夏のパリより

皆様、暑中お見舞い申し上げます。

ついこの間まで、最高気温が20度前後で、夏じゃない、寒すぎるとずっと半袖で歩けなかったパリ。今週は、いきなり夏の日差しの30度越えで、これまたパリじゃない、暑すぎる。(人間、勝手ですねぇ。)はっきり言って、毛糸なんて触りたくもない気分ですが、虫干しにはいいかも。

さて、去年(あれ、糸買ったのはおととし?)からずっとタンスの肥やしだった物、完成しました。
b0210850_0542695.jpg

b0210850_055571.jpg


と言っても、編み物は母に任せ、縫い物のほうが好きな私が作ったのは単にスカート部分を縫い付けただけ。でも、色やら形やら考えるのは楽しかったです。
コットン糸は、ホビーラホビーレ、布はリバティプリントのです。どれも2年は寝かしていた熟成物。(ワインじゃないって!)
実は、ボレロを最初に編んで(もらって)、あとで余った糸をこういうワンピースの上部分にしようと思い立ったら、じゃ、お揃いと、慌てて買い足したのですが、Lot番号が合わず、微妙に色が違ったり。

先週まで母がパリに来ていましたが、寒かったパリで、かぎ針の手編みをずっと編んでくれていました。母の作品ですが、糸はパリで私が買ったものです。
b0210850_0562286.jpg


上3つの帽子はBouton d’or のLaika,
下の帽子は、anny blattのAnthena、
下のスカーフは、anny blattのTresor 、

私、ぶっとい糸が好きなんです。スカーフは、スパンコール&ラメ入りモヘアという、どう失敗してもほどけないシロモノ。編み物をしないのに、セール物に手を出したから買えた毛糸です。(苦笑)どれも、冬のセールで買った、半端な1-3玉の毛糸です。ああ、消費できて、嬉しい。

でも、娘らとお揃い着れるのも、いつまでやら。娘ら姉妹のお揃いは本当にかわいいのですが、それをアラフォーの私が着るのは無理があるって。

パリでは、麻の糸を買って帰った母、私のデザインの注文を受けて、またパリに逆輸入で戻ってくる予定です。

ロンドン、オリンピック始まりますね。皆様、楽しい夏をお過ごしくださいませ。

By AmAm
[PR]

by amis-paris | 2012-07-27 01:04 | 編み編み報告  

<< 猛暑の日本より 7月編み編み会 >>