編地いろいろ

被災地に送るために、前回はネックウォーマーを量産したので、
今回はミトンを作ることにしました。

まず、フランスの古い編地特集の雑誌を参考にして、棒針編みのミトンを。
バラのつぼみ、という名前のついた編地ですが、いまいちきれいに模様がでません。
アイロンかけてないせいですかねえ。(言い訳)
b0210850_2485825.jpg


次は、しっかりした編地のアフガン編みでミトンを編もうと思いつき、
今年の夏に買った、ダブルフックアフガン針がやっと登場。
アフガン編みに関しては、こちらの記事を参考にしてください。
アフガン編み自体は時々するのですが、ダブルフックアフガン針は未体験。
初めて編むテクニックで、人に贈るのってどうかと思いつつも楽しんで編みました。
ダブルフックアフガン編み、単純でリズムがあって、正直はまります。
並太ぐらいの糸、各100グラムの2色で、3組のミトンができました。
左がかのこ編み、真ん中は表編みとねじり編みの繰り返し、
右は表編みのみで、畳編みと呼ばれるのも納得。
b0210850_2261962.jpg


最後は、ABさんに提供していただいた、イタリアのポンポン糸
ポンポン糸も私にとって未体験ゾーン。
娘は目を輝かせて指編みしますが、頭の固い私には、アイデアがわきません。
ふんばろう東日本ハンドメイド部門のフェイスブックのページに、
今泉先生のポンポンマフラーのレシピをみつけました。
ポンポン同士の部分で2目編むと、編地がしっかりするとわかり、目からうろこ!
一目だけ編むと、編地がだれて、何を作るかぴんとこなかったのです。
2目ずつガーター編みすると、両面にポンポンがでて、厚地のネックウォーマーに。
大きなボタンをつけて完成。
5玉で、3本できました。
参考までに、レシピどおりにメリヤス編みすると、片側のみにポンポンがでて、
くるっと巻く編地になります。
b0210850_244567.jpg


編み編みするごとに、学ぶことがあって、飽きないです。

Ayu
[PR]

by amis-paris | 2011-12-16 03:48 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://amisparis.exblog.jp/tb/17339661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by panderful world at 2011-12-18 16:30 x
アフガン編み、興味はあるのですが
なんとなく敬遠してしまって。。。
でも、とても素敵ですね!
うーん、来年は、手を出してみようかなwww
Commented by AB at 2011-12-19 06:59 x
おおっ、ぽんぽん糸がこんな素晴らしい姿になって。。。!ありがとうございます!
Commented by amis-paris at 2011-12-19 12:35
panderful worldさん、
コメントありがとうございます。最近日本はアフガン編みの本がいろいろ出てますよ。ダブルフックアフガン針は短いので使いやすいです。是非はまってみてください。

ABさん、
ポンポン糸、なんとか生かせてほっとしました。レシピ見つけてよかったです。
Commented by amis-paris at 2011-12-19 12:35
by Ayu でした
Commented at 2012-01-17 19:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by amis-paris at 2012-01-18 10:39
Haruko Imaizumiさま、
コメントありがとうございます!ポンポン糸、今まで敬遠していたのですが、これで苦手意識克服です。レシピをありがとうございました。71本ってすごいです!
編み物という好きなことで参加できるし、皆様から学ぶことも多いので、支援続けさせていただきます。今週中に次の便を送付予定で、その記事を近々アップします。Ayu

<< ル・ボンマルシェで毛糸セール中! 野呂さんのマフラー >>