<   2014年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

編みかけ作品 ひとつ終了

大掃除の回でご報告しましたが、「編みかけ」で段ボールに放置されていた作品が発見されました。そのうちひとつが去年(引越し前)に作っていた、憧れのラ・ドログリーのレシピ。2012年のサンタさんにもらい、2013年始めころより編み編みしていた作品です。

もともとはLe Poncho Clissonというのを編んでいました。編み終わって、紐を通して縛ればできあがり、というところまで行き着いていたのですが、あらためて着ると、どうも、似合わない。

きっとモデルが悪いのだろうとは思いましたが、このたびしばらくぶりに再発見した暁に、思い切って同じレシピに記載してあったL'etole Ribeauvilléというショールに作り変えることにしました。上記ポンチョは長方形にまーっすぐ編んで、真ん中に頭が入る穴を開ける形だったので、これまで編んだものをほどかずに(モヘアをほどくのは至難の業だし)この穴をふさぐだけでよし、としました。最後にふさいだ穴の手術跡は見えますが、ダークな色だし、首の後ろに持ってくればぜんぜん気になりません。
b0210850_2137223.jpg

これはドログリーのComèteという糸を使います。サンタさんにもらったのはOcéanという色で、ドログリーのサイト(ポンチョの方)の写真より実際は深いマリンブルー、プラス銀のキラキラが入っています。ポンチョは72センチ幅でショールは55センチ幅、との違いこそあれ、長さは両方とも150センチくらいなので、半分幅に折ればダブルにあったかいショールになりました。
b0210850_21375497.jpg
(上の写真は少し明るい青に見えますね。。。ラベリーで作品をアップしていた人の写真の方が本当の色に近いです。)
掛け目の穴によるすけ感のある模様ですが、モヘアなのであったかーい(私のはダブルでさらにあったかい)。
b0210850_21392767.jpg
…ということで、ほぼ一年ぶりに発見した未完成作品をとにもかくも仕上げました。しかも結果としてショールになったし、たまたま色も似てたってことで、Shihoyさんのポストを見てから上がっていた「ショール熱」も下がり、一石二鳥。

これで本当に私の今年のポストは終わりです。
皆様、いよいよやってきた冬将軍(=編み物日和)を最大限に活用し、素敵な新年をお迎えください。

by Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2014-12-30 21:50 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(4)  

年の瀬

こんにちは。

クリスマス前に比べて、穏やかな年の瀬を迎えています。
暖冬だったパリも、例年に近く冷え込んでいます。

10月に編んだ、雑誌FILATIのファー付きロングジレ
雑誌の写真と説明はここの下2枚の写真をご参照ください。
洗濯するうちに縮むかな、と思っていたのだけど、縮む気配はなし。
同じ編み地でショート丈のジャケットが欲しくなり、
添え糸を変えて、針を6ミリから5ミリに変え編み始めました。

b0210850_18163455.jpg


現在、前身ごろが終わりそう。まだ袖と周囲のファーがあるので
年内には編みあがらないだろうけれど年明け早々に完成させたいです。
私用のつもりですが、横から娘が「欲しい」と狙っているので、
第3作目も編むことになるかも。
この編み地は、見た目よりも簡単で段数や目数が数えやすいのがいいです。

数本どりの時には、毛糸を巾着袋に入れておくのは必須。
転がり&からみ防止になります。
この巾着袋は、蚤の市で入手。

b0210850_18194164.jpg


それでは、皆さま、良いお年をお迎えください。
今後ともよろしくお願いします。

Ayu
[PR]

by amis-paris | 2014-12-30 18:33 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(2)  

大掃除

私事ですが、2010年、2012年、2014年と2年おきに引越しをしてきた我が家では、2014年の最後の引越し以来いつまでも段ボールが片付かない生活でしたが、この冬休み、ようやく思い立って、いくつかの段ボールに分散していた編み物関係の品、特に糸を整理整頓することにしました。
BeforeとAfterを撮って比較すればよかったのですが、Beforeはあまりのぐちゃぐちゃぶりに写真を撮るのも忍びなく、撮りませんでした。Beforeの状況を説明しますと、バラバラのビニール袋や外出袋に編みかけの作品やら編み終わった作品の残りの糸やら編み図やらゲージ見本等が入れられており、毛糸は毛糸でいろんな袋や箱にいろんな大きさでバラバラに入っている、という悲惨なものでした。
今回は、「見える化」することをねらいに、糸、道具、編み図、等々カテゴリー分けし、それぞれをさらに分類して収納する、というアプローチを取りました。糸にいたっては、玉から編んで使いかけでふにゃっとなっていた(わかります?)玉をぐるぐるボール型に巻き取って、いつかAyu師匠がおっしゃっていたことを参考に「色別」に分別してみました。自分で言うのもなんですが、日本から引っ越してきた2010年以来、ずーっとずーっとやりたかったのに、これまで4年以上もやったことがなかった快挙、なんです。だから嬉しくて写真に撮っちゃった。
何十年も持ち歩いて「いつかは使うかも」くらいに思っていた毛糸はこの際ばっさり「処分」という処遇にしました。子供の学校の学童にでも寄贈しようと思います。

