タグ:着るもの ( 9 ) タグの人気記事

 

パリ編み編み会3月18日報告

今日はパリ編み編み会でした。
天気ははかばかしくなかったですが、またまた盛況で、シャトレー界隈のカフェに6人集合。

まずはAyuさんがとりだした、カラフルなかぎ針がぎっしりつまった袋に歓声が上がります。
b0210850_8411618.jpg

かぎ針は、ヴァンヴの蚤の市で集めたアンティークかぎ針各種。そして、かぎ針が入っているのは、ピクニック用のカトレリー入れ袋だそう。
このかぎ針を使って、Ayuさんは、お嬢様のお誕生日会で配るイチゴのポシェットを量産中。
b0210850_8413346.jpg


初登場のTomiさんは、素敵なきつねさんの刺繍。糸の色がきれいです。
Tomiさんご持参の刺繍教則本を開いてみた不器用者のABは、いかにも細かい仕事の写真の数々を目にして、ひええ、私にはとうていできない!と尻尾を巻いて本を閉じます。
b0210850_8452145.jpg


"O"さんは、ラヴェリーで編み図をみつけたというカーディガンを編み編み中。
素敵なデザインなうえに、これもまた、とじはぎ無しだそう。
b0210850_8453811.jpg

ラヴェリーでの検索がなかなか難しい、という話になって、どうやって「とじはぎ無し」の編み図をラヴェリーで探すのか、皆で"O"さんに聞いてみます。「Seamless」で検索する、というお答えに、Maman MiaさんとABは、おおっ、と思わず声を上げます。

そのMaman Mia さんは、まず、完成したモヘアのセーターと、お揃いの帽子を披露。
Maman Mia さんにとてもお似合いの色合い。
b0210850_8461048.jpg

b0210850_8463089.jpg

そして、今日の会では、かぎ針であみぐるみのうさぎさんに挑戦中。
b0210850_8465145.jpg


きのこさんは、前回話がでた「国際ウールチャレンジ」の記事が出ている「毛糸だま」2000年の号を持ってきて下さり、それを皆でまわし読み。
羊の毛を刈るところからはじまって、糸を紡ぎ、セーターを一枚編み上げる、という行程をどれだけ短い時間でできるか競争するものらしい。
b0210850_8471487.jpg

そのきのこさんは、棒針で靴下編み中。
b0210850_8473351.jpg


ABも靴下編みですが、かぎ針で。編み編み会のあと、自宅でできあがった靴下は、こちらの記事をご覧下さい。

という訳で、いつも同様大変楽しく、また、新しい情報をいろいろと仕入れた日曜日の午後でした。

次回の編み編み会は、4月22日の日曜日の予定です。
参加ご希望の方は、amis-paris@excite.co.jp までメール下さい。
追って詳細をご連絡いたします。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2012-03-19 08:53 | パリ編み編み会  

ラ・ドログリーのセーター

今年、家族のクリスマスプレゼントに小物を編みまくったMMですが、クリスマスプレゼントにサンタさんからラ・ドログリー(La Droguerie)の編み物キットをいただきました。

ラ・ドログリーと言えば、手芸好き女子のハートをくすぐらないわけがない、押しも押されぬパリの手芸用品屋さんです(サイトによると今やフランスに10店舗、日本に7店舗展開しているそうです)。本家のサイトは何だかそっけなくて、日本語版のサイトの方が充実しているようです。詳細はこの日本語サイトをはじめ、各種ブログに詳しいんですが、お店に行くと…、やっぱり素敵です。外観はこんなの。
b0210850_23252614.jpg

