいな形のものにちょっとレースや刺繍がついている場合もある、あれです。
男性は白い木綿のシャツを下着に着ていたらしい。で、それにフリルがついていたりとか。
で、chemise って、今ではフランスではシャツという意味ですけど、昔は下着っていう意味なんですよ。
日本語ではシュミーズって女性の下着の一種ですが、フランスではもともと男性も女性も着ていた下着のトップがchemiseで、それが転じて現在は日本語で言うところのシャツ。

例えば、このお芝居用のchemise を売っているサイトのページの写真をご覧下さい。コットンの、今ならワイシャツの親戚のようなものが下着chemiseであったことがよくわかる。さらに今なら女性のネグリジェのようなものもchemise下着であったことも分かる。
http://www.chemises-de-la-comedie.com/

こういう白コットン布の「下着」が全部、lingerieの一部。ナプキンやテーブルクロスやシーツと同じ仲間のlingerie、リネン類、コットンのおうち雑貨。

今でも、蚤の市に行くとやたらアンティークレースの白いテーブルクロスやらなにやら(必ず白かベージュか黒で、色物は皆無)が手芸店に売っているし、蚤の市でなくても、普通の手芸店でも、そういう刺繍用の木綿や麻の布とともに、既に刺繍されたものや、できあがったレースが売られていますよね。
さらに布地屋さんで、布地も売っているけど、シーツだとかテーブルクロスの方が多いお店もある。

ということは、Mercerie っていうのは、もともと手芸用品が主体なのではなく、リネン類lingerie、おうち雑貨が主体のお店なのですよ。

その流れ、派生で、ブラジャーなんですよ。そういったリネン類lingerie、コットンのおうち雑貨の一部としてのブラジャーなんですよ。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-06-09 03:16 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(10)  

トラックバックURL : http://amisparis.exblog.jp/tb/15722470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by "O" at 2011-06-09 06:42 x
すごいすごいすごい!
皆さんの洞察力と、意見と、調査力に脱帽です。
下町の手芸屋さんで、なんでだろう?とツッコミを入れたこの件がこんなに凄いことになるなんて、編み編み会の底力を拝見しちゃいました。
Commented by panderful world at 2011-06-09 12:06 x
へえ~!
何でも追及してみるものですね!
意外な事実が分かって、なんだかすっきりした感じw
Commented by amis-paris at 2011-06-09 22:09
やったー。パチパチ。「ランジェリー」の件、ナイス!
でもさ、素朴な疑問としてはさ、何でブラジャーは手芸店に残って、そのほかの下着は残らなかったのか、ということ。ブラジャーこそ工業生産されたものの方が安くて簡単な気がするのだけど。それとも、その他の下着類も残っているけどこれまでの私たちの店舗訪問で誰も気をつけてみていなかったということなのかしら?By Maman Mia
Commented by ふく at 2011-06-10 01:31 x
わぁ、一件落着という感じですね。面白かった!
ブラジャーのナゾがまだ残っていますが。。。巨大ワイヤーが目だっていたので、もしかしたら高齢な方で、フィット感を大切にする手作り派の層が厚いということでしょうか・・・。
でもそのほかのパーツに目がいっていなかったので、これからの課題にします!
Commented by amis-paris at 2011-06-10 03:06
町の「昔から」っていう感じの手芸店では、ブラジャーだけでなくてインナーウェア系、肌に直接あたるもの系、各種売ってます。ばさっとした割烹着みたいなものとか、ストッキングとか。ブラジャーがウィンドウに並んでいると、我々としてはぎょっとするので、それでブラジャーが目立ちますけど。"O"さんが以前おっしゃっていたように、こういうお店は入るの勇気いりますけどね。全く地元向けっぽいので、部外者お断りの雰囲気が充満してますよ。
ホント、今回の探索で学びました。例えば、インナーっていう概念。プライベートの領域というか、「内」と「外」の領域と境界というか、それで物が仕分けされている、そのフランス感覚をちょっと垣間見たかんじ。主に自分に見えるけど他の人にあまりはっきり見えない、そういうものを、きっとMercerie は扱っていたのですよ。化粧品とか香水っていうのも、そういう部類にあてはまるでしょ?結果は外に見えるけど、その用具は自分にしか見えない。プライベートのヒミツ、それを扱っていたのがMercerieなんですよ。
Commented by amis-paris at 2011-06-10 03:13
By ABでした。
Commented by AB at 2011-06-10 04:01 x
米国通のMaman Miaさんへ、アメリカのWalmartとかそういう巨大チェーンのドラッグストア、そういうお店を思い起こしてください。その薬と雑誌、食べ物(アイスクリームとかキャンディーとかチップスとか缶詰とか)以外の部門を思い起こしてください。下着(Hanesの白シャツからストッキングまで)、化粧品(石鹸、クリーム、シャンプーが、自社ブランドからロレアルやレヴロンまで)、ついでに隅っこに申し訳なさそうにアクリル毛糸や手芸用品売ってますよね。あれがMercerie の末裔なんですよ。
Commented by ふく at 2011-06-10 07:11 x
スモックも、かつては下着だったんだとか。「ばさっとした割烹着みたいなの」ーーというのはスモックの末裔???ではないでしょうか。これは、まだまだ続きそうな予感ですね。
Commented by ふく at 2011-06-10 07:31 x
日本の友人がユザワヤと並ぶ「オカダヤ」のキャッチコピーが、「手芸とランジェリーの専門店」だと教えてくれました。HPにもそうあります。http://www.okadaya.co.jp/ヨーロッパの売り方を”輸入”したんでしょうかね・・・。
Commented by AmAm at 2011-06-11 00:41 x
おもしろいですねぇ。きっと、フランス人に聞いても、「知らない。」で片付けられそうですね。
手芸屋に肩パットってありますよね。ジャケットを作るための副資材でしょうが、あれが下着っぽいなぁ、と思ったことがあります。

<< 帽子ができました。 15区蚤の市第二弾&下着の起源 >>