その結果、全体像はこんな感じ。思ったより毛糸が少なくてほっとしました。
b0210850_9164851.jpg
b0210850_9182967.jpg
b0210850_9191188.jpg

これらをプラスチックケースに入れた後に棚に戻します。

実はひそかに危惧していたのは、「編みかけ」のものがやんややんやと出てくることでしたが、実際には編みかけの作品は2つしか見つからず、ほっとしました。。(それくらい覚えていてくれよって感じですよね。。おっしゃるとおり!)

とりあえずプチ満足感が非常に高まりましたので、ご報告させていただきました。
来年もぜひ、よろしくお願いいたします。!

by Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2014-12-30 09:27 | 糸、道具 | Trackback | Comments(2)  

七字さんのジレ完成

クリスマスの祝い事が終わってほっと一息、と思いきや、クリスマスイブの家族の食事会に調子の悪い人が約一名紛れ込んでいたおかげで、翌日、翌々日にかけて家族数名が嘔吐・腹痛を訴える騒ぎとなり(誓って言いますが我が家の用意したクリスマスディナーによる食中毒ではありませぬ)、数日たってようやく事態も終息に向かいつつある我が家です。

この騒ぎ(?)で数日外出ができなくなったのを幸い(?)に、先日の編み編み会で編んでいた七字先生のアトリエ にてレシピと糸をゲットしたジレを仕上げることができました。
b0210850_1029683.jpg
んんんんんん?七字先生の見本の写真とずいぶん違うじゃない?そう、そのとおりなんです。。先生のレシピのまま何も考えずに編もうとしたら、ありゃりゃりゃ?先生と私の編み手のゆるさがぜんぜん違う!ということでいったんとめてゲージを取ってから編みなおしたのですが、なぜだか高さの調整がうまくいかず(おい、ゲージ取ったんちゃうんか?というつっこみはなしでお願いします)「もうちょっと、もうちょっと」と編み続けるうちに、だんだんと当初の完成イメージからずれ、なんだかヤッコさんの羽織のようになってしまいました。

わざと肩を落として「なんとなくちょうちん袖」みたいなイメージで着ればいっか、と明るく自分を鼓舞(?)しています…が、なんだかやっぱりちょっと「もさい」感じがぬぐえません。上手な着こなしがあればご提案くださいまし。とほほ。
b0210850_1039141.jpg

何はともあれ、今度こそ本当によいお年をお迎えくださいね!

by Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2014-12-28 10:41 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(2)  

2014年12月編み編み会

ご報告が遅くなりましたが、12月13日土曜日に、今年最後の週末会を開きました。最近は会を開催してもレポートを載せずに怠慢しておりましたが、最後の会だし、せっかくなので記事を書くぞ!と、皆さんに公言したこともあり、何とか年が変わる前にここまでやってきました。

今回の参加者は最近加わってくださったNさん、東南アジアから帰仏したAyaさんに、Ayuさんと私の4人。Ayaさんは先日のshihoyさんの投稿に刺激されて(?)La Droguerieで買い求めたという美しい真紅の糸にキラキラ糸を加えた二本どりにて、お姫様のような「指なし長手袋」を見事仕上げました。
b0210850_9414057.jpg
この後上記shihoyさんの紹介していたようなショールを編む!、とはりきって取り出したのがこの「16本入り12ユーロという驚くべき価格の輪針セット」!実はにおいがビミョーに強烈でしたが、きっと袋から取り出してしばらく風通しのよいところに置いておけば大丈夫でせう。。(笑)
b0210850_1031841.jpg
Ayuさんはクリスマスラストスパートでお父様向けのベストを編み編み。先日のポストによればこれを全部ほどいてやりなおして、さらに仕上げたとか!?さすがAyu師匠、スピードが違います!
b0210850_1055083.jpg
Nさんが早く帰られた際、写真を撮らせてもらうのを失念してしまいました(涙)。Nさんは素敵な素敵な手袋を編んでいました。「え、これ、買ったのでは??」というようなあまりに美しい別の手袋(手編み!)を見せていただき、うっとりと眺めておりました。次回は写真を撮るぞ!

