「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:お店( 30 )

 

パリの手芸屋さん その2:Entrée des Fournisseurs

パリの手芸屋さん その2
Entrée des Fournisseurs

マレ地区のフラン・ブルジョア通りにあるお洒落なメルスリー
b0210850_11214144.jpeg


布、ボタン、リボン、毛糸
どれもすごく素敵で迷うこと必至

色とりどりの取っ手を付けた木の什器が可愛くて
奥に見える作業場も手芸好きの心をくすぐります!

私が買ったのはこんなリボン
b0210850_11230749.jpeg

レトロな色合いがたまらなく好きv

b0210850_13165855.jpeg

鳥の布で地球の歩き方カバー
フランス人はカバー付ける文化がないらしいですネ
ふふ

チャームはBHVで購入した旅モチーフです
b0210850_14285673.jpeg


Entrée des Fournisseurs
8 rue des Francs-Bourgeois 75003
M:Saint Paul, Chemin vert
http://www.lamercerieparisienne.com/fr/

マレに行ったなら、フォルネ図書館にも足を伸ばすと良いかも。
テキスタイルなどの展覧会をやってることがあります。
※ただしフォルネ図書館は改装のため2017年2月まで閉館しています
http://www.mmm-ginza.org/museum/serialize/mont-back/0610/montalembert.html

Yuki
[PR]

by amis-paris | 2016-10-01 14:24 | お店 | Trackback | Comments(1)  

パリの手芸屋さん その1: Les tricoteurs volants

たいへんたいへんご無沙汰しております。
yuki@Tokyoでございます。

3月には楽しい編み編み会やお食事会、そしてyarn bombingの広報誌までいただいて、本当にありがとうございました。

その際に話題にしておりました旅先の手芸店を、簡単にではありますがいくつかご紹介しますね。まずはやっぱり、ayuさんに教えていただいて目下いちばんのお気に入りである毛糸屋さん。

Les tricoteurs volants

b0210850_22174537.jpeg

いいかげんな外観写真ですみません。急いでたもので…
b0210850_22185848.jpeg

店内のこのフラッグは、実は編み込み作品です。写真を拡大してよく見てください。
きゃあすごい!

ここは店主が男性で、彼のセンスが店内のあちこちに見受けられます。彼が着ているドクロ編み込みのセーターとか、編みかけ作品が入っている袋とか、じろじろ見ちゃう。

フランスの糸にこだわった品揃えで、奇麗な色のフランス毛糸をお探しなら、ぜひ。
b0210850_22195386.jpeg

私が買った糸はこれ。店の什器が紫押しなので紫にしてみた。
色名「ペチュニア」。名前まで素敵。

Les tricoteurs volants
22 rue de la Fidélité 75010
M4,5,7:Gare de l'Est, M4:Château d'eau
http://www.lestricoteursvolants.com/

※東駅の近くです。近所は若干ガラが良くないので一応気をつけて。開店時間は必ずface bookで確認してくださいね。


Yuki
[PR]

by amis-paris | 2016-07-13 22:13 | お店 | Trackback | Comments(1)  

激安ショップ Zeeman

お久しぶりです。
皆さん、お元気でしょうか。

さて、先日近所のショッピングセンターでみつけた激安ショップに
毛糸(ほとんどがアクリルですが、大玉で安い!)をみつけたのでご紹介します。

写真はとっていませんので、お店のサイトをご覧ください。

ネットショップには出ていませんが、編み物の本、手芸の本も2ユーロ未満で置かれています。
道具も種類はないですが、格安に手に入ります。


オランダが本店で、パリ市内、郊外にも何店かできています。
オランダの雑貨というと、Hemaが有名です。
Hemaほどおしゃれではないですが、衣類も赤ちゃんから大人サイズまで充実していて、
うまく使えば便利そうです。

さて、これからの編み物シーズン、皆さまお楽しみください。

Ayu
[PR]

by amis-paris | 2015-09-26 16:22 | お店 | Trackback | Comments(2)  

Caf'e Tricot Studio 閉店セール 11区

こんにちは。

ついに5月の最終日となり、年度末イベントが佳境に入ります。
私は編み物には全く手つかずで、イベントの衣装づくりなど、
ソーイングばかりしています。
お世話になったかたへのお礼には、連続モチーフ編みのバッグが重宝していて、
夏休みの間に編みためたいものです。

