タグ:糸 ( 20 ) タグの人気記事

 

マルチカラーとジャッカード、どちらがお好き?

またアクリル糸の話です。あしからず。
ドイツに行っていたので、以前購入したジャッカード柄アクリル糸を色違いで購入しようと、デパートの手芸用品売り場に向かいます。

今回はなんと、同じメーカーのアクリル糸Bravoシリーズが、ジャッカードだけでなく、マルチカラーものが山積み!
マルチカラーものの発色が良いので、三種類手に入れてみました。
左から、106番、082番、080番です。
b0210850_3494613.jpg

ジャッカードとマルチカラーとは、何が違うか。
上がマルチカラー、下がジャッカードです。
端的に言うと、マルチカラーの方が、色の変化の頻度が激しい。すなわち、それぞれの色の部分の長さが短い。
それから、ジャッカードの方にある縞々模様の部分がマルチカラーにはない。
b0210850_3501921.jpg


さて、編むとどうなるのでしょう。
マルチカラーで試しに指モップを編んでみました。

106番で、ブルーとグリーン。
b0210850_35179.jpg

082番で、イエロー、グリーン、ブルー、ピンク。
b0210850_3513742.jpg

080番で、赤、青、黄色、緑(信号みたい!)
b0210850_3515990.jpg


以前ジャッカードの糸で編んだ指モップと比べてみると。。。
b0210850_3522330.jpg

b0210850_353588.jpg

マルチカラーは、霜降りに多色が散らばるのですね。
比べて、ジャッカードの方は、色がまとまって、模様をつくりあげる。

学びましたね。
これで、糸の色の変化の具合から、編みあがりの違いを若干推測できるかも。

皆さんはどちらの編みあがりデザインがお好きですか。
今のところ私は、編みモップにはジャッカードの方が好みかな。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-05-24 03:57 | 糸、道具 | Trackback | Comments(5)  

全然編み編み進んでいない話

平凡な話ですが、忙しくて全然編み編みできないABです。
毎日、昼食をとる時間がなくて、食べるために生きている私は泣きそうな気分。
食べるために生きているABが、昼食抜き。。。
本末転倒とは、まさにこのこと。

全然進んでいない編み編み状況の報告。
甥の短パンですが、一目ゴム編みのあと、メリヤス編みに入り、しかしあまりに単調なので進まず、色でも変えてみようかと思ったところ。
b0210850_449479.jpg

本体カーキグリーンと同じ陽だまりシルクで、明るいブルーです。色番08。
b0210850_456172.jpg

ボタンアクセサリーの実験に入るには、もっと心の余裕が要ります。。。
そのうちできるといいな。。。
創作したいな。。。

でも、明日はまた早いのでもう寝ます。。。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-05-20 04:58 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(0)  

編み指輪にトライ

現在無職中の友人に久しぶりに会いました。以来、ニューヨーク、マドリッド、コートダジュール等々、楽しく飛び回っていたそうです。
とてもきれいになった輝く姿にびっくり。
「まあ、なんてきれいになったの!」と感嘆すると、「自分にかける時間があるのよ」とうれしそうに言っていました。
「仕事しないの、いいわよお。」とうれしそうに言ってました。
いいな、いいな。。。
彼女には仕事のある夫がいるからいいけど、独り者の私は、働かないと食えない。。。
食うために休みなく働くのみ。。。

服、バッグ、靴、指輪とも、全部パーフェクトなコーディネート。
こんな素敵な指輪をして。コートダジュールで手に入れたものだそうです。
b0210850_5501432.jpg

食うために働くのみですけど、この指輪みたいのは貝殻ボタン使ったらすぐつくれるかな、と思いつく。
貝殻ボタン、以前何か買ったな、と思ったのだが、手芸用品を押し込めてある箱からどうもそのボタンが見つからない。
「隠しすぎて忘れた」ってやつですね。
昔子供の時に見ていたなんとかチャックのアニメの歌。
で、ボタンではなくて糸で編み指輪。
初編み指輪です。
b0210850_5505297.jpg

