「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

 

糸のお話―ソックヤーンー

"O"さんから糸のお話が出たので、私も糸のお話を・・・。

グラデーションの糸が好きで、売り場で手に取った糸が、
「ソックヤーン」でした。靴下専用の毛糸。
それまで、こういう糸があるとは知りませんでした。


ドイツの毛糸ブランド、TUTTO社のOpalという糸です。

b0210850_7423253.jpg

        (写真:HPより ドイツ語のHPはこちら

うかつにも、しばらくは買った糸がソックヤーンだと気づかず、
何を編もうかーーと迷った挙句、グラデーションがどんなふうに出るのか早く見たくて、とりあえず輪っかにしたマフラーを編んでしまいました。(糸は上の写真と同じものです)

レトロな色調だったので、60年代風にと、かぎ針で編みました。
(輪にすると、二つ折りにしてヘアバンド風にもなり、巻き方もアレンジできて面白いです)

b0210850_749459.jpg


編んでいる時に、ラベルをよく見ると、あれれ??
靴下の写真が・・・・。
調べるうちに、ソックヤーンなるものにたどり着いたという次第です。

棒針で編んだ靴下とかぎ針で編んだマフラーとでは模様の面白さが全く違いますね、当たり前といえば当たり前なんですが・・・。

私が買ったのは、Opal のフンデルトヴァッサーというシリーズ。

オーストリアの画家で、建築家でもあるフンデルトヴァッサー氏の絵の配色をイメージして作られたものだとか。

化繊が配合してあるのは、靴下にしたときに強度を増すため。
また、スーパーウォッシュ・ウールという、洗っても縮まないウールが使われています。

グラデーションも、最初の写真のように、編んでいくだけで模様ができるように計算され、ひと玉で一足が充分にできる分量という、何から何まで靴下にぴったりの糸。

日本でも、最近は通販などで手に入りやすくなったようです。
極細で、日本では1号針で編むとよいそう。

このグラデーションを利用して、帽子、マフラー、モチーフを編むのも楽しいーーと説明にはありました。
特に子供用品にぴったりとか。

Opal にはこのほか、「ハリー・ポッター」というシリーズも。
(これは既に品切れのようで、残念。)

絵画や映画からイメージを膨らませて糸をデザインするなんて、素敵ですね。

春夏用にはコットンのシリーズも出ています。
b0210850_8121744.jpg

                 (写真:HPより)

これは、また挑戦するしかないでしょう。(いつか・・・)

糸を買ったのは LE BON MARCHE です。
(24 rue de Sevres 75007 地下鉄Sevres-Babylone駅)
★参考までにーーーひと玉13・50ユーロなり。

By ふく
[PR]

by amis-paris | 2011-04-30 07:01 | Trackback | Comments(3)  

アクリル毛糸をパリ14区でも発見

アクリル毛糸で作る、素晴らしいお掃除道具のご紹介が続いたので、編み編み会の皆さんも、パリ近辺に在住の皆さんも、そろそろアクリル毛糸を買いたくなっていませんか?

ふくさんがご紹介くださった15区のマルシェに加え、14区で通りがかったお店の軒先に、アクリル100%の毛糸10玉で12ユーロ、という袋が売っていました。

b0210850_7255282.jpg


Bonneterie
77 bis, Rue Didot, 75014, Paris
最寄メトロの駅 13号線 Plaisance, 4号線 Alésia

Bergère de France の毛糸をメインに置いているお店でした。DMCもほんの少し。

アクリル100%の毛糸も、Bergère de Franceのものですが、同じ色、単色の糸が10玉なので、ちょっと面白みにかけるかもしれません。

ちなみに、このお店、日本の「ナントカ婦人用品店」という雰囲気です。手芸やさん、というよりも、半分は、下町マダム向けの洋服が売っている感じ。えーと、ショーウィンドウを見ていただけると分かりますが、右半分は、えっと、えっと、下着・・・?パリの奥深さを知るヒトコマでございます。

マダムがずっと電話中で、お店の開店日時を聞けませんでした。
(あっ!入口に書いてあったか見るの忘れた・・・)
もしどなたか行かれたら、チェックしてきてくださーい。

by "O"
[PR]

by amis-paris | 2011-04-29 07:39 | お店 | Trackback | Comments(6)  