中にはアンティーク家具の古い引き出しやビンや棚がずらりと並び、量り売りのビンに入ったビーズやボタン、リボンにフェルト、そして毛糸が宝箱のように一杯!目がハート!のお店。ただ、このブログでもこれまでに何回か話題に上ってはいますが、
1) お値段が少々高め…最近の円高でずいぶん求めやすくなりましたが、給料がユーロ建てのこっち在住者にとっては相変わらずちょい高め。
2) 長い列が苦痛…客一人ひとりの用件を聞いてビーズを量ったり、糸を切ったりするために接客時間がかかります。何よりまずはその「列」を見つけ、どっちの客が先なんじゃーという喧嘩にならないように周りの人と目を合わせて「私ここにいるからね」と自分の立ち位置をアピールしながら、果てしなく待つ。そしてようやくアテンドしてもらった挙句、そのお姉さんが手計算した紙を渡してくれると今度はまたもや長いレジの列に並ぶ。。パン屋さんで、郵便局で、肉屋さんで、並び慣れているフランス人には「普通」のことかも知れませんが、週末にしかこの店に行けない私には、気軽に足を運べないところでもあります。あぁ、せめて(日本の)銀行の窓口みたいに番号札で呼んでくれれば、待っている間に色々な小物を見たりできるのに、なぜそういう合理的なことをしないのだろう…(愚痴)。

とにかく。

サンタさんから、この憧れのお店のセーターキットをもらった私。あぁありがとうサンタ様。
b0210850_23544478.jpg

キットには、素敵なモヘア毛糸4玉と、セーターの編み方、そして7ミリという号数の大きな編み針が入っていました。このモヘア糸、セーター丸々一個編んでも、一箇所も継ぎ目がありません。これはこのお店が自分たちで昔ながらの手法でつむいだ糸を、20グラムなら20グラム、80グラムなら80グラム、巻き取って量り売りしているからと思われます。ふわふわモヘアは全部二本取りなんですが、4玉のうち1玉が基本の色として最初から最後まで使われ、2色目を次々に換えながら編んで行きます。

たいていの編み物は見本の方と全く同じゲージな、標準編み手の私。今回もほとんど何も考えずに図面どおりに編み始めましたが、あれあれっ私の手の方がドログリーの方よりもずいぶんゆるいみたいで(これはレア!)、S予定で編み始めたセーターがMとLの中間くらいのサイズになっちゃいました(編みなおしたくないのでこれでヨシとする)。それ以外はメリアス編みでまぁーっすぐ編むだけの簡単な編み方でしたので、あっという間に編み終わりました。
b0210850_23595680.jpg

ちなみに例によって光の当たり具合によって全然色が違って見えちゃうんですが、上の写真は自然光で、毛糸玉の写真は夜、撮りました。でも、いずれも目で見た通りに写真が撮れない…。すみません。でも、実際に見てくださった編み編み会の皆さんは、どんな色かご存じよね。編み編み中の写真も前回の編み編み会レポートでABさんが撮ってくださいましたが、私が編んでいるところを見た人全員が「素敵な色!」と言ってくださったくらい素敵な色です(まぁサンプル数は片手ほどですが)。日中の写真はピンクが濃く見えますが、そんなにピンクピンクはしていません。で、でも、ピンクの色で真新しかった木の針がすっかりピンクに染まり、糸をかける左手人差し指にもピンクの線ができてしまいました。洗濯するとどうなるか、コワくて想像できません。

毛糸があまったので、おそろいの帽子も作りました。セーターは20段ごとくらいに色を変えましたが、帽子は8段くらい。で、針ももっとずっと細いのにしました。上がセーターの編み目。下が帽子の編み目。
b0210850_035937.jpg
b0210850_042592.jpg

サンタさん、こんな素敵なプレゼントを本当にありがとう。久々にとーても嬉しいプレゼントでした♪

ちなみにパリのドログリーの住所その他もコピペしておきますが、ポイントは午前中、あるいは午後早めの時間に行くこと。午後2時以降は長蛇の列、請け合いです。

住所:9 et 11 rue du Jour, 75001 PARIS
電話: 01 45 08 93 27
Fax: 01 42 36 30 80

開店時間:
月曜    14時~18時45分
火~土曜 10時30分~18時

By Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2012-03-06 00:10 | お店  

           10月編み編み会開催!

