あっという間に出来るかぎ針編みミトン

このところ寒い日々が続くおフランス、それなのに
中学生の娘の手袋がなくなった。

早朝バス通学する娘にはこの季節手袋が必須。

万年初心者が編み出す手袋は、いつも棒針で
横ではぐタイプのミトンのみ。

ついでに申し上げると、万年初心者の
はるかなる夢は、
『棒針』で五本指の手袋と、
同じく棒針で目の細かい高品質なウールの
靴下を編む事である。

それが叶うかどうかはさておいて、とにかく
困りました。

今回は『はがないタイプ』であっという間に出来る、
そういう夢のようなミトンがないものか。
ネットで早速検索してみたところ、ありました!
できるだけ地味な編み地が好きなので、
これがまさに探し求めていたもの。

編み図はこちらから。


細切れの時間にちょこちょこと手を動かして
二日で出来ました。
集中すればおそらく数時間で両手が完成するはずです。


b0210850_5475229.jpg




しかし手首のところ、片方ちょっと間違えてしまったようで
なんだか左右が違うなぁ。

しかも手持ちの適当なモヘアが入った糸で編んだので
編み地が見にくくて間違えてもわからず、なんだか実に
適当な仕上がりです。

仕上げには、これまた何も数えず適当に編んだ
丸いボール状の飾りを左右二つずつ縫い付けました。

その場しのぎとはいえ、間違いありだとはいえ、
やはりかぎ針編みミトン、暖かく寒い冬には重宝!
あなどれません。


b0210850_5572775.jpg



shihoy
[PR]

by amis-paris | 2015-01-07 06:00 | 編み方レシピ、ヒント  

<< 手に花を 新春2015 何でも編んでみる >>