春一番のパリ編み編み会

春分の日だった先の日曜日、パリ4区のカフェで編み編み会が開催されました。
今回暑い国から参加したABが報告させて頂きます。
パリ編み編み会2011年2月の初会合以来会場に使っていたサロン・ド・テは、ウェイトレスが「早く出て行け」とでも言いたげな悪い応対になったということで、前回の集まりからその隣のカフェに移動。
新しく会場となったこのカフェ、ケーキやお茶の種類は以前のお店には負けるとは言え、なかなか居心地の良い空間で、ウェイターの人もフレンドリー。何より、全面の壁に並ぶ本棚が、長居していいよ、という雰囲気を醸し出していて、編み編み会にぴったり。
総勢6人集まり、盛況な会となりました。

今回は、長いこと会に参加して下さったAyaさんが日本にしばらくお帰りということで、そのお別れ会も兼ねた集まり。Ayaさんは、パリ編み編み会設立初期(細かいことを言えば2011年6月のロダン美術館の庭で催された会合)以来、会を支えて来て下さった重鎮です。
そのAyaさんが登場した時にお召しになっていたのは、エッフェル搭の模様のショール。普通の毛糸にラメ糸を合わせて二本どりで編んだということ。
d0280781_0172815.jpg

著名な編みデザイナー三國万里子さんの、これまた有名なデザインのようで、Ravelry でもShawl "Tower Eiffel" By Mariko Mikuni として登場。その情報によると、2011年出版の「きょうの編み物」(文化出版局)に掲載されているということです。
そのAyaさん、会ではこんな色のセーターを編み編み。
d0280781_051611.jpg


今回は遠方からの参加者がAB以外にもいらっしゃって、東京からいらしたYukiさん。
最近清里で催された、これまた著名な編みデザイナー林ことみさんプロデュースの三日間ワークショップに参加なさったそうで、その錚々たる講師陣に皆で驚愕。さすが編み編み先進国日本だなあ。
詳細はこのちらし(pdf ファイル)をご覧下さい。
Yukiさん、そこで入手したという様々な情報をシェアして下さり、皆でへえ、ほお、とまるではるか彼方の異国から帰ってきた人の旅の話を聞くが如く、全身を耳にして聞き入りました。
そのYukiさんが編んでいるのは、以前京都の洋裁カフェ柴洋の店先で買ったというリネン糸でコサージュ。
d0280781_151813.jpg

へえ、京都にはそういうお店があるのねえ、さすがねえ、とまた皆で感心。

編み編み会は久しぶりというTomiさんは、こういう本を紹介して下さいました。
d0280781_2272066.jpg

ヘルシンキ出身のかぎ針編みデザイナー Molla Millsさんの本で、スカンジナビアっぽいシンプルすっきりデザインの素敵な作品が沢山掲載されています。皆で回し読みしました。本はアマゾンで購入したそうです。

Tomiさんは、この本からかごバッグを製作中。
糸は今流行りのオランダのブランドHookedのリサイクルジャージー糸。これを9ミリのかぎ針で編み編み。
d0280781_2282661.jpg


週末パリ編み編み会をコーディネートしているMaman Mia さん、パリのアウトレット毛糸屋さんCat'Laineで購入したKatia のAztecaを編み始めようというところ。この毛糸はメガネの色とお揃いということでお店の人が勧めてくれたということ。
d0280781_119376.jpg

さてMaman Mia さん、編み始めようと思ったのは良いが、毛糸玉が一つ混乱していて、解きながら巻き直す必要があることが発覚。編み編み会の間にやっと巻き直し完了。
d0280781_1235160.jpg


ここでMaman Mia さん、この糸でこういうセーターを編もうと思うのだけど、と今は亡き雄鶏社の古い編み物本「ブラック&エクリュ 了戒加寿子のニット 」(初版昭和62年!)を取り出す。
d0280781_2452621.jpg

ABが超好みのレトロなデザインのセーターで、素敵!と感嘆する一方、段染めの糸はもっと単純なものが良いのでは、という助言も出て、そこで登場したのがYukiさんが某所で撮った他の観光客が着ていたセーターの写真。その写真のセーターがシンプルだけど気の利いたデザインで、これまた皆で大騒ぎしながら回し見をしました。

師匠Ayuさんは、コットン糸で花模様のネット編みの袋を編み編み中。
d0280781_2534175.jpg

さらに手作りのお土産まで下さいました!
こんなポーチ。
d0280781_2545895.jpg

中にはユーロコインやお札のチョコレート。
d0280781_256889.jpg

Ayuさん、どうもありがとうございます!

ABは暑い国の編み編み会で最近毎回編んでいるスヌード。今となっては春分の日を迎えてしまいましたが、来冬にはこれを身に付けたいものだわあ。。。
d0280781_5462366.jpg


あっという間に3時間が過ぎ、その後は9区の人気レストランへ移動。
編み棒・針をナイフとフォークに持ち替え、また忙しく手と口を動かし続け、ここでもあっという間に時間がたちました。

いつ行っても、まるでつい先日参加したかのように、すぐにアットホームな気分になるパリ編み編み会
そして、こうしていつでも戻れる場所があることのありがたさ。
感謝の気持ちで一杯になったABでした。
そしてAyaさん、今度はパリ編み編み会東京支部会合で会いましょう!


By AB
[PR]

by amis-paris | 2016-03-25 18:58 | パリ編み編み会 | Trackback | Comments(1)  

トラックバックURL : http://amisparis.exblog.jp/tb/25570384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amis-paris at 2016-04-18 02:07
ABさん、ありがとう!ゲストに報告させてしまいましたが、本当に嬉しいです。なんだかここ数年の活動の「集大成(そこまで言うか?)」みたいな感じで、じーんとしてしまいました。Ayaさんがいなくなって、週末会は「すわ、壊滅状態か!?」的なムードになってきましたが、また少しずつ記事を増やしたり公共の場での編み物を増やしたりして(そうすると会話が始まりやすい)リクルーティング活動に励みたいと思います。皆さん本当にありがとう。
by Maman Mia

<< Yarn Bombing 花バッグ >>