<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

小銭入れその後

昨日Tricoting!ワークショップで作った小銭入れ。娘の注文のままに目のような★ボタンと青い鼻をつけたけれど、やっぱしなんかさみしくない?ということで、残りの糸でヒゲと口をつけてみました。
b0210850_539256.jpg


今の今まで、子供向けのものって作ったことがなかった私。ネコの顔を作りながら、まじですかーなぞと思いながら、結構楽しんでいる自分を発見。子供、大喜び。

やっぱり数時間でできちゃうものは小さな満足を積み重ねられていいね。1年間かけてセーターを編み終わったので、しばらくは小物で行こうかな。

By Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2011-10-31 05:43 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(1)  

Passy Plazaのイベント参加報告

以前Ayuさんにご紹介いただいたPassy PlazaのTricotingイベントに参加してきました~♪。

Ayuさんのご案内の時から、なぜか結構大規模なイベントだと思い込んでいたのですが、何のことはない、土曜日の朝は参加者が4-5人しかいないアットホームなものでした。(やっぱりフランスは朝がゆっくり始まるのよね。どんなイベントだって、朝一番に行けばまずまずすいているのです)

さて、ショッピングセンターのエスカレータを下りると、そこには小さな小さな黒い丸テーブルを二つくっつけただけの、2メートル四方くらいの小さなスペースが。そして、「コーチ」の先生と、生徒のマダム(写真右)およびそのお子さんのあわせて3人のみ。

Ayuさんがご紹介くださったとおり、先生のお名前はカミーユ・デュプイさんといって、こんな方で、こんな作品を作っています。赤いフレームのめがねと古着ワンピースがチャーミングな方で、何よりとーっても感じの良い方でした。私が編むのに夢中で写真はあまり撮れなかったのだけど、この真ん中でうつむいている方がそうです。
b0210850_6514414.jpg


到着すると、まずは予約の有無を聞かれます。一度に6人だか8人(忘れた、失敬)までしか受けられないそうで、今朝みたいに少ない時はOKですが、土曜の午後のように混む(らしい)時には予約をした人が優先だからです。次に編み物のレベルと作りたいものを聞かれます。Bergere de Franceの協賛ということで、同社の編み針(すべて竹!先週のフィルダーのイベントは金属でちょっと編みづらかった)と毛糸が置いてあります。そこから編みたいものに合う糸と針を選んでGo!となるわけです。

今回は子連れだったこともあり、子供の希望を入れて、簡単に作れそうな「小銭入れ」を選びました。隣のマダム(経験者)は何だか難しそうなオリジナルのショールかマフラーのようなものに挑戦中。後から来た中学生(初心者)は先生の見本の中から「ハート」を選んで編んでいました。

隣のマダムと私は「目の作り方及び編み方」がとても似ていることにお互いびっくり。以前のアメリカ編み、フランス編み、の議論(この回のコメント欄参照)にもありましたけど、編み方が酷似していることに気づいたので、私はその昔の日本で編み物を習ったこと伝えました。彼女(フランス人)はおばあさまから学んだお母様に教わったこと、そしてそのおばあさまという方が、ベトナム(インドシナ!)に住んでいる時に編み物を習ったこと、などの歴史を教わりました。やはり気になる、各種編み方の伝播経路。。

ちなみにうちの子供が糸やらデザインやらを選んで私が作った小銭入れ(?)はこちら。ボタンを目玉みたいにしちゃうとか、この茶色にこの青のボタンを選ぶか!みたいなところ、子供の感覚ってとーってもおもしろい。
b0210850_70049.jpg


まだ編めない子供用にはポンポン作りがありますが(Ayuさんのお嬢さんは相当ポンポン名人になった、と伺っています)、5歳なりたてのわが子にはまだまだ難しく、めちゃくちゃになったうちの子のポンポンを、カミーユ先生が、「あらぁーこれは悲惨なことになっちゃったわねー」などと大げさにコメントしながらも、にっこり笑ってフォローして、かわいく仕上げてくれたのでありました。先生の後ろ姿(すみません、素敵な写真なくて)と、かわいく仕上げてもらった赤とベージュと金のポンポンが机の上に見えますか?

b0210850_752731.jpg


このイベントは11月9日まで、水曜と土曜の開催で、10時から12時と14時から18時です。予約はこちらから。

初心者が来た場合には、目の作り方から、懇切丁寧に指導していましたよ。でも、30分ごとの予約ですから、混んでいる時間で8人とかいた場合には、個々人の先生独占タイムは限られてきます。初心者の場合には午前中ですよ、午前中。やっぱり。

By Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2011-10-30 07:26 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(3)  

いきあたりばったりセーター完成!