手モップ、指モップ、編み方編み図つき、それから質問

憑かれたように掃除用具を編み続けるABです。
さらに手モップと指モップを編みました。

これが手モップ。手だけでなく足にも履けるので、床をすいすいしながら、埃がとれます。
b0210850_611628.jpg

これが指モップ。コンピューターとかテレビとか、さらに延長コードのプラグが三つ四つ並んだやつとか、凹凸のある電化製品に便利。
b0210850_6114815.jpg

つまり、掃除が嫌いなんです。
アイロンがけと掃除が大嫌い。なるべくしたくない。
楽に埃がとれるなら、それにこしたことはない。

双方とも、編み方は実に簡単。ふくさんご紹介の細編みリング編み使いをしているだけ。

指モップの編み図はこんなかんじ。
b0210850_6124044.jpg

「わ」の作り目から、立ち上がりの鎖目一目、続いて「わ」の周りに細編みを5目入れる。
「わ」を引き締めて、立ち上がりの鎖目に引き抜き編みをし、一段目終わり。
二段目は、立ち上がりの鎖目一目、同じ目に細編み一目。続いて、前段の一目につき細編みを二目入れる。前段の細編み目一つにつき細編みを二目入れ続け、最後まで来たら、立ち上がりの鎖目に針を入れて、引き抜き編み。
三段目は、立ち上がりの鎖目一目。前段の最初の細編み目の頭に細編みを二目入れる。次の前段細編み目の頭に細編み一目入れる。その次の前段の細編み目の頭に細編み二目。前段細編み目の頭に細編み一目、その次の前段の細編み目の頭に細編み二目、を繰り返す。段の最後まで来たら、立ち上がりの鎖目に針を入れて、引き抜き編み。三段目終わり。
四段目は、立ち上がりの鎖目一目。前段の最初の細編み目に細編み一目、次の前段の細編み目に細編み二目。続いて、前段細編み目の頭に細編み一目、その次の前段の細編み目の頭にも細編み一目、その次の前段の細編み目の頭に細編み二目を繰り返す。段の最後まで来たら、立ち上がりの鎖目に針を入れて、引き抜き編み。四段目終わり。
五段目は、立ち上がりの鎖目一目のあと、前段の細編み目の頭に細編み一目づつ。段の最後まで来たら、立ち上がりの鎖目に針を入れて、引き抜き編み。
六段目は、立ち上がりの鎖目一目のあと、前段の細編み目の頭に細編みのリング編み一目づつ。段の最後まで来たら、立ち上がりの鎖目に針を入れて、引き抜き編み。
七段目は、立ち上がりの鎖目一目のあと、前段の細編み目の頭に細編み目を一つづつ。段の最後まで来たら、立ち上がりの鎖目に針を入れて、引き抜き編み。

こうして、偶数段は細編み、奇数段は細編みのリング編みを繰り返していくだけです。

指の長さまで編めたら、細編みを二段して、終わり。
b0210850_61576.jpg


手モップの場合、指モップと同じようにはじめて、6段目まで増し目をしていきます。以下同様。

興奮して足モップ、手モップ、指モップを沢山編んで使っているのですが。。。
埃がガバガバとれます。気持ちがいいです。感動です。
でも、とった埃をモップからとるのが容易ではありません。
水で洗ってみたのですが、半分くらいはとれても、あまりよくとれませんでした。
皆さんは、アクリルモップでとった埃を、どうやってモップからとっているのでしょうか。。。
洗濯機で洗えばとれるのでしょうか。。。

ところで、ドイツで買ったアクリル毛糸、無くなっちゃいました。
残るはこの前編み編み会でふくさんがありがたくも提供なさってくださった一玉だけ。。。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-04-28 06:17 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(7)  

足モップ (スリッパ型モップ)

お掃除用具続きます。
感動もののふくさんのお掃除モップ報告にならって、細編みのリング編みを使ったモップにトライ。
しかも、スリッパ形式で、足に履いて拭くモップ。
b0210850_2562337.jpg

スリッパの裏はこんなかんじ。細編みのリング編みです。
b0210850_2565075.jpg

歩きながらついでに掃除も!っていう発想。なんて怠惰な。。。
そんなもの編んでいる間に、掃除しろっていうかんじですよね。

室内履きをつくったばかりなので、その勢いで、というのが言い訳。
作り方は基本的には室内履きと同じ。
つま先からはじめ、「わ」の作り目から細編みでぐるぐる編んで行き、途中から往復編みで底を編み、最後にかかと。編み方の基本行程は「スタークロッシェの室内履き」の項をご覧下さい。

