カテゴリ:その他耳寄り情報( 59 )

 

兵士のための編み物

こんにちは。

長雨が終わり、やっと五月晴れを迎えたパリです。

リサイクルショップでみつけた絵はがき。
編み物をしている女性たちの絵です。
b0210850_15425270.jpg


裏を見ると、ジベルニーのアメリカン美術館の所蔵品だそう。
アメリカン美術館は、モネの家に向かう道すがらにあった美術館で
一度もいったことがありません。
ジベルニーに最後に行ったのは、13年前でした。
アメリカン美術館は、今はもうなく、印象派美術館が新たに出来たそうです。

絵のタイトルは、「兵士のための編み物、ハイブリッジ公園」で、1918年の作品でした。
ハイブリッジ公園は、ニューヨークの、マンハッタンの北にある公園です。
画家は George Lucks ジョージ ルークス 1866年生まれ 1933年没
日本語で、ジョージ ルークス、と検索しても何も出てきません。

絵のタイトルを検索すると、こんなリンクがでてきました。
今は個人蔵だそうです。

そして、他にもいろんな写真が出てきます。

絵の写真は、第1次世界大戦の時期で、主に靴下を編んだようですが、
第2次世界大戦中には、負傷した兵士のために、
子供たち、男の子たちもブランケット用のピースを編んだそうです。

イラク戦争の間に、編み物ができる兵士が、リラックスできる
余暇として仲間に編み物を教えた写真も出てきました。

戦争と編み物についてこんなブログ記事もありました。
当時のポスターなどの写真もあります。

編み物は一人でもできますが、特に共通の目的があるときなど、
こうやって集まって編むと、モチベーションもあがるのは、昔も今も同じです。

なかなか編み編み会、開催できていませんが、
一緒に編む仲間がほしいかた、遠慮なくご連絡ください。

Ayu
[PR]

by amis-paris | 2016-05-27 16:31 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(0)  

Yarn Bombing

先日の編み編み会に、東京からはるばるお越しくださったYukiさん。皆さん覚えてらっしゃいますでしょうか、彼女はちょうど一年くらい前にもパリ編み編み会に参加してくださって(当時はSさんというお名前でした)、わが地元の町のメトロ入り口編みぐるみプロジェクトに参加してくださったのでした。

このプロジェクト、市長さんが来てオープニングを宣言したんですが、町でも相当評判がよかったようで、町の広報誌に取り上げられたことまで何回もご報告しちゃったんですが、なんと、今年、2016年の年始には、町のいたるところに再びポスターが貼られていて「あけましておめでとうございます」みたいな町のメッセージに私たちの編みぐるみの写真が使われていたのでした。これが嬉しくて、私は町で写真なぞ撮っていたのですが、皆さんに報告するのをとーんと失念していたので、この機会にご紹介します。(すみません、以下、写真をタテにする方法がわからず、すべて写真が寝てます)
b0210850_2354180.jpg

で、この同じ写真が今年の広報誌第一号の背表紙にも使われていたので、嬉しくてSさんことYukiさんに、我が家のコピーを一部お持ち帰りいただきました。こんなの。
b0210850_2373230.jpg

そのYukiさんが、日本でもこうした編みぐるみムーブメントが始まっている、という記事をお持ちくださいました。会でもみんなでとっくりと読んだんですが、「ん???」と私が目をとめたのが、「ヤーンボンビング」という日本語表記です。「ボンビング」って、「Bombing」だから、カタカナ表記だったら「ボミング」だよね?と、ABさんと二人でうなずきあったんですが、Yukiさん、「あ、日本ではボンビングが定着してるかも」と教えてくださいました。これがその記事。
b0210850_241079.jpg

んんんんん?なぜ、「ボミング」が「ボンビング」になるんだろう?と、カタカナでググってみる。「ヤーンボミング」も「ヤーンボンビング」も両方ヒットするようです。「2004年にオランダで始まったといわれており、現在ロンドンやニューヨークまで広まっています。」というまとめ記事を見つけましたが、日本では両方通用するようです。グーグル検索結果を見ると、今のところボミングの方が若干多いかも知れませんが、編み編み人がたくさん読んでいるこの有名雑誌の記事の後は、ボンビングがメジャーになる可能性が高いかも知れません。

