兵士のための編み物

こんにちは。

長雨が終わり、やっと五月晴れを迎えたパリです。

リサイクルショップでみつけた絵はがき。
編み物をしている女性たちの絵です。
b0210850_15425270.jpg


裏を見ると、ジベルニーのアメリカン美術館の所蔵品だそう。
アメリカン美術館は、モネの家に向かう道すがらにあった美術館で
一度もいったことがありません。
ジベルニーに最後に行ったのは、13年前でした。
アメリカン美術館は、今はもうなく、印象派美術館が新たに出来たそうです。

絵のタイトルは、「兵士のための編み物、ハイブリッジ公園」で、1918年の作品でした。
ハイブリッジ公園は、ニューヨークの、マンハッタンの北にある公園です。
画家は George Lucks ジョージ ルークス 1866年生まれ 1933年没
日本語で、ジョージ ルークス、と検索しても何も出てきません。

絵のタイトルを検索すると、こんなリンクがでてきました。
今は個人蔵だそうです。

そして、他にもいろんな写真が出てきます。

絵の写真は、第1次世界大戦の時期で、主に靴下を編んだようですが、
第2次世界大戦中には、負傷した兵士のために、
子供たち、男の子たちもブランケット用のピースを編んだそうです。

イラク戦争の間に、編み物ができる兵士が、リラックスできる
余暇として仲間に編み物を教えた写真も出てきました。

戦争と編み物についてこんなブログ記事もありました。
当時のポスターなどの写真もあります。

編み物は一人でもできますが、特に共通の目的があるときなど、
こうやって集まって編むと、モチベーションもあがるのは、昔も今も同じです。

なかなか編み編み会、開催できていませんが、
一緒に編む仲間がほしいかた、遠慮なくご連絡ください。

Ayu
[PR]

# by amis-paris | 2016-05-27 16:31 | その他耳寄り情報  

カーデガン完成

こんにちは。

肌寒い日が続いたのち、パリは夏日に移行しています。
外編みができる気候になり、6月には世界ニットデーもあります。
この陽気、いつまで続くのかはわかりませんが、
厚いコートの人とタンクトップの人が混じっています。

frogging(編みほどき)のアクリル糸、やっと作品になりました。
模様の影響で、編地が斜行するので、角を引っ張って直します。
ボタンは、ハート形の貝ボタン。
b0210850_854527.jpg


着るとこんな感じ。
桜で有名なソー公園にて。
b0210850_9192280.jpg


さて、次は何を編みましょうか。


Ayu
[PR]

# by amis-paris | 2016-05-08 09:09 | 編み編み報告  

編みほどき frogging ~rip it rip it

こんにちは。
4月末だというのに、朝晩が寒いパリです。
夏もこんな日があるのがパリかもしれません。

プレゼント作りなどのソーイングが一段落して、編み物に着手しました。
以前から気になっていた、グリーンピース柄のカーデガン。

b0210850_18112672.jpg


編み物雑誌、Knittyのイタリア語版を見て。
糸が太いので、模様の出方が違います。
アクリル糸の2本取りです。

前身ごろの出来は気に入っていたのですが、後ろ身頃のメリヤス編みがだれて、
巨大になってきたので、気になって編み進められなくなっていました。
で、ほどくことに。
編み進められなくなった作品は、完成間近であっても必ずほどいてしまう癖があります。

b0210850_18175435.jpg


英語で、編みほどくことを Froggingと呼びます。
編み物専用SNSのravelryで知りました。
編み物記録のコーナーに、カエルマークがついています。

どうして、カエルって?
英語ではカエルの鳴き声が rip it rip itと聞こえるのだそうです。
ripは、破くとか、ほどく、という意味があります。

こんな説明があります。(英語)
安全にほどく方法の説明と、froggingの言葉の由来を説明してます。

こちらの説明も。ノルウェーのkittyの英語バージョン。
最初に「日本ではカジカがケロケロと鳴きます」とあります。
日本マニアの人が書いたのかも、と想像してにんまりしています。