そして私、恒例の七字先生のパリでのアトリエをぶらりと訪ねた際にどうしても欲しくなってしまった毛糸を使って、アトリエに飾ってあったジレをそのまま作ることにしたんですが、それを編み進めました。
b0210850_1022652.jpg

パリの編み編み会では常時参加者を募集しています。以前はメールくださいなどとメアドを表記しておりましたが、やはりスパムが増えてしまい、あまりのゴミメールの多さに、メールアカウントがクローズされてしまいました。ということで、今後参加をご希望の方は、下記コメント欄から「非表示コメント」を選んでコンタクトしてください。メアドあるいはSMS(フランス国内の携帯電話の番号なら)をご案内いただけましたらこちらから次回以降の開催日程等、ご連絡いたします。
それではよいお年を!
by Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2014-12-28 10:12 | パリ編み編み会 | Trackback | Comments(3)  

クリスマスプレゼント for フランス

こんにちは。

暗い空の続くパリ。寒さはそれほどでもないのですが、青空が恋しいです。

フランスのクリスマスは、日本人のお正月のようなもので、家族で過ごします。
義理の家族向けのプレゼントは、材料メイドインジャパンで作りました。

好みがわからないのでプレゼントは食べ物など「消えもの」が無難。
日本茶や、日本の飴、夫が出張で手に入れた外国のお菓子。
加えて、ラッピング代わりにバッグを作ります。
今年は、ビニールコーティング布とファスナーが大活躍。
編んだのは、恒例の葉っぱ柄ネックウォーマー。
孫の写真が一番喜ばれるでしょうから忘れずに。

b0210850_019455.jpg


学生のいる家庭には、ペンケースを入れて。
b0210850_0223941.jpg


半端なビニコで、カード入れサイズのポーチや、ネームタグを。
小判柄なので、娘は「お金がたまりそう」と言っています。
b0210850_0242691.jpg


それでは、皆さま、メリークリスマス!

Ayu
[PR]

by amis-paris | 2014-12-25 00:27 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(0)  

クリスマスプレゼントいろいろ

こんにちは。
気温はそれほど低くないけれど、雨が続いて暗いパリです。

さて、日本に送るクリスマスプレゼントの報告。
6角のブランケットはなんとか終了。糸始末で苦労しましたが、
編むには楽しいデザインでした。縁取りを細編みでつけ補強しました。
クリスマスカラーのつもりです。
b0210850_4493752.jpg


娘に編んだのと色違いで大人サイズでカーデガン。
これは寒がりの妹へ。
b0210850_453774.jpg


残るは父にベスト。
b0210850_45528.jpg

昨日の週末編み編み会で編み始めたものの、編み地が硬くなったので
号数を上げて全部編みなおしています。
撚りのしっかりしたウールなので、衣類より靴下やルームシューズ向けだったかも。

他に、「気分はちょっぴりエルザ」帽子2点。一つは娘でもう一つはお友達に。
英語パターンで、太い三つ編みがついた「エルザ帽子」はいくつか出てきたのですが、
通学に使うので、引っ張られたりからかわれるのはNG。
なので、よくある形の帽子にして、小さな三つ編みをつけました。
b0210850_4594056.jpg


さて、クリスマスまでラストスパート。
このあとは、フランスの家族向けプレゼントの案を練ります。
皆さまも、プレゼントの用意、楽しんでくださいませ。

Ayu
[PR]

by amis-paris | 2014-12-15 05:03 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(5)  

モチーフをみつけたら?

こんにちは。12月になりぐっと寒くなったパリ。
編んだ防寒具が大活躍です。

さて、蚤の市めぐりをしていると、どこかのおばあちゃまの遺品と思われる
大量のかぎ針モチーフがつながれずに残っていることがあります。
私自身は糸を切るのが苦手なので、モチーフを編むことはほとんどありませんが、
つながれないで残っているモチーフをみると、
使える形にして生かしてあげたい、という、変な使命感に燃えます。

これは、5年ほど前にみつけたモチーフで、ルームシューズを8足ほど作りました。
被災地支援にも送ったので、残っているのはこの2足のみです。
b0210850_1713515.jpg


去年は、15cm平方の大きめモチーフを100ほどみつけました。
とりいそぎ、半分をつかって、クラッシックなブランケットにしたてました。
b0210850_17163151.jpg


同じものですが、魔女の宅急便のジジも一緒に。
ジジは英語パターン。オリジナルに前足を加えました。
b0210850_17185575.jpg

蛇足ですが、英語のかぎ針パターンは、アメリカ英語とイギリス英語の表記が違い、
紛らわしいので、仏語バージョンを見るほうがわかりやすいです。

残りのモチーフはどうするか迷い、いったん全部ほどいてかせにし、
アイロンの蒸気をあてて、縮れた糸を伸ばしておきました。
かなり時間と手間がかかる作業ですが、これも、糸を生かすため、と
自分に言い聞かせました。

さて、この糸たちは、棒針編みの六角形モチーフのひざかけになります。
オリジナルは英語。もともとはモチーフを全部編んでからつなげるのですが、
つなげる作業が苦手な私は、モチーフから編みだす方法をとっています。
まだ途中で、オリジナルの半分で終わりにする予定です。
同じ糸から、雰囲気の違う作品になるのが、編み物の醍醐味です。

b0210850_17251121.jpg


それでは、皆さまも編み物をお楽しみください。

Ayu
[PR]

by amis-paris | 2014-12-05 17:35 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(4)