アントワープの美術館で、ニット展

夏休み前半に、ベルギーのアントワープ方面へお出かけのニッターさんに、朗報です。

ニットプロの輪針の話題でも出てきた、パリの手芸店、Le Comptoirのブログを購読しているのですが、ここで、ちょっと面白い記事がアップされました。

アントワープにあるMode Museum(モード美術館)で、「Knitwear in fashion」展が行われているそうです(~8月14日まで)

Le comptoirの記事は、こちら。展示されている作品の写真が多数掲載されていますよ。ため息がでる作品ばっかり・・・。

取り急ぎ、情報だけ。

by "O"
[PR]

by amis-paris | 2011-06-29 00:00 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(3)  

トラックバックURL : http://amisparis.exblog.jp/tb/15844977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AB at 2011-06-29 06:13 x
写真、とても面白いです。見に行きたい!アントワープって、今新進気鋭のデザイナーが沢山いるところで、ヨーロッパのファッション中心地の一つなんですよねえ。さすがです。
Commented by panderful world at 2011-06-29 21:38 x
Le comptoirの記事、拝見しましたが
素敵ですねぇ。。。
うーん、ベルギーへ日本から思いを馳せます。
Commented by ふく at 2011-06-30 06:04 x
編み編みでここまでできるのかーーと奥の深さを感じました。アントワープは、ほんとにファッション界をリードしている街なんですね、日本ではどこまで認知されているのか分からないけど。

<< 骨董くるみボタン編みこみ黒ネッ... 昔のブラジャー見た! >>