 編み編み会、10月の会合が1日、パリの真ん中、Hotel de Ville近くのカフェで開かれました。

 このカフェ、今年2月に発足した「パリ編み編み会」の初会合が開かれた場所でもあります。
2階席にはソファーがあり、週末にはいつも混んで、場所取りが大変なのですがーーー

b0210850_4175625.jpg


 この日はがら~ん・・・。

 なぜ??

 実はこの1週間、パリは夏の陽気。気温が夜になっても下がりません。太陽サンサンのテラス席は、日差しを浴びるのが大好きなパリっ子たちで込み合っているものの、室内は人気がないようで・・・。

 編み編みメンバーにとっては思う存分、編み棒を動かせるというものです。

 今日の出席者は、Ayuさん、ABさん、MamanMiaさん、と、私、ふく。

 Ayuさん、いつもながら、あざやかな手さばきで、写真に撮ると手がぶれてる!
早い早い。手元を見ないでどんどん編んで・・・。

b0210850_4185726.jpg


 この作品は、ご主人のセーター。模様はどうやって決めたんですか?
「ストライプにすると、段数が数えやすいでしょう?編みやすい図案にしたんです」とのこと。
なるほどー。

b0210850_4193958.jpg

 
 ABさんは、秋色の帽子。クラウンのトップ部分を編み始めたところです。
モチーフをつける予定だそうです。いつも素敵なオリジナル作品を次々と完成させているABさん。
どんな帽子になるのかとっても楽しみ!

b0210850_4203490.jpg


 MamanMiaさんの大作は完成間近です。
「うーん、でも暑い!セーターをのせてる膝の上が暑い・・・」 そうなんです。この陽気で毛糸をさわるのは
ちょっと勇気が要ります。でも、編み編み会はへこたれずに頑張るのです!

 で、ふくは・・・・実は、初めてアクセサリーに挑戦していたのです。アクセサリーの大御所、ABさんに触発されて。白いレース糸でお花のラリエットを編みだしたのですが・・・難しい・・・白いもじゃもじゃしたものになっており、お目にかけるのはもう少し先にしてもよろしいでしょうか。(気弱)

 さて、手も動けば口も存分に動いて、楽しく”編み編み”を終了し、その後はマレ地区へぶらぶら移動。

 
b0210850_4214327.jpg


 この日は毎年パリ市が主催する「La Nuit Branche」。アートイベントが市内各所で催され、現代アートを楽しめる夜の祭典。(パリと姉妹都市の京都でも「白夜祭」と訳されて、同じ日に初めて開催されたそうですね。)
しかも、今年は10周年とあって、真夜中だというのに、通りは人人・・・。公共交通機関も終夜運転してくれるとはありがたい。

b0210850_4223053.jpg


 ということで、マレ地区に詳しいABさん、MamanMiaさんとおしゃれなビストロへ。

 パリの雰囲気いっぱいの場所で、楽しい夜は更けていったのでした・・・・。 By ふく         

                                                       

 さて、次回の編み編み会のお知らせです。

 11月5日(土曜日)の午後を予定しております。2時ごろから5時ごろまでです。
初心者の方、ちょっとのぞいてみるだけ、という方も、大歓迎です。
 ご興味がおありの方は、amis-paris@excite.co.jp までご連絡ください。集合場所など詳細をご案内いたします。
[PR]

by amis-paris | 2011-10-03 04:50 | パリ編み編み会  

フランスの雑誌を使って編み物 IDEES TRICOT編

ブログ初投稿です。

去年の夏編みはじめた子供のカーデガンが、先日の編み編み会をきっかけに仕上がりました。

b0210850_21194287.jpg


参考にした雑誌の表紙です。
b0210850_21543553.jpg


モデルのでているページです。
b0210850_21575934.jpg


この雑誌には、フランスの有名な手芸店、La Droguerieオリジナルデザインが多く載っていて、このカーデガンも例外にもれず。最近、IDEES MAGAZINE mailles tricotという名称に変更されていてキオスクで手に入ります。この雑誌は、写真がきれいで、写真と同ページに説明文があるのが特徴です。他の手芸雑誌は、写真はカラーページ、説明は別で白黒ページ、と分かれていることが多いです。
雑誌と出版社のサイトを探したのですがみつかりませんでした。

