バービー人形のコスチューム

ごぶさたしています。
パリは、冬から一気に夏に向かったような陽気です。
でも、また寒くなるそう、、、。毎日何を着ればよいのか迷います。

さて、こんな陽気でウールの編み物はどれも中途でストップ。
暑くなると編み物力が落ちるのはakemiさんだけではないです。

今回、編み物ではありませんが、最近作っていたものをご紹介します。

春は子供のお誕生日会のシーズン。友人の誰に聞いても
春は誕生会ラッシュというので、私の周りだけではないようです。
いまどきの子供たちはプレゼントをすでにたくさんもらっていて、
重ならない、好みに合うプレゼントを見つけるのに一苦労します。
散々迷った結果、私は手作りに走ります。

今年、最初に娘が招かれたお友達は、Fee Clochette
(ピーターパンにでてくるティンカーベル)が大好きとのこと。
ティンカーベルのお人形は絶対持っているでしょう。
で、バービー人形(これも、フランスの子供たちはほぼ皆持っている)のサイズで、
Fee Clochetteの衣装を作ることを思いつきました。

既製品の写真を眺めて、いかに簡単に作るか模索していたら、こんな動画をみつけました。
動画の下に、簡単に説明も書いてあり、仏語が全部聞き取れなくても大丈夫です。

さて、動画は子供サイズなのでミシンで縫っていますが、バービーサイズでは手縫い。
バービーは日本のリカちゃんに比べて、体の凹凸が著名なグラマー体型。
スカート部分と分け、4分の1円のスカートにしました。
ビスチェにはダーツを前後4箇所と胸のふくらみにつけました。
あと、開閉するのにスナップをつけるため、補強をかねてバイヤスを利用しました。

b0210850_16325195.jpg


後ろから
b0210850_16353411.jpg


ついでに、バレリーナ衣装も作ってみました。
ラメ入りのニット生地でレオタードを作り、チュールを縫い付けます。肩紐はゴムです。
1作目
b0210850_16373089.jpg

2作目
b0210850_16383911.jpg


Fee Clochetteの衣装&バレエ衣装、という組み合わせで、すでに4組贈りました。
今シーズンの女の子向けプレゼントはこれで乗り切ります。

最後に、娘のバレエ発表会衣装。同色のレオタードにこのスカートを着ます。
b0210850_16454510.jpg

これはさすがにミシンが必要でした。
チュチュの上にあるのは手首につける飾り。
左右がまだ不確かな子供たちのための目印です。
フェルトでバラを作りました。
発表会が終わったら、髪飾りのシュシュとして使って貰えますように。

Ayu
[PR]

by amis-paris | 2013-04-26 16:58 | 編み編み報告  

<< 2013年5月平日編み編み会  スタークロッシェ >>