ほどいたうねうね糸は、模様編みでごまかすことにしました。
今度は、子供用ニットに。
ドイツの雑誌のフランス語バージョンを参考に。

b0210850_1828175.jpg


今度は完成するでしょうか。

Ayu
[PR]

# by amis-paris | 2016-04-24 18:30 | 編み編み報告  

Yarn Bombing

先日の編み編み会に、東京からはるばるお越しくださったYukiさん。皆さん覚えてらっしゃいますでしょうか、彼女はちょうど一年くらい前にもパリ編み編み会に参加してくださって(当時はSさんというお名前でした)、わが地元の町のメトロ入り口編みぐるみプロジェクトに参加してくださったのでした。

このプロジェクト、市長さんが来てオープニングを宣言したんですが、町でも相当評判がよかったようで、町の広報誌に取り上げられたことまで何回もご報告しちゃったんですが、なんと、今年、2016年の年始には、町のいたるところに再びポスターが貼られていて「あけましておめでとうございます」みたいな町のメッセージに私たちの編みぐるみの写真が使われていたのでした。これが嬉しくて、私は町で写真なぞ撮っていたのですが、皆さんに報告するのをとーんと失念していたので、この機会にご紹介します。(すみません、以下、写真をタテにする方法がわからず、すべて写真が寝てます)
b0210850_2354180.jpg

で、この同じ写真が今年の広報誌第一号の背表紙にも使われていたので、嬉しくてSさんことYukiさんに、我が家のコピーを一部お持ち帰りいただきました。こんなの。
b0210850_2373230.jpg

そのYukiさんが、日本でもこうした編みぐるみムーブメントが始まっている、という記事をお持ちくださいました。会でもみんなでとっくりと読んだんですが、「ん???」と私が目をとめたのが、「ヤーンボンビング」という日本語表記です。「ボンビング」って、「Bombing」だから、カタカナ表記だったら「ボミング」だよね?と、ABさんと二人でうなずきあったんですが、Yukiさん、「あ、日本ではボンビングが定着してるかも」と教えてくださいました。これがその記事。
b0210850_241079.jpg

んんんんん?なぜ、「ボミング」が「ボンビング」になるんだろう?と、カタカナでググってみる。「ヤーンボミング」も「ヤーンボンビング」も両方ヒットするようです。「2004年にオランダで始まったといわれており、現在ロンドンやニューヨークまで広まっています。」というまとめ記事を見つけましたが、日本では両方通用するようです。グーグル検索結果を見ると、今のところボミングの方が若干多いかも知れませんが、編み編み人がたくさん読んでいるこの有名雑誌の記事の後は、ボンビングがメジャーになる可能性が高いかも知れません。

ひるがえって、英語の正しい発音と、海を渡って日本でカタカナになる言葉が違うことはままあることです。例えば眉毛はeye brow(アイブラウ)ですが、カタカナで「アイブロー」と書かれていることも多く、メーク製品では「ブローペンシル」「ブローライナー」とか言われるもんね。だから、ボミングがボンビングって言われても、ま、そんなもんか、と思ったんですが、ふと会社でフランス人の同僚女子に、「これって知ってる?」って、Yukiさんの記事を見せたら、「もちろん、ヤーンボンビングはみんな知ってるよ!」って言われました。周りの人数人に聞いても、全員が全員「ボンビング」と言います。ぎゃ!フランス人は完全に「ボンビング」なんだ!そっか、もしかすると、手芸の世界はモードの世界と似てて、英語のフランス語読み(あるいはフランス語の英語読み)が発達しやすい土壌があるのかも!そっか!もしかして、フランス人が「ボンビング」って自信をもって読むから日本でも「ボンビング」が入ったのかな?などと、色々と勘繰ってみたりするのでした。今後は英語読みの方は「ボミング」で、モード界&フランス通な人は「ボンビング」みたいな感じで、両方広まっていくのかしら。。。以前ABさんが紹介してくれたこのページに、「ヤーンボミング」、またの名を「ヤーンストーミング」とか「ゲリラニッティング」、とあるけど、「ボミング」も「ゲリラ」もこのご時世感じ悪いから、「ヤーンストーミング」に統一するってのはどうかしらね。。

