ニットプロ輪針、ドイツのウール・ローデル社と提携!

一時パリ編み編み会で盛り上がったニットプロ輪針の話です。
Oさんのニットプロ輪針セット紹介からはじまって、ニットプロの製造国探索、さらにMaman Mia さんも購入、果ては、私めABのニットプロ輪針が折れてしまうという、衝撃の事件まであった訳ですが、先週末、ドイツの大手毛糸メーカーのウール・ローデルのハイデルブルグ支店で、突然ニットプロ製品の山を発見。

レジで毛糸を買うのにお金を払っていたら(その時買った毛糸は、こちらのブログ記事をご覧下さい)、レジの背後に、ずらっと、壁一面にニットプロ製品が並んでいたのですよ。

こ、これは、折れた針が、今こそ再び手に入るというものではないですか。
折れた針が何ミリのものだか、もちろんとんと忘れてしまったので、iPhoneからパリ編み編みコミュニティ日記に行って、調べました。3.5ミリですよお。(なんでもブログに記録しておくものだ。)
で、3.5ミリ、買いました。4.95ユーロ。

針の箱を手にして気がついたのは。。。
箱にニットプロだけでなく、ウール・ローデル社のロゴまでついている!
b0210850_7363452.jpg


すごいですねえ。
ドイツの大手毛糸メーカーと提携とは、ニットプロ、大人気なんでしょうねえ。

おかげさまで、これでまた、ニットプロ輪針セット、全揃い状態になりました!
めでたし、めでたし。
b0210850_745331.jpg


By AB
[PR]

by amis-paris | 2012-02-12 07:50 | 糸、道具 | Trackback | Comments(1)  

トラックバックURL : http://amisparis.exblog.jp/tb/17787177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amis-paris at 2012-02-13 17:15
へぇーっ提携なんだろうか、それとも会社、あるいは事業部ごと買い取ったんだろうか?いずれにせよ、これでサプライが安定したり、アフターサービスが充実すると消費者的には嬉しいね。ABさんの「折れちゃった事件」も、大手なら取り替えてくれたりしたかも、って思ってたんだ。ついでに安くなるともっといいけど。

ところで私も昨日編みもの連れで外出していた先のカフェーで、お隣の席のフランス人女子二人(30代かなぁ)がいそいそと編み編みしているのを発見して嬉しくなりました。そのうち1人はまさにKnit Proの輪針で、La Droguerieのバッグに入った高級そうな(袋を見るだけで高級に見えてしまうのがブランドってことすかね?)糸で編み編み。隣の女子もいかにも手編みのアームウォーマーを着けて棒針で編み編みしていました。

つい、嬉しくなっちゃうのよね、こういうの見ると。ただ、やっぱり一目一目指でかけていくあの編み方は大変そうに見えるなぁ、と思いました。

by Maman Mia

<< パリ編み編み会集まる! Cat'Laine >>