単に細編みで丸を二枚編んで、木のビーズを一つつけただけです。
b0210850_5511846.jpg

裏は鎖編みで輪の紐をつけているだけです。

糸は、紺色はAnny Blatt Satinka
アクリル97% ナイロン3%。フランス製。
糸自体がきらきらしてます。ル ボン マルシェ で買いました。
殆どアクリル100%ですが、掃除には適していないかんじ。これでモップを編もうとは思いません。。。
b0210850_5523859.jpg

ゴールドは、去年、ハイデルブルグの、今はつぶれてしまった毛糸屋さんで購入したもの。
スイスのメーカーLang のAmalfi という糸です。
なんと、コットンがメインの糸で、コットン70%、ナイロン30%。
名前からしてそういうイメージですが、イタリア製。
b0210850_5531073.jpg

編み指輪、すぐできます。
15分でできます。
三角とか、四角とか、いろいろ実験できそうだし。
おそろいのペンダントの実験もできそうだし。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-05-14 06:01 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(0)  

ドイツのジャカード柄アクリル糸が沢山来る!

蒸し返すようですが、アクリル糸の話です。。。
掃除用具を編むのに使った、ドイツはハイデルブルグのデパートで買ったジャカード柄のアクリル糸。
ドイツのメーカーSchachenmayrのBravo Jacquard Color というシリーズ。
編みすぎてすぐ無くなってしまったので、同じものをフランスのネット手芸店から注文。
それが数日前に到着。
b0210850_7164522.jpg

なんだか沢山注文してしまいました。。。(実は玉が二段に並んでいるのです。。。)
プレゼントにいいかと思って。あまりに埃取り力がすごいし、掃除用具にしては素敵なかんじだし。

注文したのは、フランスのネット手芸店Bouticafil です。1週間弱で到着。何も問題無し。
箱についているロゴもかわいい。
b0210850_7172618.jpg

キティちゃんのボタンもある。。。
このお店で編み糸を買うには、ホームページの左欄Fils pour tricoter からどうぞ。
フランスのメーカーFonty Cheval Blanc, オランダのLammy, ドイツのOnlineSchachenmayrの糸がいくつか(非常に限定されたいくつか、です)、比較的安価に売られています。

以前買ったのはブルー系。
b0210850_720452.jpg

今回は、赤系のも購入してみました。色がはっきりしているのに惹かれて。
b0210850_7211350.jpg

赤系のもので、指モップを編んでみたら、こんなかんじ。
指モップの編み方はここです。
b0210850_7214731.jpg

なんだか素敵なおもちゃみたい。おいしそうな感じがしないでもないし。
この糸シリーズは、様々な色のミックスがあるので、面白いから他の色も注文しようかなあ、という思いがふつふつと沸き起こります。が、既に沢山買ってしまったので、数日気持ちを抑え、どうにか買わずに今にいたります。
試し編みなら、今度ドイツに行った時に一玉買えばいいんですよね。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-05-13 07:29 | 糸、道具 | Trackback | Comments(2)  

子供半ズボンはじめる、それと子供服古着屋

AB投稿が続いて恐縮ですが、ニットプロの輪針を使い始めました。

編みはじめたのは、甥の半ズボン。
ビキニのボトムを編んだあとに、ショーツ型がいいかも、と思ったのですが、糸が足りなくて待ち状態なので、では、合間に最近おしめがとれはじめた甥の半ズボンを編んでみようか、と思った次第。

