子供にもできる手芸 リリアン編

編み物好きなみなさん、子供時代にリリアンをした記憶があるかたが多いと思います。
フランスではトリコタン tricotinと呼ばれています。

私が子供のころ使ったリリアンは針の数が5本で、一つおきに糸をかけて星型の作り目ができたのに比べ、トリコタンの針の数は偶数で、一本ずつ針に糸をまきつけて作り目をします。
その編み方を続けて紐を作る方法をクローバーがフレンチリリアンとして紹介しています。
メリヤス編み地にするためには、2段目からは、糸を全ての針の周りを一周、つまり、日本と同じ方法をとり、実際にはその編み方のほうがフランスでも一般的です。

蚤の市で見かけるトリコタンは、木製の人形の頭に釘を打った素朴なもの(左2点)。コレクターもいるようです。
最近は、糸をいためないように針の形がかわってきていて(右のタイプ)、プラスチック製のおしゃれな人形のトリコタンもあります。
b0210850_18564376.jpg


5歳の娘がはじめたのは、クローバーのワンダーリリアン。
フランスではtricotin magique(魔法のトリコタン)と呼ばれ、ネットショップで買えます。
b0210850_18524490.jpg


子供のころリリアンで作った紐をどうしたのか記憶がないのですが、
娘がリリアンを始めたいと言い出したのは、手芸店でをみかけたからでした。

白鳥をつくりたい、といっていて、出来上がった紐でこんなものが。もちろん、成型は親がしなくてはなりませんが、リリアン第一作に娘は大満足でした。
b0210850_1941539.jpg


by Ayu
[PR]

by amis-paris | 2011-06-14 19:26 | 糸、道具 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://amisparis.exblog.jp/tb/15759536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amis-paris at 2011-06-14 19:53
Ayuさんありがとう!
先日の会でのお話を受けて、今度日本から家族が来るときに、お土産は何がよい、と聞かれたので、クロバーのワンダーリリアンを依頼したところでした。タイムリーな記事アップに感謝、感謝です。うちの4歳児もできるかな?
By Maman Mia
Commented by amis-paris at 2011-06-14 19:55
P.S. この本、表紙だけ見てもかなりいけてますね!お持ちでしたら今度の会で見せていただけませんか? MM
Commented by amis-paris at 2011-06-15 03:22
Maman Miaさん、コメントありがとうございます。
ワンダーリリアン、お嬢さん、喜ばれると思いますよ。
もし4歳でできなくても5歳になればかなり器用になってできると思います。
この本は、立ち読みしただけで持ってないですが、娘は眼を輝かせて眺めてました。次回どこかで見かけたら買ってほしいとせがまれそうです。by Ayu
Commented by AB at 2011-06-15 05:50 x
ご紹介ありがとうございます。私も子供の時やりましたよ。で、紐がやたらできてしまって、それをどうすればよいのだろう、と思ったものです。ネックレスづくりをはじめてから、リリアンの紐を何本か重ねてネックレスにするのいろいろなところで見て、ほう、そうすればよかったのね、と今さらながら思いました。
Commented by ふく at 2011-06-15 18:06 x
リリアンも万国共通なんですね。お人形になっているのがほんとうに可愛い!コレクターがいそうですね。
ABさんと同じく、私も子供のころに編みました。当時の糸は和風の絞りのような色で、紫、紅色、黄色、白などが入っていました。できあがりはどう考えても和服の帯紐ぐらいにしかならなかったように思います。白鳥ができるとは!!すてき・・・。
Commented by Ayu at 2011-06-16 03:21 x
ABさん、
紐がやたらとできる、というのは今私の組み紐もがまさにそれ。紐を作るだけでなく作品に仕上げるテクニックとアイデアが必要です。

ふくさん、
リリアンの糸の色を記憶していらっしゃるのですね。私は色は覚えてないですが、その糸が細~い糸で編まれていたことを覚えてます。
今日、糸を物色していたら娘もリリアン用に糸をみてました。次回はなにになるのやら。

<< イタリアの手芸店も下着屋 タティングレース編み方 >>