タグ:手芸店 ( 28 ) タグの人気記事

 

昔の手芸屋と下着の件続き

自分の根本的な間違いに気がつきました。
フランス語が弱いせいで、すっかり勘違いしたということが今日発覚。

中世の手芸屋で裁縫用具や化粧用具と共に売られていたらしいlingerie ですが、lingerie ランジェリーという言葉は英語や日本語で下着(特に女性の)という意味なので、てっきり「下着」と解釈してしまった。

フランス語でも、そういう意味はあるのですが、それは派生で昨今そういう意味で使われている、というだけで、もともとはlingeのものというか、フランス語が弱いのでrie の末尾にどういう作用があるのかちょっとはっきり分からないのですが、とにかくlinge de maison, linge de lit, linge de table, linge de nuit, 等のlinge にrieがついているのですよ。

英語で言う、linen ですよ。麻のリネンではなくて、ベッドリネンとかのリネン。テープルクロスとか、ナプキンとか、タオルとか、枕カヴァーとか、ネグリジェとかパジャマとか、そういうリネン類。だいたい白いコットン製で、刺繍やレースがついている、そういうおうち用雑貨というか、それがリネン、linge。

で、この記事へのふくさんのコメントにもあるように、昔の下着は、そういったものの一部で、まさに寝る時に着るような白いコットンの長めのチュニックみたいな形のものにちょっとレースや刺繍がついている場合もある、あれです。
男性は白い木綿のシャツを下着に着ていたらしい。で、それにフリルがついていたりとか。
で、chemise って、今ではフランスではシャツという意味ですけど、昔は下着っていう意味なんですよ。
日本語ではシュミーズって女性の下着の一種ですが、フランスではもともと男性も女性も着ていた下着のトップがchemiseで、それが転じて現在は日本語で言うところのシャツ。

例えば、このお芝居用のchemise を売っているサイトのページの写真をご覧下さい。コットンの、今ならワイシャツの親戚のようなものが下着chemiseであったことがよくわかる。さらに今なら女性のネグリジェのようなものもchemise下着であったことも分かる。
http://www.chemises-de-la-comedie.com/

こういう白コットン布の「下着」が全部、lingerieの一部。ナプキンやテーブルクロスやシーツと同じ仲間のlingerie、リネン類、コットンのおうち雑貨。

今でも、蚤の市に行くとやたらアンティークレースの白いテーブルクロスやらなにやら(必ず白かベージュか黒で、色物は皆無)が手芸店に売っているし、蚤の市でなくても、普通の手芸店でも、そういう刺繍用の木綿や麻の布とともに、既に刺繍されたものや、できあがったレースが売られていますよね。
さらに布地屋さんで、布地も売っているけど、シーツだとかテーブルクロスの方が多いお店もある。

ということは、Mercerie っていうのは、もともと手芸用品が主体なのではなく、リネン類lingerie、おうち雑貨が主体のお店なのですよ。

その流れ、派生で、ブラジャーなんですよ。そういったリネン類lingerie、コットンのおうち雑貨の一部としてのブラジャーなんですよ。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-06-09 03:16 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(10)  

15区蚤の市第二弾&下着の起源

昨日は相変わらず蚤の市。
また15区ですが、今回はFelix Faure.
詳細は昨日の不器用者の記事「ボタン沢山の蚤の市!」をご覧下さい。

蚤の市を観察しながら、手芸屋と下着問題を考えます。

例えば、この刺繍糸の箱は、化粧ブラシと一緒に置いてある。
香水を置いていたBourse の蚤の市と通じるところがありますね。
b0210850_4124927.jpg

で、思い出したのが、ニットプロの会社が化粧ブラシもつくっていること。フランスの会社ではないですけどね。これもなんだか通じるところがあるのかも。

全く分からない組み合わせはこれ。レースと地球儀。
b0210850_4243717.jpg

でも、なんなく、同時代性のつながりが感じられる。地球儀って、19世紀にはとてもモダンなものだった。当時の流行、モード、そういうかんじ。

こう考えているうちに思い出したのが、学生時代に教わった歴史の先生が言っていた、「昔の人は、今の人と全く違う世界観、想像力の中で生活していた」ということ。昔のことは、異文化を理解するように接する必要がある、という教えです。自分が当然と思っていることから離れる必要がある訳です。

手芸屋と下着の組み合わせも、そういうことなのかもしれない。私たちには変な組み合わせでも、当時はまったく納得のいく組み合わせだったのかもしれない。

そこで、手芸店ではなく、下着の起源を調べてみる必要がある、と考えます。例えば、「下着」が、我々の思う下着と全然違うものかもしれない。
日本でも、昔の人は下着着ていなかったですよね。
着物の下は、男も女も、何も無し。そういう状況に出現した「下着」って、もしかしてとてもハイカラだったとか?