日本人の私たちが見慣れた「編み図」は日本オリジナルで、欧米の編み物本は文章表示。略語も多く、解読には慣れが必要です。編み目の数は表示されますが、高さはcm表示のみで、段数は書いてありません。編み手のゲージが違うからでしょうが、最初はとまどいます。
編み物を文章表示するメリットは、一つのデザインで、いくつかのサイズの展開ができるところです。子供用ニットだと、2、4、6、8歳サイズが同時に表示されることが多いです。

私は、手持ちのコットン糸にあわせ太い針で編み、1目ゴム編みではなく2目ゴム編み。縁どりのガーター編みの色を変え、袖の減らし目は、自分流にアレンジ、ポケットも大きめにしました。

去年編んだワンピースとアンサンブルになります。

b0210850_212682.jpg


一緒に着ると
b0210850_2130930.jpg


両方で9玉とちょっと使いました。

By Ayu
[PR]

by amis-paris | 2011-05-11 22:03 | 編み編み報告  

ビキニのボトムできた。。。

苦労の末、ビキニのボトムができました。
b0210850_2345815.jpg

どうやって編んだかと言いますと。。。
こういう形のものを編んでみた訳です。
b0210850_2441420.jpg

編み図はこんなかんじ。全部長編みで、三角形を減らし目をしながら、あるいは増し目をしながら二つ作っていくだけです。
b0210850_2443313.jpg

サイズの見当は、上下の辺の長さが合わせて腰の左右の骨のあたりの腰周りの長さになればいいです。ポイントは、下の辺が上の辺より長くなるようにすること。
それから、後ろを先に編んで、前をあとに編むこと。これは、減らし目をしていくと、左右の辺が外側に丸くカーヴするように編みあがり、増し目をしていくと、内側にカーヴするように編みあがるから。
これは編んで分かったことです。
不器用者ABは前から編み始めて、後ろが殆ど終わるころに、この編み上がりの違いに気がついた。。。で、全部ほどいてやり直しました。。。

これが編みあがったら、二つに折って、両サイドをはぎます。
こうなります。
b0210850_2451515.jpg

ここではいてみると、大層ゆるいので、ひもを通したベルトをつけることにします。
b0210850_2463765.jpg

ベルトの部分はこんなかんじに編みました。
b0210850_2465911.jpg

一応形にはなってるけど、はいてみると、やはりスパンデックスが入っている普通の水着と違って、どうもぴったりしない。ごろごろして、泳ぐには適していないです。
で、ショーツ型を編みたいな、と思ったのですが、ショーツを編むには糸が若干足りないので、今回は断念。
使用糸は、ドイツで購入したWolle RödelのMille Fili シリーズから、色番5942。
b0210850_2515368.jpg

コットン100%で、一玉50g。
ビキニ上下で、二玉半使いました。
夏の海の水着には、こういうヴィヴィッドではっきりした色がいいと思います。

By AB

Creative Commons License
Bikini bottom turquoise blue by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial 3.0 Unported License.
Permissions beyond the scope of this license may be available at http://amisparis.exblog.jp/.
[PR]

by amis-paris | 2011-05-04 02:58 | 編み編み報告  

ビキニトップ、それから三角モチーフの編み方

唐突ですが、ビキニを編んでいます。
今のところ、トップは完成。
b0210850_6184839.jpg


先日の”O”さんの婦人服店兼手芸店の記事で、Ayuさんが下着をハンドメイドするキットがある、というお話をコメントにしていたのを読み、突然思い出したのが、幼少時代、母の手編みの赤いビキニを着ていたということ。他の子みたいなスクール水着が着たくて、母に買ってくれるように頼んだのだが、「どうして?この方がかわいいじゃない」と一蹴された。。。ま、今思えば、スクール水着より手編みの赤いビキニの方がかわいいのであるが、当時はそれを着るのがとても恥ずかしかった。ちょっとトラウマ。。。