おしめがとれる、というのは大変めでたいですよね。
子供の成長の重要なマイルストーンの一つ。
記念に、何か関連することをしてみるというのも悪くないアイデア。

まず、使う糸はこれを選びました。
正月に東京にいた際に毛糸Zakkaストアーズから購入した陽だまりシルクの色番16。
b0210850_63680.jpg

なんと、シルク100%です。紬加工ということらしい。
シルク光沢がないですが、いやあ、軽く柔らかいです。
軽くて柔らかいので、子供にはいいか、と思った次第。

で、かぎ針編みで前と後ろを平編みにしてはごう、と予定したのですが、はじめてみるとこの糸、どうもかぎ針で拾いにくい。
そこで、ここは私の生活に新登場したニットプロの輪針を使って、輪に編んでみよう、と思ってはじめ、2段編んだ、というのが今の時点。
b0210850_634648.jpg

これまでのところ、棒針の方が編みやすいかんじです、この糸。

話は変わりますが、子供服関連で、今日は近所の子供服古着屋にはじめて入ってみました。
東京に一歳半になる姪がいるのですが、いつもドイツの甥のお下がりばかり。たまにはおフランスのものを着てみてもいいのでは、とふと思った次第。

子供服の古着屋があるなあ、といつも思っていたのだが、入ったことがなかった。
で、入ってみたら、びっくり仰天。
まあ、良質で状態のよいものが揃っています。
特に女の子のものは上品でかわいく、もうたまらないです。
買いすぎないようにするのが一苦労。

でも、数点買ってしまった。。。

例えばこれはリネンとコットンの薄地のワンピース。ボタンは後ろでとめるようになっています。
フランスでは「イギリス刺繍」と呼ばれる穴の開いた刺繍の模様。
電力供給が足りなくて暑いかもしれない東京の今夏、こういうのいいかな、と思った次第。
ベルギーのBasile et Boniface というお店のものです。
b0210850_64282.jpg

これは長袖ですが、薄地のコットン100%。
パリ東南12kmのところにあるSaint Maur という町を拠点にしたLili Gaufretteというお店のものです。
b0210850_645489.jpg

マーク・ジェイコブスの2歳児用ワンピースとかありました。
2歳でマーク・ジェイコブスかあ。。。

Chercheminippe Espace Enfant
110 rue du Cherche-midi
75006 Paris
月ー土 午前11時から午後7時まで。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-05-08 06:08 | 糸、道具 | Trackback | Comments(2)  

ビキニのボトムできた。。。

苦労の末、ビキニのボトムができました。
b0210850_2345815.jpg

どうやって編んだかと言いますと。。。
こういう形のものを編んでみた訳です。
b0210850_2441420.jpg

編み図はこんなかんじ。全部長編みで、三角形を減らし目をしながら、あるいは増し目をしながら二つ作っていくだけです。
b0210850_2443313.jpg

サイズの見当は、上下の辺の長さが合わせて腰の左右の骨のあたりの腰周りの長さになればいいです。ポイントは、下の辺が上の辺より長くなるようにすること。
それから、後ろを先に編んで、前をあとに編むこと。これは、減らし目をしていくと、左右の辺が外側に丸くカーヴするように編みあがり、増し目をしていくと、内側にカーヴするように編みあがるから。
これは編んで分かったことです。
不器用者ABは前から編み始めて、後ろが殆ど終わるころに、この編み上がりの違いに気がついた。。。で、全部ほどいてやり直しました。。。

これが編みあがったら、二つに折って、両サイドをはぎます。
こうなります。
b0210850_2451515.jpg

ここではいてみると、大層ゆるいので、ひもを通したベルトをつけることにします。
b0210850_2463765.jpg

ベルトの部分はこんなかんじに編みました。
b0210850_2465911.jpg

一応形にはなってるけど、はいてみると、やはりスパンデックスが入っている普通の水着と違って、どうもぴったりしない。ごろごろして、泳ぐには適していないです。
で、ショーツ型を編みたいな、と思ったのですが、ショーツを編むには糸が若干足りないので、今回は断念。
使用糸は、ドイツで購入したWolle RödelのMille Fili シリーズから、色番5942。
b0210850_2515368.jpg

