2013年4月編み編み会報告

冬から一気に夏に飛んじゃったような日曜日の翌日、4月の編み編み会、ABさんの一時帰国にあわせて2回目の平日開催になりました。今回は9人参加の盛会。そして、このうち4人までが「初参加」という、フレッシュな会となりました。
b0210850_5232958.jpg

報告者の私が昼休みに職場を抜けてちょっとだけ顔を出す形だったので(ということで編み物なし!)、お一人お一人の作品報告は省かせていただきますが、編み編み会には初参加ながら、タティングレースプロのTさんが編んでいた花瓶敷(だったよね???)や胸元に飾ってらしたビーズのタティング作品は繊細で、とても素敵。気の遠くなるような細かい作業で、参加者をうならせていました。
b0210850_5244359.jpg

b0210850_5254267.jpg

それから、最初の5分だけ「参加」してくださったM師匠が持ってきてくれたのが、日本ヴォーグ社が「最後のチャンス」として復刻したうわさの「青本」です。なんと5980円もするこの大事な本は、編み物愛好者の中でよく知られた幻の指南書で、赤本、青本とあるんだそうです(っていうか、私は師匠に話を聞くまでまったく知りませんでした)。
b0210850_5402186.jpg
73年に出版されたというこの伝説の書について、各種の意見、感想が交わされました。ヤフオクで破格で落札した武勇伝なども聞かれ、とても楽しい会になりました。

暑い国から一時帰国中のABさんも、すっかり彼の地になじんで楽しく生活してらっしゃるご様子、何よりです。物価が安く、多くの外国人駐在者が運転手、お掃除、お料理の方までも住み込みで抱えているような話を聞いてため息の連続でした。

これまで実験的に開催した平日会が盛会、しかも週末は席取りが至難の業のこのカフェで、平日は二階席がガラすきなことなどにかんがみて、Ayu師匠とM師匠による編み編み会「平日の部」開催の試みが来月か6月から始まりそうです。「通常例会」はこれまでどおり週末に実施する予定ですが、こちらに加えて「平日の部」についてもご参加の希望がありましたら、amis-paris@excite.co.jpまでメールをくださいませ。

取り急ぎ簡単リポートでした。

by Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2013-04-22 05:55 | パリ編み編み会 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://amisparis.exblog.jp/tb/20318727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きのこ at 2013-04-26 17:26 x
幻の指南書!!読んでみたいです〜!!素敵♥
Commented by amis-paris at 2013-04-26 21:08
レポートありがとうございます。最初のコメは非公開になっていました。活気ある午後でしたね。赤本&青本の文体、厳格な先生、という感じで、新鮮です。Ayu

<< スタークロッシェ 3月編み編み会@モントルイユ >>