で、そっかあ、編みビキニやってみよう、と思った次第。

そもそもヨーロッパの夏の海では、よほど年配の方以外は(というか、年配の方でも)皆ビキニ。でも大変貧弱な胸を持った不器用者ことABは、いつもサイズがなく、ティーン用を使っている。。。
実際に自分で着るものができるかどうかはまた別の話だが、手編みのビキニもなかなかいいのではないだろうか、と思った訳である。

さて、ビキニとはどうやって編むのだろう。
ネットで調べたところ、日本語のサイトでは赤ちゃん用しか出てこなかった。。。
例えば「アトリエ」から、これ。
ふりふりBabyビキニ<子供服>
http://atelier.woman.excite.co.jp/creation/8112.html
でも、これを見て、そっかあ、三角モチーフを二つ編めばいいのね、と理解する。

次に三角モチーフの編み図を検索。
ところが、日本語のサイトでは三角モチーフの編み図が全く無いのです。。。
そこで、しぶしぶ英語のサイトを検索。
ちょっとありました。相変わらず編み図無いけど。

Tutorial: Granny triangle (carinascraftblog.wardi.dk)
http://www.wardi.dk/2007/10/tutorial-granny-triangle.html

Easy Triangle Shaped Motif (http://crochet.about.com/)
http://crochet.about.com/od/motifs/a/tri5rnds.htm

英語のサイトでは編み図が無い場合が殆どで、言葉の説明だけだから、視覚的、全体的に理解できなくて、面倒なんですよね。この二つのモチーフの編み方説明も編み図がないですが、両方とも編み方写真がついているので、分かりやすい。

でも、両方とも今一つなので、手持ちの本を見ながら、自分で開拓することにする。
かぎ針編みのモチーフ・ブレード・エジング・もよう編み」(ブティック社)に出ていたものを大幅に変えて実験。

その結果、こういう三角モチーフになりました。
b0210850_624335.jpg


編み図はこんなかんじ。
一辺11センチです。
私は貧弱なのでこれで充分ですが、豊かなお方は、5段目と6段目を何度か繰り返しで下さい。
b0210850_6222766.jpg

編み図は下手すぎて何だか分からないと思うので、言葉でも説明します。

「わ」の作り目。
1段目 立ち上がりの鎖目1目、細編み5目、「わ」をひきしめ、立ち上がりの鎖目に引き抜き編み
2段目、立ち上がりの鎖目3目、長編み2目づつを5回繰り返し、立ち上がりの鎖3目めに引き抜き編み
3段目、立ち上がりの鎖目3目、長編み1、(長編み2、長編み1)を5回繰り返し、立ち上がりの鎖3目めに引き抜き編み
4段目、立ち上がりの鎖目3目、鎖1、(長編み1、鎖1)を17回繰り返し、引き抜き編み。
5段目、立ち上がりの鎖3目、長編み3目の玉編み、鎖3、(細編み1、鎖3、長編み4目の玉編み、鎖3)を9回繰り返し、立ち上がりの鎖三目めに引き抜き編み、続いて最初の宙の鎖3目に束に引き抜き編み。
6段目、立ち上がりの鎖一目、(細編み1、鎖4)を18回繰り返し、立ち上がりの鎖一目に引き抜き編み。
7段目、立ち上がりの鎖3目、長編み3目の玉編み、鎖3、(細編み1、鎖3、長編み4目の玉編み、鎖3)を8回繰り返し、立ち上がりの鎖一目めに引き抜き編み、続いて鎖3、続いて最初の宙の鎖4目に束に引き抜き編み。
8段目、立ち上がりの鎖一目、(細編み1、鎖4、細編み1、鎖3)を9回繰り返し、立ち上がりの鎖一目に引き抜き編み、最初の宙の鎖4目に引き抜き編み。
9段目、立ち上がりの鎖1目、(細編み2、鎖3)を5回繰り返し、(鎖3、長編み2目の玉編み、鎖3、長編み2目の玉編み、鎖5、長編み2目の玉編み、鎖3)を玉編みを前段の鎖三目に束に入れながらする;続いて(細編み1、鎖4、細編み1、鎖3)を5回繰り返し、(鎖3、長編み2目の玉編み、鎖3、長編み2目の玉編み、鎖5、長編み2目の玉編み、鎖3)を玉編みを前段の鎖三目に束に入れながらする;続いて(細編み1、鎖4、細編み1、鎖3)を5回し、(鎖3、長編み2目の玉編み、鎖3、長編み2目の玉編み、鎖5、長編み2目の玉編み、鎖3)、立ち上がりの鎖1目に引き抜き編み。

