昔のブラジャー見た!

昨日、偶然通りかかって、5区のplace Maubert で催されていた古着とリネン類の蚤の市を見て回ったのですが、当然骨董ボタン探しに入ります。
そこでなんと、骨董手編みブラジャーを発見したのです。
(またその話に戻ってしまって、失敬。。。)

この蚤の市報告については、不器用者ブログの昨日の記事をご覧下さい。

で、骨董ボタンを置いていたお店にブツはあった。
ボタンを見つけた瞬間にシャッターを押したら、お店のお方が、「一枚だけ、それ以上はダメよ」と後ろでつぶやくのが聞こえた。
で、残念ながらここで撮った写真はこの一枚しか無いのです。
でも、写真を撮ったあと気がついたのは、この写真の左隅にちょっとだけ見える明るいブルーのものが、ブラジャーなのです。
とても細い糸で編まれた、非常に繊細なレースのブラジャー。パッドも何も入っていない。
もちろん手編みです。
b0210850_3333619.jpg


このブラジャーの写真を撮れなかったのは本当に残念無念。
次世代iPhone開発の際には、是非シャッター音を消す機能選択を入れて欲しい、と真剣に願う。
スティーヴ・ジョブ様、どうかその点、よろしくお願いします。

p.s. と書いた次の日、消音にして撮影するとシャッター音が出ないことを発見。米国から遊びに来ている昔の友人の携帯電話カメラで写真を撮ったら、シャッター音が出ないので、あれ、どうやって音を消すの?と聞いたら、そういう説明。何のことはない。ううっ、こんな簡単なこと、知っていれば、それでブラジャーの写真撮れたのにい!
[PR]

by amis-paris | 2011-06-28 03:41 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://amisparis.exblog.jp/tb/15844339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by "O" at 2011-06-28 07:46 x
ABさん、蚤の市の達人、と呼ばせていただきたいです。写真が撮れなかったのはとっても残念ですが、色々想像しまくっています。
Commented by anonymous at 2011-06-28 07:56 x
写真を撮るときは一言、断りを入れるのが礼儀です。
シャッター音が無くなれば隠し撮りして悪用する良からぬ人が出てきます。
だから音が出るようになっているんですよ。
Commented by Maman Mia at 2011-06-28 17:48 x
へぇぇぇぇ、すごいねーー。ABちゃん、もう蚤の市&骨董ボタンプロの領域入ってるよねぇ。素晴らしい。
あとね、前に聞いたことあるけど、ケータイのシャッター音は、業者間の取り決めで自主規制しているみたいだから(盗撮防止とかの倫理的な問題ね)、これはアップルの一存では動かないと思うよ~。詳しくは知らないけどね。
Commented by amis-paris at 2011-06-29 06:18
そうですよねえ。もう、写真撮る人は悪者扱いですよねえ。ま、いいやあ!私は見たもん!By AB
Commented by AB at 2011-06-29 06:42 x
あ、ところで、写真に関してですが、私が写真撮るの、特に非常に嫌がられるのは、ごく一部の中国出身の方々が写真撮って同様デザインの大量生産するからなんです。フランス人に見える人が写真撮っても、何にも言われないんですがね。この前、Felix Faureの蚤の市でも、「写真撮影の許可証だせ」とあるお店の人に言われ、「誰に申請するんですか」と聞いたら、「俺にだ」と言われた。で、隣の店の人が、「いいから、いいから」とその人をなだめたら、その人は、「だって、中国人が写真撮ったら、何もなくなっちゃうじゃないか」と言う。で、隣の店主が、「この人日本人だよ」と言うので、私も「日本人です」と言ったら、「あ、日本人なの、だったら全くアプリオリでOK」と言ってきて、当座はほっとするとは言え、その返答自体に非常に怒りを感じた。悪気の無い中国人の観光客だったらどうなるんでしょう。こういうの、典型的な人種差別で、それで私は非常に腹が立つのですが、でも、それはアップルのせいではなくて、人種差別のせいですからね。iPhone のシャッター音のせいにするのは筋違いでした。大変失礼いたしました。
Commented by ふく at 2011-06-30 06:02 x
ABさんのご意見、私も感じていました。ブログに掲載するから、とか、単純に興味があるから、とかでは写真撮影は認めてもらえず、店の人はコピーを警戒しているんだな、ということはすぐ分かりました。コピーをするのは中国人が多い、そして中国人に似ている私も警戒されているな、と思っても「日本人です」と言うのは唐突だし。。。難しいですよね。以前、靴屋さんのショーウインドーを撮影していたアラブ人とみられる人と店の人が口論しているのを見たことがあります。彼らも皮製品の店を出していることが多いので疑われたのでしょうね。これも多民族社会に生きている証だと思うしかないなーと・・・。いや、私「スパイ」とまで言われたのですよ、クククゥ・・・。

<< アントワープの美術館で、ニット展 震災チャリティ >>