一年ががりで、やっと夫のセーター完成しました。
なにせでかいので、根気が続きません。

最初、濃いグレーを夫のセーターに使おうと決める。
それだけでは足りないので、、黒を足してストライプと安直に決めるけれど、
お腹まわりが大きな人に細めのストライプって、太さ強調?と思うので、
縦の腺が入るように、引き上げ編みをプラス。
これで、メリヤス編みだけの単調さを回避し、同時に目数、段数が数えやすくなります。
編んでいるうちに、濃いグレーだけでは足りないことにきがつき、薄いグレーを追加。
b0210850_4483210.jpg


出来上がりの感想。
もうすこし身頃を長めに作ればよかった、、、と。
袖は、短すぎてはいけないと思っていたら、少々長い。
とにかく、男物のセーターは単調で長い長い道のりです。


下は、2年前に編んだ娘のセーター。
物語「3匹のくま」の最後の場面。
寝入ってしまった女の子が目覚めてびっくりするところ。
当時はかなり大きかったのに、
今、ぴったりサイズになっているのに気がつきあわてて着せました。
確か、勢いで10日ほどで編めました。

b0210850_52088.jpg


上のセーターを編んだ直後に、残り毛糸で編んだ子供の手袋。
小さい手の5本指の手袋はけっこうやっかいでした。
これは、編んですぐに使い始め、2冬越したので、かなり痛んでいます。
次の冬を越したら次の手袋を作ることになるでしょう。

b0210850_6525058.jpg


正直なところ、娘のものや自分のものを編むほうが、色もきれいだし、数段楽しいです。

Ayu
[PR]

by amis-paris | 2011-10-28 07:12 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(4)  

チャリティニットカフェ参加しましたー♪

Ayuさんがご案内くださったチャリティニットカフェに参加してきましたー。

開始時刻の3時を多分15分ほどまわったくらいだったと思うのですが、あっという間に満席になっていて、Ayuさんが先に到着していてくださらなければ「1時間待ち」くらいの世界でしたが、おかげさまで駆け込みセーフで参加させていただきました。

スポンサーブランドのスムージーのボトルに20万個のニットキャップ付き限定販売バージョンを作る、というプロジェクトなのですが、そのための編み物ボランティアが次から次へ、まぁよく集まって、カフェは常時「満員」状態で、みんなで編み編みしたのでした。
b0210850_651646.jpg

若者からお年寄りまで各年齢層の主に女性が集まって、みんなでニットキャップを編み編み、編み編み。
このドリンクメーカーの人たちと、毛糸メーカーの人たちが回ってきては、飲み物や毛糸や編み編み用具などを配ってくれます。
b0210850_673988.jpg

窓際に並べてあるいくつかのサンプルボトルを見て、中で編み編みしている私たちを見て、通行人たちもおもしろそうにじーっと見ていきます。。私なぞ、基本の形に毛の生えたような縞々やらベーシックな模様どまりでしたが、中には何個も何個も何個も。。こんなにいろんなものを作っているマダムやら…
b0210850_694419.jpg

キャップをさかさまにして、鳥の巣の形にし、なかに鳥を入れてしまうというクリエイティブなアイデアを出している人やら(ピンがずれていて本当に残念)…
b0210850_6111572.jpg

プロジェクトのサイトに行くと、いろんな素晴らしい作品のギャラリーがあって、ほかの人がどんなものを作っているのか見ることもできます。

最終的には2-3時間の間に師匠Ayuさんと私、Nさんの3人で6点を作ってちょっとだけ貢献してきました。恥ずかしながら作品展示。
b0210850_6454158.jpg

ちなみにここに写っているフォークは何かというと。。ご覧のようにポンポンを付けるデザインが多いのですが、フランスの人たちは即席でフォークでポンポンを作ってしまうのでした!フォークにぐるぐると40回ほど毛糸を巻きつけて(By実験をしてくださったNさん)、真ん中の歯のところでしばり、端を切ってできあがり!おもしろすぎる…Nさんがポンポンプロと化してたくさんポンポンを作ってくれました。ありがとう。

ちなみに来週もやっています。Ayuさんの下記コラムから予約フォームに飛べますが、予約はしていったほうがよいです。そして、1)到着は早めに。2)中は暑いので、「脱げる」服装で、3)「手ぶらでOK」はその通りではあるのですが、できれば以下のものを持っていくと、作品づくりがスムーズにいくこと、請け合いです。
1)はさみ 2)とじばり 3)ポンポンを作るための小道具(なくても、フランス風にフォークでチャレンジもいいですけどね!)

