「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

12月編み編み会報告

今年最後の編み編み定例会が昨日開催されました。

ちょうどこの時間、パリではバスチーユからリュクサンブール公園まで同姓婚の認可を求めるデモの真っ最中。まぁ、こういうデモもパリの風物詩の一つ。みんな慣れたもので、デモしている人もお祭り気分で参加しているようです。カフェの隣の道もこのルートにあたり、時折楽しそうな音楽が聞こえてきました。

さてさて、編み編み会の方はオトナ5人と子供3人の参加で、いつものカフェで実施しました。みんなそろってチーズケーキを食べつつ編み編みする、いつもの風景の中、久しぶりの参加のSさんは自分のための帽子を編み編み。
b0210850_546161.jpg
先月に引き続きスペイン語のパターンでチャケータを編むAyu師匠。ずいぶん進みました。(ちょっとフラッシュで色が実際より明るく見えますが)
b0210850_5473253.jpg
それからM師匠は輪針でお子様用靴下を二足同時進行で編み編み中。確かにこうやれば左右のサイズが違ったりしなくていい、という理屈は、わかる。でも、この飛び出たコードは何だ?と疑問に思う私でした。
b0210850_5483864.jpg

かく言う私は家族へのプレゼントにABさんの置き形見(?)であるステキな毛糸を使って首巻と帽子を編み編み。帽子は輪針で編むと楽だろうな…で、でも、Knit Proの一番短いループを使っても帽子の大きさより大きくなっちゃうよぉ、ダメだなこりゃ…とつぶやいていたところに、Ayu師匠にM師匠と同じ編み方で編めばよい、と言われました。
b0210850_6274146.jpg
これ、実は「マジックループ」という技。要は「長い輪針のコードの余分なところを編み地の目と目の間からぐっと引き出してしまい、あたかも短い輪針であるかのように使う」という方法です。この定義のところ、こちらのサイトからいただいちゃいました。うん、何となくわかる気がしますか、でも本当はどういう意味だろう、って思いませんか?
こちらのサイトのビデオは、アメリカ人らしい「これでもか」のシンプルさで、マジックループの意味を教えてくれます。それからこちらもわかりやすいかと。私も最初は目がねじれてしまったり針を持ち替える感じがよくつかめなかったりでちょっと失敗してしまいましたが、編み進めるにつれて慣れ、最後は加速して夜には帽子も完成!クリスマスプレゼントがまた一つ完成したのでした。。ABさん、ありがとう!おかげさまでとてもステキなプレゼントができました。
b0210850_6182829.jpg

さて、「遠くまで毛糸を買いに行っていて」遅れて参加となったAyaさんは、「小さなバッグ」を編む予定だとか。「ABさんが電車の中で教えてもらった編み方」を探して、まずはWiFiでウェブサイトサーチから始めていました。抹茶シェイクのような色が安らぎます。
b0210850_744682.jpg


さてさて、暑い国にお引越されてもまだ、伝説となって残るABさんのサイト、参考にしている方は多いと思います。来月はそのABさんが、暑い国からフランス一時帰国の予定です。そのご都合にあわせて、編み編み会は「平日の昼間開催」という新しい境地を開く予定です。1月24日木曜日、お昼の12時より開催予定です。ご参加希望の方はamis-paris@excite.co.jpまでお知らせください。
それでは皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

by Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2012-12-18 06:30 | パリ編み編み会 | Trackback | Comments(3)  

12月編み編み会は16日(日)の開催です

パリは年末年始のイルミネーションが各地でとてもきれいです。。。でも、寒い!こんなときはやっぱりあたたかい毛糸を手に取って、ホットチョコレートなぞ飲みながら時間を忘れて編み編みしたいですよね。。

今月の編み編み会ですが、16日(日)の午後3時頃~6時頃に、パリ中心部のカフェで開催します。
参加を希望される方、メール下さ~い。

amis-paris@excite.co.jp

今年もあっという間に終わりが近づいてきました。

この忙しい時期、お体に無理のありませんように。

by Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2012-12-11 19:35 | パリ編み編み会 | Trackback | Comments(0)  