ひるがえって、英語の正しい発音と、海を渡って日本でカタカナになる言葉が違うことはままあることです。例えば眉毛はeye brow(アイブラウ)ですが、カタカナで「アイブロー」と書かれていることも多く、メーク製品では「ブローペンシル」「ブローライナー」とか言われるもんね。だから、ボミングがボンビングって言われても、ま、そんなもんか、と思ったんですが、ふと会社でフランス人の同僚女子に、「これって知ってる?」って、Yukiさんの記事を見せたら、「もちろん、ヤーンボンビングはみんな知ってるよ!」って言われました。周りの人数人に聞いても、全員が全員「ボンビング」と言います。ぎゃ!フランス人は完全に「ボンビング」なんだ!そっか、もしかすると、手芸の世界はモードの世界と似てて、英語のフランス語読み(あるいはフランス語の英語読み)が発達しやすい土壌があるのかも!そっか!もしかして、フランス人が「ボンビング」って自信をもって読むから日本でも「ボンビング」が入ったのかな?などと、色々と勘繰ってみたりするのでした。今後は英語読みの方は「ボミング」で、モード界&フランス通な人は「ボンビング」みたいな感じで、両方広まっていくのかしら。。。以前ABさんが紹介してくれたこのページに、「ヤーンボミング」、またの名を「ヤーンストーミング」とか「ゲリラニッティング」、とあるけど、「ボミング」も「ゲリラ」もこのご時世感じ悪いから、「ヤーンストーミング」に統一するってのはどうかしらね。。

それにしてもこの記事に掲載されていた写真を見るだけで、去年フランス人とやった編みぐるみ作業の様子とのあまりの違いに愕然としてしまいました。日本、凝り過ぎ、ちゃんとしすぎ(足場に上る時はヘルメットかぶってるし)、きれいに揃い過ぎ(サイズ揃ってる!)!フランス、テキトー過ぎ(サイズめちゃめちゃ)、カオス過ぎ、一発勝負過ぎ!…なのに、できあがりはフランスのもそれなりに素敵じゃない?これがフランスの底力?
b0210850_2544258.jpg


失礼しました。つまらない話で引っ張ってしまいました。

次回はYukiさんが撮ってきてくれたレシピになるはずだった作品(絶賛編み編み中)についてご報告できますよう。

by Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2016-04-18 03:11 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(0)  

園芸店の編み物イベント参加報告

先日Ayu師匠が投稿してくれた、園芸店トリュフォーの編み物イベントに参加してまいりました~。
「みんなでトリュフォーのお店で24時間編み続けてくれたら、トリュフォーが(ホームレス支援で有名な)アベ・ピエール財団に1万ユーロ寄付します」という内容で、トリュフォーはパリと近郊の二店舗を24時間開けて、ソファエリアを準備、編み物の糸と針を提供した上にコーヒー紅茶、ジュース、サンドイッチ、サラダやおやつを準備してくれました。
b0210850_748399.jpg

ネットで「予約」(一店舗一時間当たり40人に限定)して現地に着くと、適当に座るところを見つけ、編みかけで置いてある作品をそのまま引き継いだり、新しい作品を始めることになりますが、5.5ミリの(編みにくい)グニャグニャ曲がるシリコン(?)みたいな針と、いろんな糸がバケツ(?)に入ってその辺に置いてあります。
b0210850_750159.jpg

皆さんそれぞれ適当に座ってゆるりと編み物しています。圧倒的に女性。7歳の女の子からおばあちゃままでいろんな年代の人がいましたが、メインは多分60・70台のレディたち。
私は一人で行って、おばあちゃまたちに囲まれながらも、編みかけものばかり残っても困るだろう、と前の人が編み始めたピースを手に取り、見よう見まねで同じトーンで続けました。予想はしていましたが「あなた、左手に糸をかけて編むなんて、私、絶対できないわ」みたいなことを言われます。私だって「いちいち指を針から外してかけながら編むなんて、絶対できないわ」と言いたいところですが、「日本で習ったものですから」と説明すると、「日本も編み物、さかんよねぇ」なとど応酬してくれました。でも、その後ふらりと私の隣に来た赤いメガネの女性が、私と同じ編み方をしているので「あら、あなたも!」と盛り上がりました。その人はノルウェー人で、「私たち、フランスだとマイノリティよねぇ」と共感してもらい、なんだかとっても楽しかった。そんなこんなで、編み目を見せ合ったり教えあったり和気あいあいとおしゃべり&編み編みすると、あっという間に2時間!で、私はこんなマフラーを完成させました。
b0210850_754334.jpg
途中からやってきたAyu師匠とは、離れたところに座っていたのでお話できませんでしたが、Ayuさんも誰かが始めたスヌード(?)を軽々と仕上げていました。模様もよく目立って素敵。
b0210850_75616.jpg

