ノートルダム寺院からほど近い手芸店 5区

手芸店2店舗を探索してきました。
1件目は「Rouveray」。以前ABさんがリストアップしてくれたお店です。
パッチワークの生地屋さん。
b0210850_22363147.jpg

最近、同じ通りにあった店舗を移転したとかで、目立つ看板もなく見落としてしまいそう。
入口からすぐに生地が見え、
b0210850_22381968.jpg

壁際一面に生地の棚が・・・・
b0210850_22395010.jpg

カラフル!
パッチワーク専門の生地屋さんだけあって、厳選された――と見られる布が並べてあります。
お店の方いわく、生地はフランス製、イギリス製、それらのコピー(国は様々)があり、

こんなのやあんなのや・・・
b0210850_22494078.jpg

b0210850_2250778.jpg


特にこの棚、イギリスのプリント地ですが、繊細で可愛らしい図柄です。
良く見えなくて申し訳ないですが、奥にはリアルなネコのプリント。
パリではあまりみかけないかも?
b0210850_22531322.jpg


パッチワークをしない方でも、ちょっとした小物を作りたいとき、楽しく布が選べそうです。
150×130幅で15ユーロくらいです。
セットもありました。

ティーセットや小物も置いてあります。

こういう通りにあります。
b0210850_22584088.jpg


Eメールアドレスを伝えると、セールや生地入荷のお知らせなどが届くとか。

Rouvray
6 rue des Grands Degres 75005
01 43 25 00 45
火曜日~金曜日 午後1時から午後7時まで
土曜日       午後2時から6時まで

地下鉄駅 Maubert Mutualite (10番)

2件目はニードルポイントの専門店でした。
Tapisseries de la Bucherie
ニードルポイントは、目の大きなキャンバス地にタペストリーウール(刺しゅう用毛糸)で刺しゅうしていく手芸。
上記のRouvrayのすぐ近く、セーヌ川を隔てて、ノートルダム寺院が間近に見える所にあります。
b0210850_23132558.jpg


歴史を感じさせる図案を見ているのも面白かったですが、刺しゅう用のはさみが素敵でした。
b0210850_2315367.jpg


私はノートルダム寺院のキットを買いました。20ユーロでした。
すべてグレーの濃淡の糸でした。
ニードルポイントは背景まですべて刺しゅうするのですが、そういう根気がない私は普通の生地のものを探しました・・・。

マダムが対応してくれます。
b0210850_23165319.jpg


ニードルポイントの歴史は古く、中世には工芸として流行していたそうです。
タペストリーがお好きな方には興味があるお店かもしれません。

ちなみにパリ・クリュニー美術館に有名な「貴婦人と一角獣」の連作タペストリーがあります。

Tapisseries de la Bucherie
2 rue du Haut- Pave 75005
01 40 46 87 69

★2店ともマダムが写真撮影を許可してくださいました。

By ふく
[PR]

by amis-paris | 2011-06-22 23:04 | お店  

<< ボンマルシェのセールで買った毛糸 ボンマルシェのセール! >>