さきほど、偶然、毛糸ショップの閉店セールの情報を得ました。
11区にある、Caf'e tricot studioです。
住所などはこちら

閉店セールは、今月27日から6月末日まで。
お店のブログ記事はこちらです。
店舗を閉めて、ネットショップのみになります。
このお店、慈善活動をするアソシエーションにストック糸を定期的に寄付しており、
とても評判の良いお店ですが、店舗の維持が経営上難しくなったようです。

毛糸が安く買えることは嬉しいことですが、
親切で素敵な手芸店がなくなってゆくのは寂しいです。

毛糸が必要な方、この時期にパリにいらっしゃるかた、
ぜひご利用くださいませ。

Ayu
[PR]

by amis-paris | 2015-05-31 16:04 | お店 | Trackback | Comments(0)  

ラ・ドログリーのセーター

今年、家族のクリスマスプレゼントに小物を編みまくったMMですが、クリスマスプレゼントにサンタさんからラ・ドログリー(La Droguerie)の編み物キットをいただきました。

ラ・ドログリーと言えば、手芸好き女子のハートをくすぐらないわけがない、押しも押されぬパリの手芸用品屋さんです(サイトによると今やフランスに10店舗、日本に7店舗展開しているそうです)。本家のサイトは何だかそっけなくて、日本語版のサイトの方が充実しているようです。詳細はこの日本語サイトをはじめ、各種ブログに詳しいんですが、お店に行くと…、やっぱり素敵です。外観はこんなの。
b0210850_23252614.jpg

中にはアンティーク家具の古い引き出しやビンや棚がずらりと並び、量り売りのビンに入ったビーズやボタン、リボンにフェルト、そして毛糸が宝箱のように一杯!目がハート!のお店。ただ、このブログでもこれまでに何回か話題に上ってはいますが、
1) お値段が少々高め…最近の円高でずいぶん求めやすくなりましたが、給料がユーロ建てのこっち在住者にとっては相変わらずちょい高め。
2) 長い列が苦痛…客一人ひとりの用件を聞いてビーズを量ったり、糸を切ったりするために接客時間がかかります。何よりまずはその「列」を見つけ、どっちの客が先なんじゃーという喧嘩にならないように周りの人と目を合わせて「私ここにいるからね」と自分の立ち位置をアピールしながら、果てしなく待つ。そしてようやくアテンドしてもらった挙句、そのお姉さんが手計算した紙を渡してくれると今度はまたもや長いレジの列に並ぶ。。パン屋さんで、郵便局で、肉屋さんで、並び慣れているフランス人には「普通」のことかも知れませんが、週末にしかこの店に行けない私には、気軽に足を運べないところでもあります。あぁ、せめて(日本の)銀行の窓口みたいに番号札で呼んでくれれば、待っている間に色々な小物を見たりできるのに、なぜそういう合理的なことをしないのだろう…(愚痴)。

とにかく。

サンタさんから、この憧れのお店のセーターキットをもらった私。あぁありがとうサンタ様。
b0210850_23544478.jpg

キットには、素敵なモヘア毛糸4玉と、セーターの編み方、そして7ミリという号数の大きな編み針が入っていました。このモヘア糸、セーター丸々一個編んでも、一箇所も継ぎ目がありません。これはこのお店が自分たちで昔ながらの手法でつむいだ糸を、20グラムなら20グラム、80グラムなら80グラム、巻き取って量り売りしているからと思われます。ふわふわモヘアは全部二本取りなんですが、4玉のうち1玉が基本の色として最初から最後まで使われ、2色目を次々に換えながら編んで行きます。

たいていの編み物は見本の方と全く同じゲージな、標準編み手の私。今回もほとんど何も考えずに図面どおりに編み始めましたが、あれあれっ私の手の方がドログリーの方よりもずいぶんゆるいみたいで(これはレア!)、S予定で編み始めたセーターがMとLの中間くらいのサイズになっちゃいました(編みなおしたくないのでこれでヨシとする)。それ以外はメリアス編みでまぁーっすぐ編むだけの簡単な編み方でしたので、あっという間に編み終わりました。
b0210850_23595680.jpg

