<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

編みぐるみその2

ここ数日、パリに突然夏がやってきました。3月に一瞬暖かくなった時は、すぐに寒さが戻ってきたので冬物衣類をしまえませんでしたが、この連休は一気に夏服を出さねばならず、大わらわ。これでようやくダウンやウールのセーターがしまえそうです…てか、その前に一気にウール洗いをしなければなりませんが…。

前置きが長くなりましたが、毛糸を「見るだけで暑い」シーズンに突入してしまった予感なきょうこのごろ、先日の編み編み会で(何ヶ月もかけて)完成した編みぐるみ(ウサギ)の第二弾、犬が完成しました。
b0210850_5563049.jpg

先日の会合で半年くらいかかってようやく完成したウサギを子供にやったところ、とても喜んでくれたので、何だかやる気がふつふつと沸いてきてもう一つ一気に編み上げ(単純)。なーんだ、やる気を出せば数日であっという間にできるんじゃーん、という感じです。

でも、手芸屋さんに足を運ぶ時間がなかったため、この犬の中には相変わらず薬局で買った普通のコットンが入っており、多分洗えない(涙)状態なので、ほとんど長期的な視点はなしで勢いだけで編んじゃったという感じです。こういう場合、どうすればよいのでしょうか。。すごく汚れちゃった場合に洗濯機に入れたりすると、どうなっちゃうんでしょうか??ちょっとこわいけど、知りたい。。
b0210850_5591881.jpg

皆さんがバカンスに旅立たれる前に、6月会をやりたいですね。御都合のほど、お知らせください。日程調整してまたアップします。

by Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2012-05-29 06:03 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(3)  

編み物でボランティア amis sans frontieres ASF

昨日は編み編み会で話題にしたアソシエーションの話です。

フランス各地、ベルギー、モルダビアに支部がある、
アソシエーション(非営利団体) amis sans frontieres に、
赤ちゃんニットを、恵まれない母子に贈る、という活動グループがあります。

知人ニコルがパリ支部のまとめ役をしているので、私もたまに編んで寄付したり、
赤ちゃんニット向きの毛糸を寄付します。
また、パリ20区の会場で、火曜日と木曜日の午後14時から18時まで、
例会があり、活発に活動をしています。
私は、例会には参加したことないですが、彼女たちとはオペラ座近くのスタバでの
土曜の午前のニットカフェのグループでご一緒しています。

昨日の参加者Aさんの義理母さんが、編み物ができるのに貰い手があまりいない、
という話をうかがい、そういうかたにこそ、是非紹介したい、と思ったのでした。

フランスの各支部の責任者の連絡先はここです。

メールアドレスははここの中央の四角をクリック。
各支部担当者の電話番号は、左のコラムの 
ou trouver notre associationをクリックすると県のリストがでるので、
パリ支部のニコルの電話番号は75をクリックすると表示されます。

フランス在住のかたはご存知だと思いますが、住所を言うのに
郵便番号の上二桁の数字を用います。パリは75県です。

編まれた作品は、色や雰囲気を統一するように組み合わされて、
ソーシャルワーカーが届けます。

赤ちゃんニットセットの内容は

brassiere (カーデガン)
bonnet (帽子)
chaussons 靴下というより、ニットのミニ靴
doudou (ぬいぐるみで、フランスだとずっと子供が持ち歩くものを指します)
couverture(おくるみ)

また、ニットのカーデガン、セーター、ズボンも歓迎

スタイ(これは、ソーイングで作ります)

偶然ですが、現在、募集強化キャンペーン中で、
そのページ(PDF書類)に赤ちゃんニットの写真があります。

フランスは7、8月のバカンス中、長期に旅行に出る人が多いので、
その前に大募集しているのだと思われます。


サイトには、大人向けのニットも募集とありますが、パリ支部は赤ちゃんニットの
ニーズが多いので、募集しているのは赤ちゃんニットのみです。

サイズは、3ヶ月と6ヶ月のものを募集しています。デザインは自由。
かぎ針編みでも棒針でもOK。赤ちゃん向きのきれいな色が喜ばれます。
セットで編む必要はなく、各自作りやすいものを編んでもらえればいい、ということです。
自前の毛糸でもいいですし、例会に参加される方は
アソシエーションに集められた毛糸や道具を使うことも可能です。


さて、活動としてはチャリティですが、編み手にとっては、
趣味、志を同じくする仲間、友人をみつけるまたとない機会になっています。
身につけた編み物の技術が人の役に立つのであれば、生きがいにもつながります。

正直、在仏10年以上たっても私はフランス語も、
街でみかける気難しい典型的フランス人女性も苦手ですが、
ここに参加しているマダムたちは本当に親切で気楽に接することができます。

もし、ご質問、お問い合わせは日本語でしたらこちらのブログのアドレスに。
フランス人に紹介するのであれば、リンクしたサイトをご利用くださいませ。

Ayu


追記:リンクの不備をご指摘いただいたので、ついでに少し書き加えました。
[PR]

by amis-paris | 2012-05-14 13:18 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(3)  

2012年5月編み編み会

直近のご案内で恐縮でしたが、4人が集まって、5月の編み編み会をいつものカフェで本日、開催しましたぁ。

このところ気まぐれだった太陽が、おぉぉぉっっ!!さんさんと照りつける5月晴れの今日。外で編むにはちょっとだけ肌寒かったので会はカフェ開催にしましたが、さすがわかりやすいパリジャン・パリジェンヌの皆さんは、太陽が出るやいないや、全員テラス席にお出ましになり、カフェの中の席は「ガラ空き」。こうなると席を取りに早く行く必要もまったくありません。