使った毛糸を帰り際にいただいて持ち帰ったのはちょっとしたボーナスでしたが、何より、同じ趣味を持つ人たちが、同じチャリティのために貴重な土曜日に集まって、それぞれのデザインやクリエイティビティに刺激されながら、それぞれがそれぞれなりのレベルでちょこちょこ編み物をするって、とーっても楽しいの!

みんないい気分で帰りました。来週も行けるといいな。

By Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2011-10-24 06:33 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(1)  

チャリティ ニットカフェ

編み物イベントがあちらこちらで開催されています。

今回は、ドリンク企業 Innocentの企画する「ニットカフェ」です。

プロジェクトの案内はこちら

ドリンクに、手作りの小さなニット帽子bonnetをかぶせて値段を0.2€アップして販売し、
その分の売り上げを、貧困、孤独な高齢者を助けるアソシエーションに送る、というプロジェクトです。

毛糸、道具は、毛糸メーカー、Philderフィルダーが提供するので、手ぶらで気楽に参加できます。

知り合いが参加し、「とても楽しかった、企業の宣伝、という嫌な雰囲気ではなかった」、と編み物フォーラムで報告していました。




10月の土曜日午後 22日、29日の 15時から18時まで
私は22日の参加申し込みました。

予約フォームがありますが、予約なしでも参加は歓迎、だとのこと。


場所 
Cojean Louvre
3 place du Louvre 75001 Paris

天気がよければ、外の広場でも編み物できるそうです。


遠方であったり、日程があわないけれど、家で編んでプロジェクトに参加したい人には
企業が毛糸を送ってくれます。作品をつくって11月5日必着で送り返す義務があります。


編み物のレベルは、ガーター編み、もしくはメリヤス編みができれば困らないでしょう。
仕上げができなくても、まわりのメンバーが手伝ってくれるはず。
大きさの企画はありますが、デザインは好きなようにアレンジできます。


今、チャリティといえば、私たちはまず日本の被災地のことを考えますし、今後も被災地支援の活動に参加してゆくのですが、ここフランスで、いろんなスタイルの支援活動をのぞいてみるのも参考になりそうです。

日ごろ「フランス人はもう~」とため息をつくことが多いですが、私の場合、編み物好きの仲間とだけは、気楽に過ごせます。

次の編み編み会まで、待ち遠しいみなさま、お時間がつくれるかた、ご一緒しませんか?

Ayu
[PR]

by amis-paris | 2011-10-18 14:11 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(1)  

編み終わりました~

あぁ長かった。去年の12月からぼちぼちと編み始めたこのセーター。ようやく編み終わりましたー。
b0210850_5294220.jpg

途中で「針なくす」事件があって前身ごろと後ろ身ごろの針がビミョーに違っていたり(日本の針の号数とフランスの針の号数の違い?)、「20ウン年前にいただいた毛糸がなくなっちゃった」事件があって、袖をオリジナルの長袖から半袖に変更、毛糸のグラム数をはかりながら綱渡りで編み終える、といったハプニングがありましたが、この日を迎えることができてまずは感無量です。

後日談として、編み終わりに近づいたころになくなった「はず」だった毛糸を発見…したんです。ても、ほどいて編みなおす根性はなかったので、もう、半袖でよし、としました。ということで、ちょっと残ったから、おそろいの小物を何か作ろうかしら。。

さすがに1年近くも同じ作品を編んでいると、「見たくないよー」と思う時もありました。自分だけだときっとここまで来られなかったと思う。だって、ほとんど編み編み会のある時にしか編まなかったから、月一回くらいしか触らなかったということなのよね。家ではまったくさわらなかった同じセーターを、前の月の編み編み会で編んだところの続きからゆっくりと編んでいるばかりだった亀のような私をいつも温かく支えてくれてありがとう!

次は、早く編み終える小さいものがいいなー。

By Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2011-10-17 05:39 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(4)  

アトリエ tricoting !

パリは気温が下がり、編み物シーズン突入しました。

友人から仕入れた、編み物イベントのご紹介です。

16区、ショッピングセンターPassy Plazaの地下1階、
おもちゃショップLa Grande Recreの目の前。

10月15日から11月9日までの 水曜日&土曜日に、無料の編み物アトリエが開催されます。

Tricoting とは
編み物(tricot)と コーチングを掛けた造語。
編み物を教えてもらう、と言う意味で使われています。

時間は、毎回 10時から12時  14時から18時

アトリエは30分おきで、予約はここのサイトにて

毛糸メーカーのBergere de Franceの協賛で、デザイナーの Camille Dupuisが主催します。

アトリエで使うBergere de France の糸は、同じショッピングセンター内の、
手作り材料のお店、Loisirs & Creationsで入手できます。

何を作ったら良いのかアイデアが欲しい初心者におすすめ!

