チャリティ ニットカフェ

編み物イベントがあちらこちらで開催されています。

今回は、ドリンク企業 Innocentの企画する「ニットカフェ」です。

プロジェクトの案内はこちら

ドリンクに、手作りの小さなニット帽子bonnetをかぶせて値段を0.2€アップして販売し、
その分の売り上げを、貧困、孤独な高齢者を助けるアソシエーションに送る、というプロジェクトです。

毛糸、道具は、毛糸メーカー、Philderフィルダーが提供するので、手ぶらで気楽に参加できます。

知り合いが参加し、「とても楽しかった、企業の宣伝、という嫌な雰囲気ではなかった」、と編み物フォーラムで報告していました。




10月の土曜日午後 22日、29日の 15時から18時まで
私は22日の参加申し込みました。

予約フォームがありますが、予約なしでも参加は歓迎、だとのこと。


場所 
Cojean Louvre
3 place du Louvre 75001 Paris

天気がよければ、外の広場でも編み物できるそうです。


遠方であったり、日程があわないけれど、家で編んでプロジェクトに参加したい人には
企業が毛糸を送ってくれます。作品をつくって11月5日必着で送り返す義務があります。


編み物のレベルは、ガーター編み、もしくはメリヤス編みができれば困らないでしょう。
仕上げができなくても、まわりのメンバーが手伝ってくれるはず。
大きさの企画はありますが、デザインは好きなようにアレンジできます。


今、チャリティといえば、私たちはまず日本の被災地のことを考えますし、今後も被災地支援の活動に参加してゆくのですが、ここフランスで、いろんなスタイルの支援活動をのぞいてみるのも参考になりそうです。

日ごろ「フランス人はもう~」とため息をつくことが多いですが、私の場合、編み物好きの仲間とだけは、気楽に過ごせます。

次の編み編み会まで、待ち遠しいみなさま、お時間がつくれるかた、ご一緒しませんか?

Ayu
[PR]

by amis-paris | 2011-10-18 14:11 | その他耳寄り情報  

<< チャリティニットカフェ参加しま... 編み終わりました~ >>