掃除用モップにするには、つま先を丸く編んでいく際に、目の半分を細編みのリング編みにする。往復編みの底の部分もリング編みをする。
リング編みの編み方動画は、あみこもびよりのここからどうぞ。

リング編みは、裏にリングが出るので、編みあがりは、編んでいる裏が表になります。
細編みとリング編みを一段おきにしてあります。
そうすると、往復編みの際に、同じ側にリングが出るので。

あと、床に接する部分を広めにとるため、つま先を大きくしてあります。
で、そのまままっすぐ丸く編んでいくと、甲のあたりがぶかぶかになって、履いた時にぬげやすくなるので、甲のあたりはだんだん減らし目をして、甲にぴったりするようにしてあります。

つま先の編み図(往復編みに入る前まで)はこんな感じ。Uの中にxが入っている印がリング編みの記号です。
b0210850_2575553.jpg


なんかオウムみたいになった(鳥のオウムではなくて、ナウシカのオウム)。
b0210850_2582394.jpg


見かけは冴えないけど、これがすごいんだ。
ウチは廊下の床にこういう材質のものが敷きつめてあるのですが。。。
b0210850_259226.jpg

表面に凹凸があり、この穴部分に入ったほこりがいつも掃除機でも吸い取れなくて、悩みのタネだった。
ところが、この足モップを履いて足を床に滑らせるだけて、なんと、ほこりがさっと、あっというまに、角から角まで、全部きれいにとれてしまったのです!
あまりの驚き、感動に、胸が一杯。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-04-27 03:01 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(3)  

アクリルたわし その2

また~?と言われそうですが、アクリルたわし、です。

以前、初めて作ったのが、ぺらっとしたものだったので、立体的なものが作りたくなり・・・
しかも、お花って可愛いなぁと。

でも私の技量だと複雑なものはできそうもない。
そこで、こんなたわしを作ってみました。

ぱっと見、「バラ」ということで。

b0210850_6443100.jpg


作り方は簡単です。最初に、増やし目を多くてしてひらひらにした円を長編みで編みます。
後は、円の内側の適当な場所に、長編みでぐるりと花びらを編みこんでいきます。

きれいな色で編んだらもっとお花らしくなりますね。

たわしの横にあるのは、ミニミニかご。
おまけで編んでみました。

By ふく
[PR]

by amis-paris | 2011-04-26 06:12 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(2)  

スタークロッシェの室内履き、編み図とかかとの編み方動画つき

毎日暖かいので、冬の室内履きが暑苦しい。
でも、夏の室内履きはもうぼろぼろ。
という訳で、太いコットン糸で、夏の室内履きを編んでみることにする。
b0210850_1773372.jpg

スター編みというものがあるということを知ったばかりなので、これを模様にちょっと使ってみた。
スター編みの編み方動画は、編み編み会ブログのこの日の記事をご覧下さい。

履物は通常、甲、底、かかと、など、各部分を分けて編んで行くのが主流であるみたいですが、私のやり方は、つま先からかかとまで、一気に編んでいく編み方。「とじはぎ」もありません。

つま先からはじめます。
「わ」の作り目から立ち上がりの鎖目一目、続いて「わ」の周りに鎖目を9目入れました。
そのあと各段増し目をしながら丸く編んでいって、5段目まで。
6段目からは増し目なしで、丸く編んでいきます。
19段目からスター編みを二列(スター編みは模様一列が二段から成っているので、全部で四段)。
細編みを一段。
こうなります。
b0210850_1781534.jpg

次に、底を編みます。
底一段目は、つま先の丸の最後の段の目の数の半分まで拾います。
どういう訳か、スター編みのあとは45目に減っていたので(しーーん。。。)、22目拾いました。
そのあと往復編みでひたすら細編みを続けます。
b0210850_178422.jpg

自分の足につけてみて、かかとのあたりまで来たら、「かかと編み」に入ります。
「かかと編み」は、私が自分で勝手にそう呼んでいるもの。
ノルウェーのDrops Design かぎ針編み靴下かかとの編み方動画から学んだものです。