フランスはどうなのか。
で、ちょっと調べると。。。

フランスでも下着って比較的新しいようです。
例えばこのページによると、culotte(パンティ)は19世紀まで着用しなかったということ。スカートやズボンの下は裸だったらしいです。
http://sansculotte.perso.neuf.fr/fr/histoire.htm

ブラジャー出現も新しくて、19世紀後半。
Wikipedia のsoutien-gorge(ブラジャーのフランス語)の項によると、1889年のパリ万国博覧会が初お目見えだそうです。

下着って、モダンなんですねえ。
ここで疑問。
我々の知っている「下着」が19世紀まで登場しなかったのだったら、中世の手芸屋で売っていたlingerieは、どういうものだったのだろう?

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-06-07 04:13 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(9)  

15区の蚤の市

15区はrue Lecourbe の蚤の市に行って参りました。
今週末土日、rue Lecourbe の、Bd Garibaldi とrue Cambronne の間で催されています。
b0210850_4254540.jpg

Brocante rue Lecourbe
日時:2011年6月4日と5日、午前7時から午後7時
最寄地下鉄駅:Sevres-Lecourbe (6号線)

手芸店、ボタン等、さらなる詳細は不器用者ブログ「また蚤の市で骨董ボタン探し」の項をご覧ください。

スペインの毛糸メーカーKatiaのアクリル糸が単色10玉入り12ユーロで売ってたよ。rue des Volontaires との角のちょっと北。
b0210850_4273094.jpg


ボタン以外の今回の収穫はこれ。
1920年の「洗えるリボン」広告。
手洗いですよ。
b0210850_4303811.jpg

広告によると、このサテンの「洗えるリボン」、当時パリに存在したGrands magasins du Louvre というデパートで買えたということ。
Wikipedia によると、このデパート、Le Bon Marche が開店した3年後の1855年にはじまり、1974年に閉店したらしい。
リヴォリ通り沿い、Palais Royal の近くにあったらしいです。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-06-05 04:32 | お店 | Trackback | Comments(1)  

La mercerie (手芸店)の起源

フランスでは手芸店でブラジャーとブラジャー製作用品が売っているという"O"さんふくさんのお話から、フランスの手芸店ではどうして下着が売っているのかがとても気になります。

何か由来があるに違いない、と、知りたがりやのジョージABはうずうずして、ネットで調べることに。
で、こんなページが出てきました。
La France pittoresque というフランスの文化遺産の歴史を解説しているサイトから、Métiers anciens / oubliés (いにしえの職業)のMerciersの項
http://www.france-pittoresque.com/spip.php?article1139

総フランス語で、しかも立派な文体で、ちょっと気後れ。
でも、ホントに興味があれば、フランス語でも読めるものなのですね。。。
読みました。

出だしがいいです。
   
   中世の頃、「あらゆる業者の中で、何もしない人たち」と言われた、それがまさにこの職業の定義であった。

当時は自分で生産したものを売る、というのが主流だったのですが、手芸屋さんたちは、生産者と人々の間に商売をつくっていて、自分では何も生産しなかった、ということだそうです。

12世紀にはもう、手芸屋さんがいたらしいです。
で、下着(lingerie)や、化粧品(accessoires de toilettes)、裁縫用具(instruments nécessaires à la couture)を売っていたらしい。

既にこの時点でもう下着。
なぜ下着かは結局よく分からない。
異国のお宝を集めて売るという業者も多かったそうで、言ってみれば、商社のはしりですね。
シルクを特に扱っていた、ということで、そういうことも関連しているのかな。シルク下着とか。(全然違う???) 