Begin with a sliding loop.
Rd 1: Chain1 (count as sc), sc5, slip stich.
Rd2: Chain 3 (count as dc), repeat dc2 five times, slip stitch.
Rd 3: Chain 3 (count as dc), dc1, repeat (dc2, dc1) five times, slip stitch.
Rd 4: Chain 3 (count as dc), ch1, repeat (dc1, ch1) 17times.
Rd 5: Chain 3 (count as dc), dc3Cluster in next ch-1 space, ch3, repeat (sc1 in next ch-3 space, ch3, dc4Cluster in next ch-1 space, ch3) 9 time, slip stitch into the top chain of the first 3 chains, slip stitch into the next ch-3 space.
Rd 6: Chain 1 (count as sc), repeat (sc1, ch4) 18 times, slip stitch.
Rd 7: Chain 3 (count as dc), dc3Cluster in next ch-4 space, ch3, (sc1 in next ch-4 space, ch3, dc4Cluster, ch3) 8 times, slip stitch into the top chain of the first 3 chains, slip stitch into the next ch-3 space.
Rd 8: Chain 1(count as sc), repeat (sc1 in next ch-3 space, ch4, sc1 in next ch-3 space, ch3) 9 times, in next ch-4 space.
Rd 9: Chain 1 (count as sc), repeat [repeat (sc2 in next ch-4 space, ch3) 5 times, (ch3, dc2Cluster in next ch-3 space, ch3, dc2Cluster in the same ch-3 space, ch5, dc2Cluster in the same ch-3 space, ch3, dc2Cluster in the same ch-3 space, ch3)] 3 times, slip stitch.

さて、この三角モチーフを二枚つくります。

b0210850_6243986.jpg


またちょっと違ってできちゃったけど、まあいいや。
(片方だけビーズが入っているのは、デザイン。)
紐を二本編んで、二枚の三角モチーフに通します。
紐は、鎖編みで行って引き抜き編みで返ってきているだけ。

レーシーだし、私の胸は超貧弱なので、内側にはパッドを縫い付けてあります。
パッドは手持ちの無印良品の古いブラジャーからとったもの。
パッドが入っているのが外から分かるかと心配したが、全く見えない、分からない。

これで、ホルタートップ型のビキニトップできあがり。

b0210850_6253554.jpg



さて、次はボトム。
これが超苦難。4回ほどいて編みなおす。
たかがパンツにこんな苦労して、一体人生にどんな意味があるのだろう、と疑問を感じはじめたのだが、5回目にしてやっとパンツらしくなってきたかんじ。。。
一体できるのでしょうか。
乞うご期待。

By AB

Creative Commons License
Lacy bikini top by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.
Permissions beyond the scope of this license may be available at http://amisparis.exblog.jp/.
[PR]

by amis-paris | 2011-05-02 06:31 | 編み編み報告  

シームレス&トップダウン化 ~無謀な野望~

現在、調子に乗って、2枚目のセーターに挑戦中の"O"です。
作っているのは、こちら

これはもちろん、前身頃、後身頃、両袖を編んで、とじはぎをする編み図なのですが、これをシームレスでトップダウンに編もう、という無謀な野望を抱いております。

そもそも、編み図を読みなれていないので、これだけの説明でなぜセーターが出来てしまうのか、理解できない初心者"O"。

悩んだ結果、どうしたかと申しますと、ABさんが先日記事にされたとおり、地味~~にエクセルでマス目を作って、形にしてみたわけであります。デザイナーだなんて、本物のデザイナーさんに怒られちゃいますよー。

