トップダウンコート完成 エトセトラ

初めて、トップダウンで編み物をしました。子供のニットコートです。
テクニックの参考にしたのは、昭和58年出版の本。
帰国中に、京都のアートブックショップ(リンクを探していたら、9月末に倒産していてショック!アブリル京都三条店と同じ建物にはいっていました)で手に入れました。
b0210850_14464666.jpg


使用した糸は、14区のエマウス(不用品を集めて売り、慈善事業に寄付する団体の土曜日のみの「お店」)で手に入れた、濃いコーラルピンクのコットンのブークレ糸と、リードル(ドイツ系格安スーパー:たまに毛糸や編み針が格安で売られている)で購入した薄いオレンジのコットン糸の2本取り。
b0210850_15564179.jpg


完成はこちら。
b0210850_16105388.jpg


着衣写真はこちら。
b0210850_164464.jpg


今回は、輪編み針のみで仕上げました。身頃は1本の輪編み針。袖は、2本の輪編み針で輪に編む方法(このサイトの、on two circular needlesをみてください)

おまけは、かえるのパペット。目をとりかえて遊べます。私のオリジナルです。
b0210850_16553233.jpg


今週16日から、マリークレールイデとcreations&savoir-faireの手芸サロンが始まります。
例年、人の熱気で押されて、よくみることもできず、たいした買い物ができない私。
地方や近隣諸国からツアーを組んでくる、手芸グループのマダムたち(10人以上のグループは割引があります)が、床に座り込んで持参の弁当を食べる姿は風物詩です。もちろん、飲食物は買えるしレストランも出ますが高めなので、買い物に費用をつぎ込みたいマダムたちは、手弁当で節約します。
このサロンは、スクラップブッキングなどの針仕事以外のスタンドも多いです。針仕事に限定したい方には、2月のヴィレットで行われるaiguille en feteがおすすめかも。こちらはまだ詳細がアップされていません。

by Ayu
[PR]

by amis-paris | 2011-11-14 17:37 | 編み編み報告  

<< チャリティボトル発見(アルザス)! 草木染めワークショップ@パリ >>