新しい作品ができると、その辺の人たちが集まって歓声を上げたり、集まった作品を品評しあったりと、これまた楽しい。色も編み目も形もまったく違ういろいろな防寒具が次々とあがってきます。
b0210850_758738.jpg
しかも、聞いていると、恵まれないお母さんたちのために新生児のニット小物を作って寄付しているグループとか、シリアからの難民のためにニットキャップを送っている、とか、編み物のスキルを活かして社会貢献活動をしようとしている女性が多いことに勇気づけられます。「あ、あの時のフルーツジュースのキャップ作りの時、あなたもいたの?」みたいな話題で盛り上がったり、パリの編み物コミュニティは、案外狭いようです。。。そんな仲間に少しの間でもはいれて、充実感一杯。「私の数時間(とマフラー一本)を寄付しよう」という人たちを集めて、手芸用品も売っていない「園芸店」が社会貢献活動としてこんなことをやるのも、コニクイ演出。楽しい土曜日になりました。
by Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2016-02-08 08:01 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(4)  

2月の編み物イベント

こんにちは。

早いものでもう2月。一時期寒かったパリもまたもや暖冬ですが、
皆様の編み物は進んでいますか?

去年から始まった編み物イベントのご紹介です。
園芸ショップのTruffautですが、毛糸も販売しています。

24時間ニットのイベントで、2月6日の金曜日18時から7日の18時まで。
時間単位でのインターネット上の申し込みが必要です。
詳しくはここをご参照ください。

おやつや飲み物は無料で用意されます。
手ぶらで参加してソファーに座って編み物を続ける、というイベント。
Foundation Abbe Pierreという慈善団体への寄付になります。
一人で気楽に参加してもいいし、編み物仲間とのおしゃべりタイムにもどうぞ。


もうひとつは、例年行われる針仕事祭典、L'Aiguille en fete。
2月4日から7日まで。
サイトはここ
ヨーロッパ各国、日本からもツアーで訪れる大掛かりな手芸サロンです。
買い物のほか、各種アトリエ、無料イベントも満載。
私は休憩がてらスピードニッティングにひっそり参加してみたり。


さて、特に新作は作っていないのですが、
娘が4歳の時に編んだかぎ針編みのファスナーカーデガン。
b0210850_2111097.jpg


アクリル糸で洗濯もしやすく着心地もよいので散々着たおし、
毛玉もできていたので、そろそろ処分しようか、というと、
「まだ着たい!!!」と娘の抵抗にあいました。

半端糸で見ごろと袖を延長し、縁も編み直してファスナーも付け替えました。
9歳の娘が着るとこうなります。
b0210850_2115155.jpg


それでは皆様も編み物をお楽しみください。

Ayu
[PR]

by amis-paris | 2016-02-01 21:17 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(1)  

世界ニットデー 2015 と各種イベント

こんにちは。

6月の週末に、世界ニットデーというイベントがあります。
人が集まって屋外で編み物をする、という趣旨で、例年、天気に恵まれています。
今年は13日の土曜日ですが、それ以降3週間、という解釈もあります。

今年、パリ近郊で開催される、世界ニットデーのイベントリストを作りました。
ご都合など、検討されて、目いっぱい楽しんでください。

aiguille en fete のサイトで示される、フランスのリスト
そこに載っている、パリ近郊のイベントでは、

a)18区のニットの専門学校のオープンスクール

b)パリより南の近郊、Arcueil(水道橋で有名)でのyarn bombing

リストに載っていないイベント

c)7区のAve Breteil エッフェル塔の見える芝生コーナーでのイベント情報は
ここ
視覚障害者の援助をしているアソシエーションで、別に、手作り品を売ったりクリエーターに場所を提供して、慈善活動をしています。
今回のイベントは、芝生で編み物をしながら、手作り品の販売、不用品バザー、編み物のアトリエも企画されています。毛糸メーカー、フィルダーの協賛もありとのこと。
自分の作品を持参し。おしゃべりしながら編んだり、
不用品を寄付し、買い物をして貢献したり、
編み物アトリエに参加(有料か無料かの記載なし)し、腕を磨いたり。
好きなように過ごせます。

d)18区でのyarn bombing(街を編みくるむ)はここ

e)編み物ではないですが、ジャノメミシンの直営店でのソーイングイベント。
子供向けの無料のミシンアトリエがあります。ポスター写真はここ
無料ですが、アトリエ担当の女性に予約が必要です。
詳細はポスター内に。

追加情報:担当者によると、「アトリエでなく、ミシンの使い方のデモンストレーションで、個別に30分ずつの予約が必要」とのこと。私は娘の分、14時に予約しました。予約ページはここ

f)13日ではないですが、10日にデパートBHVにて、手作りイベントがあります。
編み物、ソーイングの他、インテリア、ブリコラージュなど、無料アトリエが盛りだくさん。
アトリエのプログラム一覧はここ
詳細はここ
予約は要りませんが、参加可能な人数が少ないので、希望者は早めにいかれることをお勧めします。

皆さまが、手作りを楽しめますように!

