無料編み物アトリエ BHV

パリでDIY(do it yourself)をする人にとってとても便利なデパート、リヴォリ通りのBHVにて、
現在、無料の編み物アトリエが6月2日まで開催されています。

お店のサイトに載っている特別アトリエは、すでにどれも満席ですが、
そのほかに、水曜日、金曜日、土曜日の午後14時から17時ごろまで、
4階のレジの前のスペースで気楽な編み物アトリエが開催されています。
協賛は毛糸メーカー、フィルダーです。

短時間で編めるように、極太い糸でのストールや携帯が入るポーチなど。
眺めているだけで担当のマダムから「やってみない?」と声をかけられるので、
まずは覗いてみてからでもいいでしょう。

特に、全く編み物をしたことがない人に針のもちかたから懇切丁寧に教えるのが目的かも。
編み編み会の皆様のように、おしゃべりしながら編める人向きではないでしょう。

その横で、ソーイングアトリエ(パフのミシン使用)もあり、要予約のようです。
BHVの手芸売り場mercerieにて受付。
アトリエの周りに、きれいなリボンや端切れが売られていて、賑やかです。

編み物担当マダムとおしゃべりしていたら、通りがかりの年配のご夫婦が
「私たちが子供のころは、学校で編み物の授業があり、男子生徒も上手に作ったのよ」と。

今のフランスの学校教育では、家庭科はないそうです。
学校で手仕事を教えてもらえる、というのは、のどかで良き時代でしょうね。

Ayu
[PR]

by amis-paris | 2012-05-13 13:41 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(1)  

トラックバックURL : http://amisparis.exblog.jp/tb/18283300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amis-paris at 2012-05-14 05:42
タイムリーなご報告をありがとうございました。私なぞ、家庭科でボタン付けとかパジャマ作りとかがあったからこそ今でも最小限の裁縫ができることを考えると、家庭科はやっぱり男女関係なく全員必須にすべき、と思います。編み物を習ってた、というのはびっくり!だけど…。by Maman Mia

<< 2012年5月編み編み会 5月編み編み会は5月13日(日... >>