それにしてもこの記事に掲載されていた写真を見るだけで、去年フランス人とやった編みぐるみ作業の様子とのあまりの違いに愕然としてしまいました。日本、凝り過ぎ、ちゃんとしすぎ(足場に上る時はヘルメットかぶってるし)、きれいに揃い過ぎ(サイズ揃ってる!)!フランス、テキトー過ぎ(サイズめちゃめちゃ)、カオス過ぎ、一発勝負過ぎ!…なのに、できあがりはフランスのもそれなりに素敵じゃない?これがフランスの底力?
b0210850_2544258.jpg


失礼しました。つまらない話で引っ張ってしまいました。

次回はYukiさんが撮ってきてくれたレシピになるはずだった作品(絶賛編み編み中)についてご報告できますよう。

by Maman Mia
[PR]

# by amis-paris | 2016-04-18 03:11 | その他耳寄り情報  

春一番のパリ編み編み会

春分の日だった先の日曜日、パリ4区のカフェで編み編み会が開催されました。
今回暑い国から参加したABが報告させて頂きます。
パリ編み編み会2011年2月の初会合以来会場に使っていたサロン・ド・テは、ウェイトレスが「早く出て行け」とでも言いたげな悪い応対になったということで、前回の集まりからその隣のカフェに移動。
新しく会場となったこのカフェ、ケーキやお茶の種類は以前のお店には負けるとは言え、なかなか居心地の良い空間で、ウェイターの人もフレンドリー。何より、全面の壁に並ぶ本棚が、長居していいよ、という雰囲気を醸し出していて、編み編み会にぴったり。
総勢6人集まり、盛況な会となりました。

今回は、長いこと会に参加して下さったAyaさんが日本にしばらくお帰りということで、そのお別れ会も兼ねた集まり。Ayaさんは、パリ編み編み会設立初期(細かいことを言えば2011年6月のロダン美術館の庭で催された会合)以来、会を支えて来て下さった重鎮です。
そのAyaさんが登場した時にお召しになっていたのは、エッフェル搭の模様のショール。普通の毛糸にラメ糸を合わせて二本どりで編んだということ。
d0280781_0172815.jpg

著名な編みデザイナー三國万里子さんの、これまた有名なデザインのようで、Ravelry でもShawl "Tower Eiffel" By Mariko Mikuni として登場。その情報によると、2011年出版の「きょうの編み物」(文化出版局)に掲載されているということです。
そのAyaさん、会ではこんな色のセーターを編み編み。
d0280781_051611.jpg


今回は遠方からの参加者がAB以外にもいらっしゃって、東京からいらしたYukiさん。
最近清里で催された、これまた著名な編みデザイナー林ことみさんプロデュースの三日間ワークショップに参加なさったそうで、その錚々たる講師陣に皆で驚愕。さすが編み編み先進国日本だなあ。
詳細はこのちらし(pdf ファイル)をご覧下さい。
Yukiさん、そこで入手したという様々な情報をシェアして下さり、皆でへえ、ほお、とまるではるか彼方の異国から帰ってきた人の旅の話を聞くが如く、全身を耳にして聞き入りました。
そのYukiさんが編んでいるのは、以前京都の洋裁カフェ柴洋の店先で買ったというリネン糸でコサージュ。
d0280781_151813.jpg