ちなみに例によって光の当たり具合によって全然色が違って見えちゃうんですが、上の写真は自然光で、毛糸玉の写真は夜、撮りました。でも、いずれも目で見た通りに写真が撮れない…。すみません。でも、実際に見てくださった編み編み会の皆さんは、どんな色かご存じよね。編み編み中の写真も前回の編み編み会レポートでABさんが撮ってくださいましたが、私が編んでいるところを見た人全員が「素敵な色!」と言ってくださったくらい素敵な色です(まぁサンプル数は片手ほどですが)。日中の写真はピンクが濃く見えますが、そんなにピンクピンクはしていません。で、でも、ピンクの色で真新しかった木の針がすっかりピンクに染まり、糸をかける左手人差し指にもピンクの線ができてしまいました。洗濯するとどうなるか、コワくて想像できません。

毛糸があまったので、おそろいの帽子も作りました。セーターは20段ごとくらいに色を変えましたが、帽子は8段くらい。で、針ももっとずっと細いのにしました。上がセーターの編み目。下が帽子の編み目。
b0210850_035937.jpg
b0210850_042592.jpg

サンタさん、こんな素敵なプレゼントを本当にありがとう。久々にとーても嬉しいプレゼントでした♪

ちなみにパリのドログリーの住所その他もコピペしておきますが、ポイントは午前中、あるいは午後早めの時間に行くこと。午後2時以降は長蛇の列、請け合いです。

住所:9 et 11 rue du Jour, 75001 PARIS
電話: 01 45 08 93 27
Fax: 01 42 36 30 80

開店時間:
月曜    14時~18時45分
火~土曜 10時30分~18時

By Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2012-03-06 00:10 | お店 | Trackback | Comments(2)  

Cat'Laine

すっかり遅くなってしまいましたが、パリ2区のお店レポートです。

以前、クリスマスプレゼントに編んだマフラーで、白いきらきら光る糸を買ったお店です。
b0210850_23234061.jpg

そもそも職場に一番近いところを、とネットサーチをかけて昼休みにダッシュで買いに行ったお店なのですが、その後既に2回リピしました。お店が小さくて見やすいし、マダムが編み物見本をたくさん展示しているので、編んだ感じがイメージしやすいのもいい感じです。

小さいお店でマダムに「写真撮ってもいいですか」と聞くのがためらわれたので、写真は外から撮りました。入り口のところには、Paris Pas Cherの認定ステッカーがたくさん貼ってあります。
b0210850_2328568.jpg

これは、そのまんま、「高くないパリ」という、まぁ、生活を節約するための「お手軽な店リスト」なんですが、チープ・シックな生活をしたい人向けに毎年発売されているガイドで、この本に認定されると「ミシュラン」じゃないですが、リーズナブルな店の太鼓判みたいな感じです。

左のショーウィンドゥはこんな感じ。若干シニア層向けぽい、マダムが編んだと思われる作品がウィンドウにも店の中にも飾ってあります。
b0210850_23324557.jpg

ずずいとズームアップすると、ウィンドウ展示見本の隙間から、店の中の飾りっ気ない様子が見てもらえますでしょうか?商品は、問屋さんから入ってきたと思われる箱にそのまま入れて飾ってあり、値段は手書き。フランスのメジャーブランドよりもイタリアやスペインの糸が多い印象です。たとえば、私が買ったスペイン産の変わり糸の毛糸、ターコイス・ブルー~こげ茶にグラデーションしていく、「野呂風」糸、100グラムで8ユーロ10セント(すみません、編み終わってラベルを捨ててしまったので名前わからず)。イタリア産のやわらかいバージンウールの単色糸(ONLine LINIE157)、50グラムで3.90ユーロ、などなど。
b0210850_23334296.jpg

右のウィンドーはこんな感じ。
b0210850_23344147.jpg

誤解を恐れずにもう一回言っちゃうと、たくさん飾ってあるセーターやカーディガンは、個人的にはちょい私の趣味とは違うのですが(しつこくてごめんなさい)、その辺は「編み地見本」と割り切りましょう。変わり糸も結構置いてあるので、タイミングが合えば、リーズナブルで素敵なめぐり合いが待っているかも。

Cat'Laine
住所:19 rue Saint-Marc 75002 Paris
最寄のメトロ: Richelieu Drouot (8番線および9番線。オペラからも全然歩けます)
電話:01-4296-0069

開店時間:
月曜      12時~14時、14:30~18時
火曜~金曜 10時~14時、14:30~18時
土曜      12時~17時

By Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2012-02-06 23:57 | お店 | Trackback | Comments(2)  

衝撃の大ニュース!ル・ボンマルシェ手芸店リストラ

新年明けましておめでとうございます。
なんて言ってられない大衝撃ニュース!