15分くらいの時間差でみんな同じくらいの時間に着いた私たち。注文も時間差でした。でも、なぜか、なぜか、4人全員が注文したのが「チーズケーキ」のケーキセットです。パリに生活していると、意外にもチーズケーキってそう頻繁にお目にかかれないんです。しかも、ここのチーズケーキは、大きいけど、食べてみると思いの他軽くって、甘すぎなくって、本当においしいの!よくよく観察してみると、ウィンドーに占める展示スペースも他ケーキの倍以上あり、ここの看板商品であることが伺われます。4人が4人、そろって注文したのがおかしくて、今日は写真を撮ってみました。それにしても、何でフランスってケーキは必ずスプーン、なんでしょうかぁ?どなたかご存じの方、ご教示願います!
b0210850_5491677.jpg

さてさて、「とじはぎ嫌い」Oさんは、、先日からの続きのとじはぎなし(シームレス)ラベリーカーディガンを編み編み。お友達作というきらきらのカルジェルネイルで、ともすれば体育会系となりがちな(笑)テーブルに花を添えていました。
b0210850_5253957.jpg

自称「初心者」Aさんは、スペインのブランド「Katia」のベージュの変わり糸を使ってタンクトップの作成です。日本の誇る「百均」で購入されたという大型棒針でチャカチャカと編んでいました。こういう変わり糸は、シンプルなメリヤス編みが映えますね!
b0210850_5291160.jpg
b0210850_529522.jpg

毎回編んでいるものが違う師匠、Ayuさんは、今日は「松編みのカーディガン」です。こんな作品を見本にしてはいますが、師匠のことですから、必ずご自身でアレンジが入ることでしょう。
b0210850_5324962.jpg

そして、その毛糸が圧巻!業務用コットンのコーン糸、1キロ近い玉をどーん!とお持ちになりました。一玉50グラムと考えると、18玉くらいになるそうです!「重いので」リュックでの登場でしたが、そのリュックもお得意のソーイングでの力作、「小さく丸めちゃえる」お買い物バッグみたいなリュックでした。さすが師匠…。
b0210850_536769.jpg

松編みというのはこういうのです。
b0210850_5371241.jpg

かく言う私、本日、ハレテ編ミグルミウサギ完成!思ったより時間がかかってしまいましたが、仕上げることができてハッピーですぅ。
b0210850_5391332.jpg

本日も全員で確認したんだけど、安らげるカフェで、おいしいケーキ&お茶を飲みながら、たわいもないことをおしゃべりしつつ編み物を楽しむって、それだけで、とってもハッピーだわ♪

次の会合は、もう少し早めに連絡しますが、次回は多分、外で編み編みできそうです!

by Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2012-05-14 05:46 | パリ編み編み会 | Trackback | Comments(3)  

無料編み物アトリエ BHV

パリでDIY(do it yourself)をする人にとってとても便利なデパート、リヴォリ通りのBHVにて、
現在、無料の編み物アトリエが6月2日まで開催されています。

お店のサイトに載っている特別アトリエは、すでにどれも満席ですが、
そのほかに、水曜日、金曜日、土曜日の午後14時から17時ごろまで、
4階のレジの前のスペースで気楽な編み物アトリエが開催されています。
協賛は毛糸メーカー、フィルダーです。

短時間で編めるように、極太い糸でのストールや携帯が入るポーチなど。
眺めているだけで担当のマダムから「やってみない?」と声をかけられるので、
まずは覗いてみてからでもいいでしょう。

特に、全く編み物をしたことがない人に針のもちかたから懇切丁寧に教えるのが目的かも。
編み編み会の皆様のように、おしゃべりしながら編める人向きではないでしょう。

その横で、ソーイングアトリエ(パフのミシン使用)もあり、要予約のようです。
BHVの手芸売り場mercerieにて受付。
アトリエの周りに、きれいなリボンや端切れが売られていて、賑やかです。

編み物担当マダムとおしゃべりしていたら、通りがかりの年配のご夫婦が
「私たちが子供のころは、学校で編み物の授業があり、男子生徒も上手に作ったのよ」と。

今のフランスの学校教育では、家庭科はないそうです。
学校で手仕事を教えてもらえる、というのは、のどかで良き時代でしょうね。

Ayu
[PR]

by amis-paris | 2012-05-13 13:41 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(1)  

5月編み編み会は5月13日(日)の開催です

直前告知で恐縮ではございますが、5月の編み編み会はあさって13日の日曜日にいつものカフェで行います。時間は午後3時~6時くらいの予定ですが、通常、場所取りのために誰かが(私?)早めに到着しています。

昨日のようなお天気でしたら外で編もうかな、と思ったんですが、どうも今日から気温は下がりめだし、雨が降ったりやんだり不安定なので、カフェで。

新規に参加ご希望の方はamis-paris@excite.co.jpまでメールでご連絡くださ~い。

あそこのケーキはなかなかやみつきですよ~。

by Maman Mia

P.S. 先月の会合以来一針も進んでいないウサギ、今度の会での完成をめざしますっ!
[PR]

by amis-paris | 2012-05-11 16:33 | パリ編み編み会 | Trackback | Comments(2)