ところで、Drops Design はありがたくも編み方ヒントを無声動画で沢山出しています。
かぎ針編みはここ
棒針編みはここ

この動画のようにかかとを編むと、なんと、こういうものができあがります。
b0210850_1793494.jpg

ここまでの編み図はこんなかんじ。
b0210850_1710681.jpg

履き口にこげ茶色の糸で縁をつけました。
細編みで一周、引き抜き編みで一周しただけ。
b0210850_17103787.jpg


さて、これを二つくつるのだが、同じものを二つつくるのが、履き物の一番の難関。
不揃いが手作りの良さ、とよく言うけど、履き物の場合はねえ。。。

で、案の定、一方が大きくなってしまった。。。
大きい方がぶかぶかで歩きにくい。。。
b0210850_1711968.jpg

[PR]

by amis-paris | 2011-04-25 17:14 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(4)  

五月パリ編み編み会候補地 ロダン美術館

今週末は欧米は復活祭の春休み。
予定が突然キャンセルになった不器用者ABは、5月の編み編み会場を探す行脚に出る。

既に初夏の陽気、公園でやってみては、というアイデアが前回出たので、パリ市内、北から南までどこに住んでいらっしゃる方でも参加しやすいよう、パリの街の中心あたりにある公園を探ってみる。
注目したのは、以下の3点。
-木陰のある芝生があり、その芝生で座って編み編みできる
-トイレが近くにある
-天気が変わりやすいパリのこと、雨が降り出した時に避難できる屋内が近くにある

で、いくつか回った中で、一番素晴らしかったのは、ロダン美術館の庭。
この美術館は庭のバラ園が有名だが、今の季節、特に今年は陽気が来るのが早かったので、今パラまっさかり。堪能しました。
超近所にあるのに、パラの季節に庭に行ったのは実ははじめて。この機会に運良くでくわさせて下さった編み編み会に感謝。
b0210850_3203865.jpg

バラの季節に限らず、年間通してこの場所の何がいいって、有料なところ。庭だけ入るのにも有料で、しかし入場料はたった一ユーロ(大昔のフラン時代には10フラン、ということを考えると、今となってはなかなか誠実な価格設定)。さらに18歳未満は無料。

ルクセンブルグ公園やチュイレリー公園など、パリの中心にある公園は、いかんせん、人ごみがものすごく、砂埃が沢山立っている。とても芝生に座って編み編み、という状況ではない。アレルギー体質の私には耐えられない状況。

ロダン美術館の庭は、たった一ユーロとは言え有料なので、美術館を訪問する観光客は多くても、来る人皆が皆、単に庭に行くのに一ユーロ払う訳ではない。その結果、庭での人込みが大部減る。

この庭の一番奥に、編み編みに最適な場所があります。
すなわち、芝生の植わった木陰。
長いすが置いてあり、砂場も二つついています。
皆、何することもなく芝生でくつろぎ、子供が走り回っている。
この辺りには彫刻も置いていないので、観光客もあまり来ない。
b0210850_3313939.jpg

この「秘密の場所」に到達するには。。。
チケット売り場を出ると、右手にInvalid と人ごみが砂糖にむらがるアリのようにたかっている「考える人」があります。
ついでに、バラも沢山咲いています。
この写真を撮っている際に、背後で、米国人らしき男性が「バラがすばらしいね、写真とろうかな」とつぶやき、彼の奥さんらしき女性が即座に「バラを見に来たんじゃないのよ!」と厳しい口調で言っているのが聞こえました。。。
b0210850_322439.jpg

さて、「考える人」を右手に見ながら、そのまま小道に沿って右に折れます。
そうすると、目の前にこういう印が出てきます。
b0210850_3223068.jpg

印に沿って、カフェテリアの方向、左に行きます。
すぐに、目の前にこういう印がでてきます。
印の後ろはバラです。
b0210850_3265527.jpg

印の右側に、狭い階段があります。
その階段を下ります。

そうすると、目の前にカフェテリアがあります。
b0210850_3235124.jpg

カフェテリアでは、飲み物、マフィン、アイスクリーム、サラダ、パスタ、などが置いてあります。
b0210850_3243820.jpg

カフェテリアは屋内も広くとってあるので、編み編み中に雨が降ってきても、ここに避難できます。
b0210850_3241460.jpg

カフェテリアを通り過ぎ、続いて左手に池が見えます。池を左手に見ながらさらに歩いていくと、奥に木陰の芝生(長いすと砂場つき)があらわれます。
b0210850_325567.jpg