正直なところ、編み針を全くもったことがない人が30分で作品を作るのは大変そう。
編み編み会のみなさまのように、編めるかたのほうが十分楽しめると思います。

かくいう私は、一度偵察にいってみたいです。 by Ayu



10月15日 追記。

今朝、午前の一番で友人たちがそれぞれ子連れ(4、5歳児)でアトリエ参加しました。
子供たちも、編み物ができなければポンポンを作らせてもらえたり、親子ともども十分楽しんだとのこと。
朝一番で人がいなかったので、1時間半滞在し、アトリエ主催のデザイナーさんとも
おしゃべり楽しめたそうです。お昼近くからは混んできたそうです。
対象は、編み物初心者ですが、針の持ち方からスタートする人ばかりだと大変なので、
多少編める人がいくと、アトリエのレベルも上がり宣伝になるし(笑)、
デザイナーさんも助かるでしょう。
[PR]

by amis-paris | 2011-10-13 10:52 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(4)  

           10月編み編み会開催!

 編み編み会、10月の会合が1日、パリの真ん中、Hotel de Ville近くのカフェで開かれました。

 このカフェ、今年2月に発足した「パリ編み編み会」の初会合が開かれた場所でもあります。
2階席にはソファーがあり、週末にはいつも混んで、場所取りが大変なのですがーーー

b0210850_4175625.jpg


 この日はがら~ん・・・。

 なぜ??

 実はこの1週間、パリは夏の陽気。気温が夜になっても下がりません。太陽サンサンのテラス席は、日差しを浴びるのが大好きなパリっ子たちで込み合っているものの、室内は人気がないようで・・・。

 編み編みメンバーにとっては思う存分、編み棒を動かせるというものです。

 今日の出席者は、Ayuさん、ABさん、MamanMiaさん、と、私、ふく。

 Ayuさん、いつもながら、あざやかな手さばきで、写真に撮ると手がぶれてる!
早い早い。手元を見ないでどんどん編んで・・・。

b0210850_4185726.jpg


 この作品は、ご主人のセーター。模様はどうやって決めたんですか?
「ストライプにすると、段数が数えやすいでしょう?編みやすい図案にしたんです」とのこと。
なるほどー。

b0210850_4193958.jpg

 
 ABさんは、秋色の帽子。クラウンのトップ部分を編み始めたところです。
モチーフをつける予定だそうです。いつも素敵なオリジナル作品を次々と完成させているABさん。
どんな帽子になるのかとっても楽しみ!

b0210850_4203490.jpg


 MamanMiaさんの大作は完成間近です。
「うーん、でも暑い!セーターをのせてる膝の上が暑い・・・」 そうなんです。この陽気で毛糸をさわるのは
ちょっと勇気が要ります。でも、編み編み会はへこたれずに頑張るのです!

 で、ふくは・・・・実は、初めてアクセサリーに挑戦していたのです。アクセサリーの大御所、ABさんに触発されて。白いレース糸でお花のラリエットを編みだしたのですが・・・難しい・・・白いもじゃもじゃしたものになっており、お目にかけるのはもう少し先にしてもよろしいでしょうか。(気弱)

 さて、手も動けば口も存分に動いて、楽しく”編み編み”を終了し、その後はマレ地区へぶらぶら移動。

 
b0210850_4214327.jpg


 この日は毎年パリ市が主催する「La Nuit Branche」。アートイベントが市内各所で催され、現代アートを楽しめる夜の祭典。(パリと姉妹都市の京都でも「白夜祭」と訳されて、同じ日に初めて開催されたそうですね。)
しかも、今年は10周年とあって、真夜中だというのに、通りは人人・・・。公共交通機関も終夜運転してくれるとはありがたい。

b0210850_4223053.jpg


 ということで、マレ地区に詳しいABさん、MamanMiaさんとおしゃれなビストロへ。

 パリの雰囲気いっぱいの場所で、楽しい夜は更けていったのでした・・・・。 By ふく         

                                                       

 さて、次回の編み編み会のお知らせです。

 11月5日(土曜日)の午後を予定しております。2時ごろから5時ごろまでです。
初心者の方、ちょっとのぞいてみるだけ、という方も、大歓迎です。
 ご興味がおありの方は、amis-paris@excite.co.jp までご連絡ください。集合場所など詳細をご案内いたします。
[PR]

by amis-paris | 2011-10-03 04:50 | パリ編み編み会 | Trackback | Comments(6)