でも、「化粧品」ではっと思いおこしたのは、昨日Bourse の蚤の市で見たアンティークレースや裁縫パターンを売っていたお店が、香水を売っていたこと。これも当時からの名残りなんでしょうか。

パリでは12世紀頃、 rue Quincampoixに手芸屋さんは集まっていたらしい。
今は地下鉄駅Rambuteau の近く、Sebastopol 大通りを一本東に入ったところにある、3区と4区をまたがる小さな通り。

当時の手芸屋さんの絵がいくつかありますが、いいですね。
私はもともと社会史が好きなので、こういうものを見るとわくわくするんです。
これから蚤の市や古本屋で、骨董ボタン以外に、こういう手芸関係の古いリトグラフを探そうかな、と思いつきました。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-06-04 03:21 | その他耳寄り情報 | Trackback | Comments(3)  

2区と10区の蚤の市

2区place de la Bourse と10区place Johann Strauss の蚤の市にボタン探しに行ってきました。

place de la Bourse 75002
b0210850_6334965.jpg

place Johann Strauss 75010、Republique の近く。
b0210850_634757.jpg


詳細は不器用者ブログの今日の記事「蚤の市をはしご、その成果は。。。」でどうぞご覧ください。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-06-03 06:38 | お店 | Trackback | Comments(3)  

マレ地区の蚤の市で、骨董ボタン探し

今週末はマレ地区は3区の区役所の前の通りrue de Bretagne で蚤の市が催されています。
この通りでは年に2回、初夏と初冬に蚤の市があります。
詳細はここ。
http://www.evous.fr/Brocante-de-la-rue-de-Bretagne,1125607.html

で、またまた骨董ボタンを探してみました。
あります、あります。
ヴァンヴの蚤の市のような、卒倒しそうな驚きと感動はないとは言え、ボタンのあるお店がいくつか、特に区役所の周りに集まっているかんじ。
ボタン専門のお店もある。
これはrue de Perree、rue de Bretagne と並行して、区役所の反対側の道にあるお店。
b0210850_2262611.jpg

これもrue de Perreeでみつけたテーブル。
b0210850_227395.jpg

ここでは一袋50サンチームのボタン袋がつまった箱から、こんなアルミボタンが三つ入った袋を掘り出す。
b0210850_2274250.jpg

このお店は区役所の門の前に陣取っていて、ボタンの他、ビーズ、金具、鎖などがあります。
b0210850_7472018.jpg

ここで、一シート2.50ユーロのこんなボタンを手に入れてみました。
b0210850_748503.jpg


このお店は区役所からはだいぶ離れていますが、メインの通りrue de Bretagneにあって、ここではなんと、数日前ル・ボンマルシェで買ったのと全く同じ貝殻ボタンが、その半額近くで置いてあった。。。ううっ。。。
ボタン以外にスパンコールも並んでいます。
b0210850_2292299.jpg


Brocante de la rue de Bretagne
rue de Bretagne 75003 Paris
2011年5月27,28,29日
明け方から夕方6時まで。
最寄り地下鉄駅:Arts et Metiers (3、11号線), Temple (3号線), Filles du Calvaire
(8号線)

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-05-29 07:51 | お店 | Trackback | Comments(0)  

フランスでのクロバーの編み針 & Le Bon Marche の骨董ボタン!

ニットプロの輪針が折れてしまったので、クロバーの輪針を買いに、以前ご紹介した近所のデパートLe Bon Marcheの手芸店に行きました。

フランスでは、クロバーの輪針はこんなパッケージで売られています。
英語で表示がしてあるので、おそらく、特にフランス向けではないですね。
b0210850_4261097.jpg

ニットプロの針を知った今となっては、この竹に色で和風模様つけてみるのもなかなかいいのではないか、とちょっと思いついたのですが、さてクロバーさん、どうでしょう。

以前ご報告したように、正気を失い散財してしまうお店、余分なものは買わない、糸は見ない!と決意して、行ったのですが。。。
まんまとやられた。
なんと手芸店入った、そこに、ヴィンテージボタンコーナーがあったのです!
目に入らない訳がない場所ですよ。入って、目の前、そこにある。
b0210850_4284075.jpg

ヴァンヴの蚤の市より数倍値段が張ります。
でも、既にお店が選んであるだけあって、保存状態の良いものばかり。皆、全揃いシート。一つもボタンが欠けているシートがない。

で、簡単にお店の策略にひっかかり、買ってしまいました。。。
貝殻ボタンです。
Maman Mia さんのボタンネックレス思い起こして、つい、ゴールドとシルバー買っちゃいました。。。
b0210850_4311133.jpg

b0210850_4313819.jpg

やはり正気を失ってしまった、ということで。。。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-05-27 04:34 | 糸、道具 | Trackback | Comments(1)  