Ayu
[PR]

by amis-paris | 2015-06-04 13:55 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(3)  

サンモールの中世祭り

ご無沙汰しています。年度末のイベントに追われて
ソーイングしかしていませんが、
中世祭りにいってきたので、その記録を。

パリから東方面の郊外にある、サンモール市。
中世祭りが行われる、と聞いて行ってきました。

有名なプロヴァンの中世祭りは、中世の衣装を着ていれば入場が半額になりますが、
こちらは、もともと無料。それでも、気分を盛り上げるためにそれらしい衣装を着てゆくことに。

b0210850_1564326.jpg


たった1ユーロで、アーチェリー体験。
スカートはプリンセスドレスの一部、白いインナーにタンクトップ。
かぶりものは、会場で手に入れました。

b0210850_15104297.jpg


石を彫って中世風のイニシャルのレリーフを作るアトリエ。
30分ほどかかり、丁寧に指導してもらって無料。

b0210850_1623396.jpg


子供向けサーキット。中世の戦いに使う道具になぞらえた遊具をこなすと
賞状がもらえます。
写真は、横に揺れる斧のなかを通り抜けるところ。

b0210850_1662733.jpg

カリグラフィー体験。子供にはペンを使いこなすのはなかなか難しいですが、
女の子たちが喜んで書いていました。

b0210850_1673829.jpg

鷹使いのショーも。写真では伝わりにくいのですが、
巨大な鳥たちを檻もなく間近に観るのはなかなか印象的でした。

写真を忘れましたが、織り機やカード織の実演も。

住人でもないのにずいぶん楽しませてもらえました。
娘は「来年の衣装は自分で作りたい」と意気込んでいます。

Ayu
[PR]

by amis-paris | 2015-05-28 16:14 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(0)  

針仕事サロン 2015 参加記録

ご無沙汰しています。
みなさま、お元気でしょうか。

最近編み物全く進んでないので、作品はありませんが、
2月の手芸サロンで参加したspeed knittingの結果がでていました。
3分でガーター編みで何目編めるか、を競うのです。
金属の4ミリ針で、アクリル糸を編むので、どうにも編みにくいです。

先日の編み編み会でお話しした、チャンピオンの女性の編み方。
写真が出ています。
右手側の編み針を、膝に挟んで、編んだ目を滑らして落としています。
目の当たりにしましたが、まるで魔女が編んでいる風情。

2位の女性は、左脇に編み棒を抱えて編む方法。
7歳の娘さんも同じ編み方で45目と大奮闘。

私は、180目の壁は超えられません。
努力もしてないので文句言えませんが、スピードアップは難しいです。

同じサロンで、フェリシモがトイプロジェクトを宣伝する横で、
つまみ細工のアトリエも開催しました。
娘がアトリエに参加し、指導してくださった先生のブログも記事アップされました。

もう5月。2月のサロンが遠い記憶になっています。
これからは、年度末に向けて、イベントが満載です。
中世祭りは6月のプロヴァンが有名ですが、
友人からサンモールでの中世祭りの情報を得ました。
5月16日、17日の週末です。
サイトの動画を見る限り、中世の職業などの手仕事体験は、
プロヴァンよりもずっと充実していそうです。

それでは、皆さま、手仕事を楽しんでください。

Ayu
b0210850_7482128.jpg


この季節、帰国する友人が多くて、寂しくなります。
すごく仲良くしてくれた友人へのプレゼントには、
マリクレールイデに載っていたクロスステッチのモチーフを刺しました。
裏は、ワインラベル柄とフランス菓子のモチーフです。
[PR]

by amis-paris | 2015-05-03 07:48 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(5)  

