編み物男子って。。

なんだかあたたかい12月。東京は初雪かも、などと言っているのに、拍子抜けするようなパリ。本日より学校のクリスマス休みが始まりました。

本日午後には先日Akemiさんが教えてくださった子供向けアトリエに行こうと意気込んでいましたが、この師走のめちゃくちゃ状態でバスが来ない、来ない。。。あと5分か!と喜んでいたら、いきなり表示が「あと16分」に変わり、結局あきらめました。習い事の終了時間の関係で、既に出遅れていたので、1時間遅れで着いてもだめだよねー、と、残念ながら。

どなたか参加された方がいらっしゃいましたらぜひ報告を!

今日の話題はパリとはまったく関係ないんですが、先日全然関係ないことで「欧州連合駐日代表部」などというカターイサイトを見ていたら、「編み物男子」という記事に目が釘付け。日本で編み物教室などをやっているドイツの男性の話だったのですが、なんとなく気になったので、リンク張っておきます。

フランスで編みものやっていると、「おばあちゃんみたい」と言われることがよくあります。確かにフランスの編み物人口は(世界と同様)少し高いかも知れませんが、それでも若い女性は結構編んでいるような気がするけど、確かに「編み物男子」、あんまり見ないよねー。確か、Ayuさんのお話では、オペラのフランス人編み物グループに一人「編み物男子」が来ていたんだったわよね?

リンクはこちら

いやはや、小さい話ですみませんでした。バカンスが嬉しくて。
1月の半ば以降に次の月例週末会を予定しています。また日程が決まったらこちらでご案内しますねー。

by Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2013-12-22 02:30 | その他耳寄り情報  

<< クリスマスの準備 編み直し    >>