はさみと手芸店

私は、正直お裁縫のほうが好きで、編み物は小学生・中学生レベルなのですが、手芸仲間がパリにできるというのは、とても嬉しいです。

さて、私が何か記事を書くとすれば、やはりパリで見つけた道具やお店などかな、と思って、ようやく重い腰をあげています。

b0210850_20583661.jpg


Sajouのはさみです。
以前、手芸展覧会の中のSajouで購入し、右の大きなカタログもいただきました。
普段は、先の曲がった、日本の糸切りばさみを使っていたのですが、2歳の娘に隠され、探しても見つからなかったので、こちらを購入しました。
いつか、パリっぽいのを買おうと思っていたし、高額(これは確か60ユーロくらい)だったけど、形から入る私は、道具は割と高価でも長く使える質の良い物がいいと思うほうです。
使い心地は良好、ついてるフリンジとチャームが不要のような気もしますが、愛嬌です。

それから先週末、私も手芸店La droguerieを覗いていました。

ルボンマルシェ内にあるお店と同じですが、先日行ったのは、1区にある路面店。
土曜の午後に行きたくないお店の一つです。平日朝にも行ったことがありますが、基本的に手芸をする人は時間がある人が多いのか、お客さんが次から次と入っていました。
老いも若きも、手仕事が好きな人には、正気を失うお店。コサージュ用のお花などが置いてある場所の奥に、途方にくれている男性が一名座っていて、おそらく連れの方を待っていました。
お店の人を捕まえるのに、長い列。キットもあるし、素敵なリボンとボタンだけでも、贈り物になりそうなので、私はクリスマスギフトにも利用します。

普通の平ゴムなどの副資材は、日本の百均に行きたい!と思う私ですが、ボタン・リボン・パーツなどは、ここへ行くとアイディアが浮かぶ気がして、とても楽しいです。
小さなお店なのに、時間が経つのを忘れます。
この近くに、Mokubaというリボン屋さんもありますが、実は行ったことがありません。

ちなみに、この日購入したのは、リバティのバイヤステープ。
b0210850_2172343.jpg


これも、他のたまったリボン同様、娘らの妖精ごっこに使われています。

By AmAm
[PR]

by amis-paris | 2011-05-16 21:17 | 糸、道具 | Trackback | Comments(7)  

ヴァンヴ蚤の市の骨董手芸店

ボタンの研究の続き。
とは言っても、未だボタンを見る買う、という準備段階で、ボタンを使うという本番段階には至っておらず。

以前のAB記事へのコメントにあったふくさんからの情報に従って、骨董ボタンがあるらしい14区の南端ヴァンヴ(Vanves)の蚤の市に出向きます。
途中で雨が沢山降ってきてしまったので、お店の方々は商品を守るのにおおわらわ。
b0210850_0355259.jpg

この蚤の市は万国の手芸愛好者にカルト的人気があるらしい、ということはうすうす気づいておりましたが、ペリフェリ-ク(パリ市の外枠を一周する環状線自動車道)の近くと考えただけで「すごく遠い」と思ってしまう怠け者AB、未だ訪問したことがない。
今回行ってみて気がついたのは、実はウチの近所の地下鉄駅から蚤の市の最寄り地下鉄駅Porte de Vanvesまで直通一本、すぐ。地下鉄に乗っているのは、15分未満。近所だったのね!

着いて驚いたのは、クリニャンクールの蚤の市に比べてはるかに小さいのであるが、米国人と日本人の人口密度が超濃い。ちょっと歩いて、すぐ納得。いやあ、すごいですよ、この蚤の市。骨董手芸用品が、ざくざく。手芸・クラフト大好き日本人と米国人にはたまらないですね。
レース、ボタン、糸、紐やらゴムやら、リボン、ファーの切れ端、皮ひもの切れ端、ビーズ、きれいな模様色紙の切れ端、その他なんだかわからないけど使えそうなものが沢山、沢山、ごろごろ山積み。

蚤の市はavenue Marc Sangnier とavenue Georges Lafenestreが交差する角から両通りに続いています。今回見たところ、手芸用品関係はavenue Marc Sangnier に集まっているかんじ。

手芸用品専門のお店がいくつかあります。
例えばこんなかんじ。
b0210850_037273.jpg

こういう雑多なかんじのお店もいい。「掘り出す」っていう気持ちになります。
このお店にはフランスのお裁縫雑誌Modes et travaux の古い古い白黒印刷ものが積まれていました。
b0210850_0373845.jpg


手芸専門でなくても、がらくたを集めたお店にもボタン箱があります。
例えばここ。
b0210850_0543570.jpg


ここも。
b0210850_0382930.jpg


さらにさらに。。。ボタン専門のすごいお店が!
もうボタンばかり沢山沢山積みあがっていて、しかも全部揃ったシートばかり。
雨が降ってきたのでお店を片付け始めていて、残念ながら写真がとれず。
でも、超有名なお店みたいで、日本や米国の新聞や雑誌にも紹介されているらしく、記事のコピーが貼られていました。
家に帰って調べたところ、米国ではこのお店の人はThe Button Man と呼ばれているらしい。シアトルタイムズにはお店の人の写真
http://seattletimes.nwsource.com/ABPub/zoom/html/2008369127.html
そうそう、この人。
LA Times によると、この人Eric Hebert という名前らしいです。子供の時から蒐集家で、切手集めていたらしい。

