チャリティニットカフェ参加しましたー♪

Ayuさんがご案内くださったチャリティニットカフェに参加してきましたー。

開始時刻の3時を多分15分ほどまわったくらいだったと思うのですが、あっという間に満席になっていて、Ayuさんが先に到着していてくださらなければ「1時間待ち」くらいの世界でしたが、おかげさまで駆け込みセーフで参加させていただきました。

スポンサーブランドのスムージーのボトルに20万個のニットキャップ付き限定販売バージョンを作る、というプロジェクトなのですが、そのための編み物ボランティアが次から次へ、まぁよく集まって、カフェは常時「満員」状態で、みんなで編み編みしたのでした。
b0210850_651646.jpg

若者からお年寄りまで各年齢層の主に女性が集まって、みんなでニットキャップを編み編み、編み編み。
このドリンクメーカーの人たちと、毛糸メーカーの人たちが回ってきては、飲み物や毛糸や編み編み用具などを配ってくれます。
b0210850_673988.jpg

窓際に並べてあるいくつかのサンプルボトルを見て、中で編み編みしている私たちを見て、通行人たちもおもしろそうにじーっと見ていきます。。私なぞ、基本の形に毛の生えたような縞々やらベーシックな模様どまりでしたが、中には何個も何個も何個も。。こんなにいろんなものを作っているマダムやら…
b0210850_694419.jpg

キャップをさかさまにして、鳥の巣の形にし、なかに鳥を入れてしまうというクリエイティブなアイデアを出している人やら(ピンがずれていて本当に残念)…
b0210850_6111572.jpg

プロジェクトのサイトに行くと、いろんな素晴らしい作品のギャラリーがあって、ほかの人がどんなものを作っているのか見ることもできます。

最終的には2-3時間の間に師匠Ayuさんと私、Nさんの3人で6点を作ってちょっとだけ貢献してきました。恥ずかしながら作品展示。
b0210850_6454158.jpg

ちなみにここに写っているフォークは何かというと。。ご覧のようにポンポンを付けるデザインが多いのですが、フランスの人たちは即席でフォークでポンポンを作ってしまうのでした!フォークにぐるぐると40回ほど毛糸を巻きつけて(By実験をしてくださったNさん)、真ん中の歯のところでしばり、端を切ってできあがり!おもしろすぎる…Nさんがポンポンプロと化してたくさんポンポンを作ってくれました。ありがとう。

ちなみに来週もやっています。Ayuさんの下記コラムから予約フォームに飛べますが、予約はしていったほうがよいです。そして、1)到着は早めに。2)中は暑いので、「脱げる」服装で、3)「手ぶらでOK」はその通りではあるのですが、できれば以下のものを持っていくと、作品づくりがスムーズにいくこと、請け合いです。
1)はさみ 2)とじばり 3)ポンポンを作るための小道具(なくても、フランス風にフォークでチャレンジもいいですけどね!)

使った毛糸を帰り際にいただいて持ち帰ったのはちょっとしたボーナスでしたが、何より、同じ趣味を持つ人たちが、同じチャリティのために貴重な土曜日に集まって、それぞれのデザインやクリエイティビティに刺激されながら、それぞれがそれぞれなりのレベルでちょこちょこ編み物をするって、とーっても楽しいの!

みんないい気分で帰りました。来週も行けるといいな。

By Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2011-10-24 06:33 | 編み編み報告  

<< いきあたりばったりセーター完成! チャリティ ニットカフェ >>