パリでは今日からセールなので、近所のデパートのル・ボンマルシェにある手芸店に仕事のあと行ってみました。
手芸店が1月9日から二階に引越し、という話を昨年末から聞いていたので、わあい、ますます充実、広くなるのかなあ、なんてわくわくしながら行ったのですが。。。。

なんと、ル・ボンマルシェの手芸店、衝撃のリストラにあったのですよおおおおおおお!
あの、パリが誇る、歴史的なデパートにある、正気を失う手芸店が、大縮小されてしまったのです。

毛糸は、なんとなんと、Rowan とPlassard だけに。先週までこの手芸店にあったAnnny Blatt, Debbie Bliss, Bouton d'Or, Phildar, Noro, 全部リストラ。
これで、一箇所で各種ブランド毛糸全部見られる、というお店は、パリにはなくなってしまったということになります。なんという衝撃。
さらに、Rowan の棚もずっと小さくなったかんじ。置いてある毛糸の種類が減ったのかも。
b0210850_5364559.jpg

ラ・ドログリーのお店も小さくなった。
b0210850_537927.jpg

リバティの布も、リボンの棚も、小さくなった感じ。
b0210850_5374254.jpg


毛糸のセールは、というと、以前は手芸店の各ブランドの棚の前にそれぞれセールワゴンが出ていたのに、今回は、セール会場に移動。シーツや枕と一緒に売られています。
しかも、各ブランド、全部一緒くたに、ごちゃごちゃと積み上げられていて、掘り起こさないといけない。
b0210850_5381930.jpg

リストラされたNoro の毛糸が山積みになっています。
NoroファンのMaman Mia さん、円高でNoro毛糸がさらに値上がりする前に、是非行ってみてください。
b0210850_5383830.jpg


不況、財政破綻、ユーロ暴落、ってこういうところにも現れるんですかね。
手芸用品って、いかにも利幅が小さいだろうし、経営者としてはそういう決断もあるだろう、とは思うけど、しかし、ここまで。。。うーん。

さらに押しのズドーンの一手は、2階に移動した手芸店に行くには、ル・ボンマルシェの裏口から入るのが一番近いのです。rue Velpeau とrue de Babyloneの角の入り口から入って直進したところにあるエレベーターに乗って、2階に行きます。
この入り口は、裏口だから、暗い。。。
b0210850_540280.jpg


By AB
[PR]

by amis-paris | 2012-01-12 05:42 | お店 | Trackback | Comments(7)  

ル・ボンマルシェで毛糸セール中!

久しぶりに近所のデパート、ル・ボンマルシェ Le Bon Marche 手芸店に寄ってみたら、なんと、Anny BlattBouton d'Or の棚全30パーセント引きセールやっているのを発見!

だいぶ出遅れたようで、棚の方は殆ど空状態。高価なカシミア糸が残っているくらいかな。
でも、フロアのテーブル上下には、箱入りの毛糸さんたちが山積みになっています。

Anny Blatt のテーブルには、コットン糸が沢山、各色あります。Anny Blattのコットン糸は発色がいいし、きれいな光沢のあるものもあるし、質もいいし、私は好きです。

Bouton d'Or の方は毛糸が沢山。これまで私はBouton d'Or の毛糸はあまり使ったことがないので、この機会にいくつか購入してみました。今回はどういう訳か淡いブルー系に惹かれ、そういう系統のものばかり。

まずは、Baby Superwash で、洗濯機洗いOKのウール100%。Oceanieという色。ベビーブルーよりちょっと暗い感じの色。
b0210850_1012203.jpg


それから、Perenneというシリーズで、ウール70%、リネン30%、という変わった混合。
これのSurf という、若干ミントがかったベビーブルー。
b0210850_10124398.jpg


同じくPerenneの、Silex という、若干青みの入った薄いグレー。
b0210850_1013473.jpg


で、さらなる大ニュースとしては、ル・ボンマルシェの手芸店、新年1月9日に、2階に移動するそうです。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-12-22 10:18 | お店 | Trackback | Comments(2)  

Prymのかぎ針を探して(フランスの手芸通信販売)

かぎ針に目覚めた初心者、MamanMiaです。

ABさんにご紹介いただいたPrymのかぎ針。素敵。クローバーのよりよいならなおさら、買ってみたい、使ってみたい!しかし、ハイソなセーヌ川左岸とは反対側に住んでいる私にとって、憧れのボンマルシェは心理的にも物理的にも遠いところなのです。