11月編み編み会開催報告

ご報告が遅くなりましたが、11月の編み編み会は、最終週の日曜日に実施しました。

いつものカフェに参集したのは、オトナ3人、子供1人と、今回は小規模な会。(ま、ショートノーティスでしたので仕方ないですね。許してください。)

初参加のMさんは、編み物を教えていらっしゃる(!)という方!Ayuさんに次ぐ「師範級」の登場です。嬉しい!今はこんな細かい模様のボレロを編み編み中です。ご本人曰く、「もう片袖で完成というところで、糸が足りるか微妙な状況」とか!あぁこれは私も経験ありますが、ビミョーですよねぇ。特に古い毛糸を使っていて、「同じロットのを買い足せば良いじゃない」とか気軽に言えない時!!!どんな作品になるのかな、楽しみです。
b0210850_5323925.jpg

いつも3つも4つも同時制作している師匠1号、Ayuさんは、今回はスペインの雑誌で見つけたジャケット(スペイン語で「チャケータ」って、なんか響きがかわいい)を紺で編むとのこと(写真手前)。
b0210850_8394998.jpg
b0210850_8485568.jpg
もう一つ、写真奥で編んでいるのは、先日アトリエを開催した七字さんの薄いグリーンのモヘア(たけのこですって!)で、もう一色の竹染めグリーンとの2トーンで「リーフ模様のマフラー」(ラベリー)を編んでいました。
師匠の中に混じって恐縮な私は子供のために首巻を今年も編み編み。で、編み終わったのですが、子供が「ちくちくするからいや!」と拒否し、結局ダンナに行きました。
b0210850_843348.jpg
Ayuさんちのお子さんは、出がけにリカちゃん人形に着せるコートをフェルトで作ったとのこと!この年齢でこんなに器用にデザイン、裁断、縫い合わせしちゃえるって、やっぱり「門前の小僧」なのかしら…。驚愕!そして大拍手!
b0210850_8454744.jpg

[PR]

by amis-paris | 2012-12-07 08:51 | パリ編み編み会 | Trackback | Comments(0)  

あやとりマフラー ワークショップ参加

もう12月ですね。

報告遅れましたが、11月、七字良枝さんの草木染の毛糸展でおこなわれた
あやとりマフラー作成のワークショップに、子供たちも参加しました。
b0210850_18201436.jpg


ギャラリーの中には色とりどりの毛糸が並んでいます。
b0210850_18215059.jpg


参加者は日本人大人2名、フランス人大人2名、そして6歳の娘と7歳のお友達。
あらかじめ、必要量の糸と説明が入ったキットのなかから、色を選びます。
こういう寒色系のキットもあるのですが、子供たちは迷わず暖色系のキットを選びました。
b0210850_18225056.jpg

鎖編みのみでできる作品、なので、参加者もかぎ針はじめて持つ人が半分以上でした。

7歳のSちゃんが左利き、とその場で知り、見学に来られていた左利きのMさんに
急遽、左利きでのかぎ針編みの指導をお願いしました。
不思議なのは、Sちゃん、左手での鎖編みをマスターした後、右手に切り替えていました。
今後、彼女は両手で編めるようになるかもしれませんね。

数をかぞえ引き抜き編みでつないてゆき、ネット状のマフラーをつくってゆきます。
完成すればこんな作品になります。
b0210850_18235913.jpg


面白いのは、子供たち、家庭では集中力それほど長続きしないのに、
皆が編み物していると、かなり集中できるのです。
2時間のワークショップがあっというまにすぎてゆきました。
b0210850_1825766.jpg



その日のワークショップの様子は、七字さんのブログをご覧ください。


by Ayu
[PR]

by amis-paris | 2012-12-04 18:31 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(3)