そんな地味な作業をするなら、とじはぎしようよ、ってツッコミが入っても、甘受いたします。

とりあえず、袖ぐりまで終わり、これから脇の部分を繋げて、輪編みで身頃を編んでいくところ。

b0210850_638496.jpg


この先も、問題は山積みで、袖の目をキレイに拾えるのか、その先、キレイな形に仕上がるのか、全く持って予想がつきません。

さらに、この毛糸(アルパカ)が肌に合わない疑惑が持ち上がってきました。
編む時に毛糸を巻きつけている左薬指、人差し指がカサカサに荒れてしまった。
やっぱり、無謀な野望なのか・・・。

by "O"

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村     

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by amis-paris | 2011-04-19 06:51 | 編み編み報告  

初心者による、手抜き(?)カーディガン

カーディガン第一号が完成しました。

今まで、何度かセーターやカーディガンに手を出していましたが、
一つも完成させたことが無い、という飽き易い性格の私には、まずは、
ひとつ完成させる、という自信を持つことが必要だったのであります。

そのコツ(?)は・・・

*極太の毛糸を
*8mmの輪針(日本だとジャンボ8mm)で
*とじはぎ無しのシームレス、トップダウンで編む

と3拍子そろった、手抜きカーディガンです。

b0210850_2353489.jpg作ったのは、Custom Knits という本より、
「Lion-Neck Cardigan」でした。

裾からえりをぐるっとして、また裾まで、ライオンのたてがみのように、ひらひらとなってます。245目!ありましたが、輪針で往復です。

b0210850_2352131.jpg編み目が不揃いでお目汚しとなってしまうため、写真は小さくしちゃったもんね・・・。

英語のパターンでしたが、分かりやすくてスイスイと編めました。

出来上がり♪

毛糸が太くて、早く編み進んでいる気がして、楽しかったです。
ただ、パリは春が来ちゃったので、着るのは秋以降ですね~。


by "O"
[PR]

by amis-paris | 2011-04-12 00:01 | 編み編み報告  

1Q88

今編んでいるのは1988年に知り合いから贈られたGeorges Picaudという雑誌の秋号に載っているパターン。毛糸も当時贈られたもの。20年以上もたって、ようやく編み始めた。パリに引っ越してくるにあたって身辺整理(大げさ?)している時に、実家の屋根裏から出てきたのだ。

b0210850_5583233.jpg


フランス語も読めない私になぜかフランス語の編み物本を贈るこの知り合いも知り合いだけど(爆笑)、20年以上たってなぜかパリに住むことになった人生の偶然、そして、贈ってくれた知り合いが今ガンと戦っていること、なんていろんなことがあって、このプロジェクトは完成させなきゃ、彼女に完成写真だけでも見せなきゃ、と、自分を鼓舞している。

b0210850_625168.jpg


でも、でも、あぁ、なんてこと、色部分の毛糸が足りなくなってしまった!いかに袖の形を工夫して糸を足らせるか、が目下の課題になってしまった(ここで『プロジェクトX』のテーマソング!)。残った玉は48グラムしかない。縞々のために4等分(縦縞を編むのは面倒なのだ!)して、残った毛糸の重さを量りながら、足りるかな、足りるかな、と編んでいたけれど、足りないことが判明。泣く泣くいったん解く。

会でみんなと相談し、ラグランの減らし目のところだけのミニマム部分にだけ色糸を使う案を採用。黒のゴム編みの部分を長くして、末広がりのラッパ袖ににする案もあるけど、とりあえずゴム編みは後に残して縞々部分をやってみる!

皆さん、さまざまなクリエイティブ提案をありがとう。でも、私の編みスピードでは、このシーズンはやっぱり無理だった。。

By Maman Mia
[PR]

by amis-paris | 2011-04-01 06:15 | 編み編み報告