へえ、京都にはそういうお店があるのねえ、さすがねえ、とまた皆で感心。

編み編み会は久しぶりというTomiさんは、こういう本を紹介して下さいました。
d0280781_2272066.jpg

ヘルシンキ出身のかぎ針編みデザイナー Molla Millsさんの本で、スカンジナビアっぽいシンプルすっきりデザインの素敵な作品が沢山掲載されています。皆で回し読みしました。本はアマゾンで購入したそうです。

Tomiさんは、この本からかごバッグを製作中。
糸は今流行りのオランダのブランドHookedのリサイクルジャージー糸。これを9ミリのかぎ針で編み編み。
d0280781_2282661.jpg


週末パリ編み編み会をコーディネートしているMaman Mia さん、パリのアウトレット毛糸屋さんCat'Laineで購入したKatia のAztecaを編み始めようというところ。この毛糸はメガネの色とお揃いということでお店の人が勧めてくれたということ。
d0280781_119376.jpg

さてMaman Mia さん、編み始めようと思ったのは良いが、毛糸玉が一つ混乱していて、解きながら巻き直す必要があることが発覚。編み編み会の間にやっと巻き直し完了。
d0280781_1235160.jpg


ここでMaman Mia さん、この糸でこういうセーターを編もうと思うのだけど、と今は亡き雄鶏社の古い編み物本「ブラック&エクリュ 了戒加寿子のニット 」(初版昭和62年!)を取り出す。
d0280781_2452621.jpg

ABが超好みのレトロなデザインのセーターで、素敵!と感嘆する一方、段染めの糸はもっと単純なものが良いのでは、という助言も出て、そこで登場したのがYukiさんが某所で撮った他の観光客が着ていたセーターの写真。その写真のセーターがシンプルだけど気の利いたデザインで、これまた皆で大騒ぎしながら回し見をしました。

師匠Ayuさんは、コットン糸で花模様のネット編みの袋を編み編み中。
d0280781_2534175.jpg

さらに手作りのお土産まで下さいました!
こんなポーチ。
d0280781_2545895.jpg

中にはユーロコインやお札のチョコレート。
d0280781_256889.jpg

Ayuさん、どうもありがとうございます!

ABは暑い国の編み編み会で最近毎回編んでいるスヌード。今となっては春分の日を迎えてしまいましたが、来冬にはこれを身に付けたいものだわあ。。。
d0280781_5462366.jpg


あっという間に3時間が過ぎ、その後は9区の人気レストランへ移動。
編み棒・針をナイフとフォークに持ち替え、また忙しく手と口を動かし続け、ここでもあっという間に時間がたちました。

いつ行っても、まるでつい先日参加したかのように、すぐにアットホームな気分になるパリ編み編み会
そして、こうしていつでも戻れる場所があることのありがたさ。
感謝の気持ちで一杯になったABでした。
そしてAyaさん、今度はパリ編み編み会東京支部会合で会いましょう!


By AB
[PR]

# by amis-paris | 2016-03-25 18:58 | パリ編み編み会  

花バッグ

こんにちは。

日が長くなってきましたが、ヒョウや雪が降るなど、変わりやすい天気のパリです。

前回のファスナージャケットを編んだ残りのモール糸で、
花モチーフのネットバッグを編みました。

b0210850_1973671.jpg

横向きになってしまいますが、ご愛敬。

b0210850_1984382.jpg


参考にしたのは このデザイン

連続編みではないので、苦手な糸始末が多かったのですが、
のんびり編んだのでそれほど苦痛ではなかったです。

もともとのデザインはグラニーバッグですが、
私は花模様がはっきり出したかったので、トート型に仕立てました。

モチーフつなぎと仕上げには、以前被災地支援用にbkyoさん に譲っていただいた、
ドイツのカラフルなアクリル糸の残りに太めのコットン糸を合わせました。

取っ手と裏打ち用の袋はこれから考えるのですが
編む作業は終了したのでめでたしめでたし。

Ayu
[PR]

# by amis-paris | 2016-03-08 19:05 | 編み編み報告