ローワン考

うぅん、そうだよね。セールってのは、やっぱり普段高すぎて買えない夢の商品に最大の効果を発するわよね。ローワンをめぐる悲喜こもごも。「セールは初日!」は合言葉ですな。

で、みんなやっぱりローワンは買いたい(う~ん、やっぱり素敵、手触り最高!)、でも高い(やっぱりだよね、そうだよね)、と思っているのですよね。

私は数年前、日本でKnitting Clubをやっていた時、仲間とローワンのお店(当時恵比寿にあったんです)でのKnitting Cafeに参加したことが何回かありましたが、お店でさんざん先生にご指導いただいて(聞き放題!)、糸を全部さわって、パターンまでいただいた挙句に、糸は家に帰ってからネット通販で買っていたものでした。(先生、ごめんなさい。こんなヤツが多かったからお店、数年で閉めちゃったのかな?)

で、その頃、クラブのプロジェクト(お友達にみんなで共同でひざ掛けを編んだのよ)を実施するに当たって、いろんな店のローワン糸の値段を比べていたときに見つけたのがこの店です。

Jannette's Rare Yarns - The Knitters' Paradise

当時は日本に住んでいたので、支払いの方法とか、イギリスから送ってもらう時間を考えると、結局ユニオンウールさん(ちなみに対応、素晴らしいです。ただし、メール通販のエンジンのところは外注しているようなので、結局電話&ファクスが一番有効です。特に急いでいるとき。やわらかい関西弁のおば様方と話しながらなごめます)から買っていましたが、今こうしてヨーロッパにいるわけだし、この店をのぞいてみてもいいんじゃない?などと思いますが、使ってみた方、いらっしゃいますか?時折おぉっ!というようなナイスな値段があります。

私はまだ80年代のセーターをしぶとく編んでいるので、しばらく購入予定はない(予定)ですが、通販店のレポートもお待ちしていま~す。

by Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2011-06-23 20:16 | お店 | Trackback | Comments(7)  

トラックバックURL : http://amisparis.exblog.jp/tb/15817439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Ayu at 2011-06-24 00:19 x
2年前の冬、パリ12区でローワンが無料ニットカフェを数回企画したのですが、いつのまにか有料の編み物講座になり、その後は消息不明に。採算があわなかっのかもしれません。
英語の本屋でローワンのカタログを買い、英語だと思ったら独語。サロンで仏語訳つきカタログを再度買ったものの、ひどい訳で苦労しました。あこがれのローワンにはご縁がないのか、遠い道のりです。
Commented by AB at 2011-06-24 05:22 x
あらま、宝石のようなKidsilk Haze がたった9ドル!?これ、米ドル?だったらたった6.30ユーロ。しかも世界中送料無料とか書いてあるわよ。
http://www.jannettesrareyarns.co.uk/rowan-kidsilk-haze-drab---9-a-ball-18373-p.asp
すごいお店だわあ!!!ご報告どうもありがとうございます。
Commented by "O" at 2011-06-24 06:40 x
すっごく素敵な情報、ありがとうございます!私も、イギリスだから、ポンド?でも、マークは米ドル?だから、ドルでいいの?と目を疑いました。全然金額が違っちゃいますもんね~。

廃盤になった毛糸も扱っている、というのも、私には嬉しいポイント!Raverlyで編んでみたいな~と思うパターンの使っている毛糸がすごく素敵なのに廃盤なことが何度かあったんですよ~。

ほんと、良さそうなお店だし、いつか利用したいです!ありがとうございます~
Commented by ふく at 2011-06-24 18:02 x
こういう情報、とてもありがたいです。”O"さんと同様、思わずドルの記号をしげしげと見つめてしまいました。米ドルだよね、ほんとにね・・・と。で、ついでにサイトでお金の記号一覧まで見てたら(暇!)、長々編みの記号にそっくりの単位がありました。モンゴルの₮(トゥグルグ)通貨だそうです~余談です~。今、長々編み攻めに合っているので親しみがわいてしまった・・・・。
Commented by amis-paris at 2011-06-25 03:47
あらやだ、長々編みって、貨幣記号なのね!超おもしろい。大発見ですよ、これ。これから、編み記号似たもの探索という課題ができた。
Commented by amis-paris at 2011-06-25 03:48
By ABです。あしからず。
Commented by AmAm at 2011-06-25 06:02 x
ローワン、たっかいですよね、パリでは。
私が好きな糸は、Cocoonという太い糸ですが、ロンドンでセールの時に、友人にチェックしてもらったら、パリの定価の1/3の値段でした。ま、それは廃盤物で、南アフリカ製でしたが。
冊子も仏語訳付きだけど、倍の値段がするし、隣国でこの差は通貨の差でしょうか。
米人の編み物エキスパートに、ローワンの話をしたら、イエーガーというもっと素敵な糸を作るメーカーもあるのよ、と言われました。どちらにしても、私にはなかなか手の出せない高級糸ですが。

<< レースのテーブルセンターができました ボンマルシェのセールで買った毛... >>