で、ここで5月編み編み会を開催しようと思います。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-04-25 03:36 | パリ編み編み会 | Trackback | Comments(1)  

15区のMercerie (手芸店)

15区にあるMercerie (手芸店)という名前の手芸店に立ち寄りました。
b0210850_8194195.jpg

住所: 57 rue Lecourbe 75015 Paris
最寄りの地下鉄駅: Volontaires か Sèvres-Lecourbe。
開店時間: 10:15-14:00、15:00-19:15。
日曜日はお休み。

DMCKatia の編み糸が主に置いてあります。
他には手芸用品一般が揃えてあり、特に刺繍のものに重きが置かれているかんじで、刺繍のキットもある。
古本っぽい編み物の本も置いていて、今回は目に入ったこれを手に入れました。
b0210850_8191488.jpg

「ビーズとボタン」というタイトルで、ビーズとボタンを使ったネックレス等アクセサリーの本。
2005年出版のものですが、ネックレス編みの方、今季は新しい方向を開拓しないとな、と思っていた矢先、「ほう、ボタンという手があるのね」と思った訳。Juliette Pettit というフランスのアーティストのデザイン。

Juliette Pettit, Perles et Boutons: bijoux et accessoires, Paris: Tana editions, 2005.

作り方は文章で簡略に説明されているのみですが、作品の写真を見ているだけで、いろいろ勉強になります。

b0210850_8212986.jpg


By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-04-23 08:22 | お店 | Trackback | Comments(4)  

お掃除モップ

お掃除モップを作りました。

市販のワイパーにつけられます。作り方は手芸の投稿サイト「アトリエ」で見つけました。
検索「モップ」で出てきます。

b0210850_14214835.jpg


つけると裏はこんな感じに、もこもこ。

b0210850_14231560.jpg


表はこう。

b0210850_14243068.jpg


長編みの格子編みと、リング編みで

以前作った「アクリルたわし」で、床もふいてみたくなったのです。
それで、最初につくったのがこれ。

b0210850_14275170.jpg


ほこりをキャッチしやすいように縁編みをつけて、ただモップの下に置くだけの
簡単モップーーというより、ぞうきん?

もっと使い勝手のよさそうなものはないかな?と探して、たどりつきました。
考案された方、すごい!

リング編みは初めてだったので、面白かったです。
からぶきで、床のほこりがよく取れます。

おまけで、ミニミニのリング編みたわしも作ってみました。

b0210850_14322141.jpg


リング編みは、いろいろ応用できそう。
もふもふした感じがかわいいな。

ほんとうはドミノ編みをしているはずなのですが、”裏メニュー”で、こんなことをしていました。

棒針編みにちょっと疲れた時に、がしがしザクザク、こういうかぎ針編みをするのも
楽しいです。

By ふく
[PR]

by amis-paris | 2011-04-22 14:53 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(9)  

スパンコール入り帽子、編み図つき

日曜日にできた手提げバッグにおそろいの帽子を編んでみる。
模様はバッグと同じ。
バッグと同様に、スパンコールとビーズ使い。
b0210850_8134641.jpg

「わ」の作り目から、立ち上がりの鎖目3目、続いて「わ」のまわりに長編みを16本入れた。
そのあと、長編みで各段増し目をしながら7段編む。
続いて、バッグと同じ、長編みの引き上げ編み、ピコット編み、玉編みを使った模様をはじめる。
ここまでの編み図はこんなかんじ。
b0210850_8141281.jpg


玉編みそれぞれにはビーズが一つづつ入っている。
最後の二段は増し目をして、ブリムをつくる。
b0210850_8144612.jpg


最後の三段の編み図はこんなかんじ。
超下手くそでごめんなさい。描いた本人にしか分からないですね。。。
b0210850_8151789.jpg


かぶった時のシルエットが分かるかと思い、本人による本人の着画も撮ってみた。。。

b0210850_20381514.jpg

b0210850_20383365.jpg


By AB

Creative Commons License
Lacy hat with beads and sequins by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
Permissions beyond the scope of this license may be available at http://amisparis.exblog.jp/.
[PR]

by amis-paris | 2011-04-21 08:25 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(4)