日本でも超有名らしく、「ヴァンヴ ボタン」で検索すると、様々なお方の記事にこのお店の写真でてきます。ザ・ボタンマンと一緒に撮った写真もでてくる。セレブでいらしたのですね、あのお店のお方。うう、ご一緒写真撮っておけばよかった。。。

ザ・ボタンマンさん、ボタンを本当に宝のように大事にしていらっしゃいます。私がこのお店を見つけた時点では、雨降りが本格化しはじめて、ザ・ボタンマンさんは膨大な数のボタンを守るのに、我を忘れて、もう必死。さらに運の悪いことに、ボタン箱一つがひっくり返ってボタンが全部地面の水溜りに散らばってしまい、見ていた私は胸が痛くなって、「待ちますから、ごゆっくり」と言って、雨が一息つきまでじっと待ちました。

私はこのお店で一シートたった2ユーロのボタンを6枚買いました。
b0210850_0392733.jpg

他にもいろいろ買ってしまいました。。。
これはボタンも売っているがらくたやさんで買ったもので、1シート5ユーロ。

b0210850_0494931.jpg

b0210850_041525.jpg

手芸店ではもっと高いけど素敵なものを手に入れました。
これは6つで15ユーロ。
b0210850_0414011.jpg

これは6つで18ユーロ。
b0210850_0421637.jpg

6つで12ユーロ。
b0210850_0514194.jpg


山ほどのボタンを沢山次から次へと見ているうちに、ボタンって、大きいビーズみたいなのね、と学びました。

あまりに楽しくて、雨にも負けず時間を忘れ、さらに、消費状況も忘れました。


Marche aux Puces de Vanves

avenue Marc Sangnier と avenue Georges Lafenestre 75014 Paris
最寄り地下鉄駅:Porte de Vanves (13号線)
開店時間:毎週土曜日と日曜日、午前7時から午後1時まで。

By AB

p.s. 買ったお店は皆、おまけして下さいました。で、総体としてはこの記事に表示した価格より安かったです。
[PR]

by amis-paris | 2011-05-16 00:43 | お店 | Trackback | Comments(5)  

3区の手芸店 Entrée des Fournisseurs

編み指輪をつくってみたとあって、今週末はちょっとボタンの研究をしようか、と思い立ちます。
アクセサリーづくりが目的なので、ビーズのようなボタンがありそうなところに見に行こう、と思い、3区にある手芸店Entrée des Fournisseurs に向かいます。
記憶では、きれいなボタンを沢山置いていたような気がするので。

気後れするのは、このお店は観光地マレ地区の超大観光通りrue des Francs Bourgeoisにあるということ。
5月の土曜日の日中にこの通りに行く、というのは、わざわざ観光客の大群集を求めに行くようなもの。
しかし、ボタン見たいな、という思いが強く、でかけます。

お店の住所は8 rue des Francs Bourgeoisですが、この住所に行っても、店舗は通り沿いにはありません。
この住所に行くと、こういう大きな門があります。
b0210850_5542229.jpg

この門をくぐって中に入ったところの小さな中庭に面して店舗があります。
b0210850_5544937.jpg


大きいお店ではないですが、リボンとボタンのコレクションが比較的豊かなお店。
リバティの布もあります。
毛糸はFonty のものが沢山置いてあり、次に多いのがDebbie Bliss, それからPlassard が少し。

ボタンは宝石のようなものが沢山あって、驚嘆。
形や素材をじっくり眺めました。眺めながら思ったのは、ビーズも穴が重要ですが、ボタンも穴について考慮するのもポイントかも、と思った。4つ穴、二つ穴、後ろにぽこっと出っぱってついている型、等。

友人のコートダジュールの指輪に刺激を受けて、貝殻調のものを何種類か購入しました。
b0210850_5555740.jpg
 

Entrée des Fournisseurs
8 rue des Francs Bourgeois
75003 Paris
地下鉄最寄り駅: St Paul (1号線)または Chemin Vert(8号線)
開店時間: 月曜日から土曜日まで、午前10時半から午後7時。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-05-15 05:57 | お店 | Trackback | Comments(1)