the trendy chale

『the trendy chale』

トレンディ、それは日本ではもう死語とも言えるはずですが、
『英語the trendy + フランス語châle』というミックスの字列を
見るとそこはかとなく漂うおしゃれ感さえ感じてしまいます。

数年前たまたまブログで拝見して、作り方を見てみると
万年初心者にまさにうってつけな編み方(つまりガーター編みだけ)、
しかも一段ごとに一目増やすだけ、それを永遠に続け、
150センチメートル×65センチメートルの巨大ショールを編み上げる
というコンセプト。

出来上がりの写真をみると、『フムフム、これは是非作ってみたい!』と
思わせるような出来映えです。

結論から言うと、簡単ですが、巨大なためものすごく時間がかかる上、
単純なので飽きて私の場合なかなか進みません。
それでも諦めず、ものすごい年月をかけてコツコツ編み上げたこのショール、
編み上げてみると、なんという心地よさ。

b0210850_1912912.jpg



まず巨大なことに意味がある。

理由その1

巨大なため、首に巻き付けた時(おばあさん風にせず、
タレの部分が前に来るようにするのがポイント)
両端が胸の辺りまで下がって来て、
両端を結ばなくてもおさまりがよい。


理由その2

胸の辺りに長く垂れ下がるタレの部分が
極上の温かさと安心感を与えてくれる。


初心者にうってつけのガーター編みの編み目が
シンプルで『生地感』のようなものを作り出し、
洋服などに合わせやすくこれもまた頻繁に使用してしまう
原因です。

そんなショールですが、まわりの反応が良いため、
勇気を出してもう一枚編む事に決定しました。

今度はこの糸を使って。少しラメ感も出してみる事に。

b0210850_1942094.jpg


このショール、数年前はla droguerieのアルパカとプリュメットを合わせて
使用するレシピとなっておりましたが、このショールの人気が高く
作者のブロガーは独自ブランドの糸ショップを開店し、現在のレシピでは
自己ブランドの糸を使用したレシピを提供しています。

もともとのレシピ、ravelyで見る事ができます。

私が使用したのはla droguerieのアルパカとプリュメット。
3年使用で何度も洗濯しても全く毛玉が出来ず新品同様。
手触りもよく大変気に入っています。

b0210850_196112.jpg



b0210850_1962780.jpg


shihoy
[PR]

by amis-paris | 2014-11-28 19:15 | 編み方レシピ、ヒント  

<< モチーフをみつけたら? そして完成! >>