手仕事へのオマージュ

こんにちは。パリは学校バカンスが終わったところです。

蚤の市でみつけたもの。
漁村で網を繕う女性のタペストリー。
縦47cm、横60cmと大作で、状態が良かったので手に入れました。
女性が手仕事をしている絵が大好きなのです。

b0210850_2027980.jpg


そして、友人のスタンドで見つけたのは、1907年の新聞の表紙。
フランスでのミシン発明者の記事が載っている号です。
b0210850_20281322.jpg


記事が読めなくて残念、と思っていたけれど、ここに載っていました。

画期的な発明のはずですが、当時は、お針子さんの職を奪うと思われ、
大変なめにあったそうです。

さて、編み物もぼちぼち。
葉っぱ模様のベストを、NOROのスラブ糸で編んでいます。
b0210850_20331690.jpg


もともとはストレートなラインですが、母のためなので袖ぐりで減らし目し、
後ろ見頃は、一列の模様のところ、3列に模様を入れました。
前は、左右に2列ずつ模様が入ります。
b0210850_20352992.jpg


今週中に編み上げたいものです。

Ayu
[PR]

by amis-paris | 2014-11-03 20:37 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(4)  

編み物男子って。。

なんだかあたたかい12月。東京は初雪かも、などと言っているのに、拍子抜けするようなパリ。本日より学校のクリスマス休みが始まりました。

本日午後には先日Akemiさんが教えてくださった子供向けアトリエに行こうと意気込んでいましたが、この師走のめちゃくちゃ状態でバスが来ない、来ない。。。あと5分か!と喜んでいたら、いきなり表示が「あと16分」に変わり、結局あきらめました。習い事の終了時間の関係で、既に出遅れていたので、1時間遅れで着いてもだめだよねー、と、残念ながら。

どなたか参加された方がいらっしゃいましたらぜひ報告を!

今日の話題はパリとはまったく関係ないんですが、先日全然関係ないことで「欧州連合駐日代表部」などというカターイサイトを見ていたら、「編み物男子」という記事に目が釘付け。日本で編み物教室などをやっているドイツの男性の話だったのですが、なんとなく気になったので、リンク張っておきます。

フランスで編みものやっていると、「おばあちゃんみたい」と言われることがよくあります。確かにフランスの編み物人口は(世界と同様)少し高いかも知れませんが、それでも若い女性は結構編んでいるような気がするけど、確かに「編み物男子」、あんまり見ないよねー。確か、Ayuさんのお話では、オペラのフランス人編み物グループに一人「編み物男子」が来ていたんだったわよね?

リンクはこちら

いやはや、小さい話ですみませんでした。バカンスが嬉しくて。
1月の半ば以降に次の月例週末会を予定しています。また日程が決まったらこちらでご案内しますねー。

by Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2013-12-22 02:30 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(2)  

FOIRE D'AUTOMNE

今日から冬時間ですね。
またまたヴァカンスお出かけ情報です。
ポルトドヴェルサイユで開催中の”秋の展示会”にはもういかれましたか?
恒例の農業博などより小規模で(7番館のみ)、じっくり見てまわれます。

テーマは冬ごもりで、目に付いたものは、
とっても素敵な暖炉、お家の断熱材、太陽ソーラー、
美容関係ではリュミノテラピー、酸素ボンベ、、、、
料理関係では北欧料理。
創作のアトリエでは、トナカイの頭など動物の壁にかけるもの、クリスマスの飾り、など作っていました。
他にも氷の彫刻、アートな特殊メイク、ぬいぐるみのお医者さん(修理)など日替わりで色々やっています。
日本は東北から、こけし職人?も来られて実演販売されていました。
こけし絵付け教室20ユーロとのことです。

そして冬と言えば、編み物!明日明後日アトリエがあるそうです。(月、火)
しかも棒針時間とかぎ針時間とわけてあり、かぎ好きの私は心揺れるところ。
初心者と上級者も分けてあるよう。

おとなりの4番館?ではサロンドショコラも開催される日ですが、
興味ある方は覗いてみてくださいね。
サイトで、それぞれのブースのアトリエに参加したいですか?今すぐ無料招待券をダウンロードするのところをクリックすればよいですよ。
Du vendredi 25 octobre au dimanche 3 novembre 2013
Parc des expositions de Porte de Versailles - Pavillon 7
10h - 19h sans interruption 
8 euros par personne / gratuit pour les moins de 14 ans
http://www.foiredautomne.fr/Ateliers-animations/Ateliers-creatifs/Tricot-crochet
b0210850_1919912.jpg

トリコロールの襟のシェフのフォアグラのアイスクリームを試食。おいしかった~

akm
[PR]

by amis-paris | 2013-10-27 19:38 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(0)