昔のブラジャー見た!

昨日、偶然通りかかって、5区のplace Maubert で催されていた古着とリネン類の蚤の市を見て回ったのですが、当然骨董ボタン探しに入ります。
そこでなんと、骨董手編みブラジャーを発見したのです。
(またその話に戻ってしまって、失敬。。。)

この蚤の市報告については、不器用者ブログの昨日の記事をご覧下さい。

で、骨董ボタンを置いていたお店にブツはあった。
ボタンを見つけた瞬間にシャッターを押したら、お店のお方が、「一枚だけ、それ以上はダメよ」と後ろでつぶやくのが聞こえた。
で、残念ながらここで撮った写真はこの一枚しか無いのです。
でも、写真を撮ったあと気がついたのは、この写真の左隅にちょっとだけ見える明るいブルーのものが、ブラジャーなのです。
とても細い糸で編まれた、非常に繊細なレースのブラジャー。パッドも何も入っていない。
もちろん手編みです。
b0210850_3333619.jpg


このブラジャーの写真を撮れなかったのは本当に残念無念。
次世代iPhone開発の際には、是非シャッター音を消す機能選択を入れて欲しい、と真剣に願う。
スティーヴ・ジョブ様、どうかその点、よろしくお願いします。

p.s. と書いた次の日、消音にして撮影するとシャッター音が出ないことを発見。米国から遊びに来ている昔の友人の携帯電話カメラで写真を撮ったら、シャッター音が出ないので、あれ、どうやって音を消すの?と聞いたら、そういう説明。何のことはない。ううっ、こんな簡単なこと、知っていれば、それでブラジャーの写真撮れたのにい!
[PR]

by amis-paris | 2011-06-28 03:41 | その他耳寄り情報  

<< アントワープの美術館で、ニット展 震災チャリティ >>