ここはパリ、花のパリ。せっかくEUがあるんだし、ドイツのかぎ針ブランドだってそこら中で買えるというのが筋ではないか!と思い、パリのこっち側で買える店を探そう、と思い立つ。

…ということで、何回かググってみましたが、うまく見つけられず(涙)。そこで、まったくわかりにくいPrym社のウェブサイトへ行き、いろんなページをさまよった挙句、取扱店リストを見つけられず、結局カスタマーサービスにコンタクトしてみた。

そうしたら、数時間後、早速、同社のフランス国内販売を手がける担当の方よりお返事をいただきました。さすがドイツ、顧客サービスの質が高い!

メールによると、同社は小売はしていないので、販売網は卸さん向けのみであること。よって、同社ではPrym製品の取扱店の全貌を把握していないこと、と説明した上で、こちらのウェブサイトをご覧ください、とウェブサイトをご紹介いただきました。 (どうりでウェブサイトが消費者に超不親切なわけだ。しかも、手芸店にあるまじき電子部品メーカーみたいな雰囲気のサイト…)

www.coudre-broder-tricoter.com

www.mercerie-rascol.com

資料が古かったのか、上のリンクはサイトに行き当たりませんでしたが、下のサイトはRascolのサイトに到着。フランスの手芸販売サイトの大手ぽい感じですので、今後の参考のために、別トピをたててお店情報にカテゴリ分類しておきます。

たしか以前にABさんがKnit Proの輪針を通販で買ったというエントリーをしていたのではないかと思うのだけど、キーワードサーチでうまく見つけられなかった。同じ会社だったかしら?

で、このサイトでは、ABさん絶賛のこのかぎ針が(やっぱり)ボンマルシェよりもっとずーっと安くて一本2ユーロ95セント!でも、お買い物が60ユーロ以下だと送料が5ユーロ弱かかるので(フランス国内)、私のように2-3本買うだけなら合計ではサイトの方が3ユーロくらい高くなるだけ。

時間とナビゴ(地下鉄フリーパス)があれば、がんばって地下鉄に乗ってボンマルシェ(=危険地帯)に買いものに行くべきだし、時間とナビゴがなければ5ユーロ払っても自分の時間を無駄にせず通販で買うべし、ということよね。皆さんのお話を聞いていると、ボンマルシェに行ってしまうとお買い物がこれだけで終わらなそうな予感だから、実は通販の方が賢かったりして。

取り急ぎご報告まで~。

By Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2011-11-29 01:52 | お店 | Trackback | Comments(1)  

15区北部の手芸店、また一つみつけた!

おおっ、15区北部にまた一つ手芸店を見つけました。
昼休みにはちょくちょくパリ市営プールで短時間水泳をしているのですが、いつものプールが夏以来ずっと改装で閉まっていて、最近は別のちょっと遠くのプールにvelibで行っている訳です。
今日は帰り道、いろいろと考え事をしていたからか、どういう訳かちょっと遠くの駐輪場に自転車を返してしまった。

で、ふと目の前を見ると、なんだか刺繍ものが沢山並んでいる店があるではないか。

あらま、刺繍もの屋さんかしら、と思って看板を見ると、Mercerie と銘打っているでありませんか。
b0210850_6462010.jpg

ウィンドウは刺繍だらけなのですが、Tricot (棒針編み)という言葉がついた本が一冊窓辺に置いてあったので、毛糸もあるかしら、と中に入ってみることに。

店の前部分は刺繍糸、刺繍キット、刺繍図、刺繍本だらけ。
リボンの棚もある。
で奥に入ると。。。
左手にかなり多様で大きいボタンの棚。
続いてさらに奥に毛糸が!
それも、フランスの各メーカーそろっている。
Anny Blatt, Bouton d'Or, Fonty, Plassard, DMC。なんと、Noroもあった。

さらに本棚を丁寧に見ると、編み物本各種ありますよ。
日本の本のフランス語訳本もある。
Cendrine Armani という作家さんの"Mes sacs au crochet" (私のバッグ、かぎ針編み)という本を買ってしまった。
15ユーロ。
編み図無い。。。

本の中は部分的にここで見られます。

Au fil des jours
2 rue Fremicourt
75015 Paris
最寄り駅: Avenue Emile Zora (10号線)、Cambronne (6号線)

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-09-14 06:46 | お店 | Trackback | Comments(0)