コットン100%で、一玉50g。
ビキニ上下で、二玉半使いました。
夏の海の水着には、こういうヴィヴィッドではっきりした色がいいと思います。

By AB

Creative Commons License
Bikini bottom turquoise blue by Amies Bijoux is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial 3.0 Unported License.
Permissions beyond the scope of this license may be available at http://amisparis.exblog.jp/.
[PR]

by amis-paris | 2011-05-04 02:58 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(5)  

糸のお話―ソックヤーンー

"O"さんから糸のお話が出たので、私も糸のお話を・・・。

グラデーションの糸が好きで、売り場で手に取った糸が、
「ソックヤーン」でした。靴下専用の毛糸。
それまで、こういう糸があるとは知りませんでした。


ドイツの毛糸ブランド、TUTTO社のOpalという糸です。

b0210850_7423253.jpg

        (写真:HPより ドイツ語のHPはこちら

うかつにも、しばらくは買った糸がソックヤーンだと気づかず、
何を編もうかーーと迷った挙句、グラデーションがどんなふうに出るのか早く見たくて、とりあえず輪っかにしたマフラーを編んでしまいました。(糸は上の写真と同じものです)

レトロな色調だったので、60年代風にと、かぎ針で編みました。
(輪にすると、二つ折りにしてヘアバンド風にもなり、巻き方もアレンジできて面白いです)

b0210850_749459.jpg


編んでいる時に、ラベルをよく見ると、あれれ??
靴下の写真が・・・・。
調べるうちに、ソックヤーンなるものにたどり着いたという次第です。

棒針で編んだ靴下とかぎ針で編んだマフラーとでは模様の面白さが全く違いますね、当たり前といえば当たり前なんですが・・・。

私が買ったのは、Opal のフンデルトヴァッサーというシリーズ。

オーストリアの画家で、建築家でもあるフンデルトヴァッサー氏の絵の配色をイメージして作られたものだとか。

化繊が配合してあるのは、靴下にしたときに強度を増すため。
また、スーパーウォッシュ・ウールという、洗っても縮まないウールが使われています。

グラデーションも、最初の写真のように、編んでいくだけで模様ができるように計算され、ひと玉で一足が充分にできる分量という、何から何まで靴下にぴったりの糸。

日本でも、最近は通販などで手に入りやすくなったようです。
極細で、日本では1号針で編むとよいそう。

このグラデーションを利用して、帽子、マフラー、モチーフを編むのも楽しいーーと説明にはありました。
特に子供用品にぴったりとか。

Opal にはこのほか、「ハリー・ポッター」というシリーズも。
(これは既に品切れのようで、残念。)

絵画や映画からイメージを膨らませて糸をデザインするなんて、素敵ですね。

春夏用にはコットンのシリーズも出ています。
b0210850_8121744.jpg

                 (写真:HPより)

これは、また挑戦するしかないでしょう。(いつか・・・)

糸を買ったのは LE BON MARCHE です。
(24 rue de Sevres 75007 地下鉄Sevres-Babylone駅)
★参考までにーーーひと玉13・50ユーロなり。

By ふく
[PR]

by amis-paris | 2011-04-30 07:01 | Trackback | Comments(3)  

エコたわし第二弾、ドイツの糸で。

ふくさんのアクリルたわし報告に刺激を受けて、丸いものを編んでみました。

白いカルキがとれると聞いては、すわ!やってみないと、ということで。
ヨーロッパでは、日本と違って水道水が硬水な地域が殆ど。ミネラル成分が多く、水に触れるものは何から何まで、白いものが付着する。
洗濯機での洗濯の際にも、洗剤以外に、anti-calcaire というカルキ除去剤をフランスでもドイツでも入れるし、水道水は一度浄水器を通してから、飲むものや料理に使う。

でも、困るのは、蛇口や流しなど、水道水が日々触れてカルキがたまるのであるが、カルキ除去しにくい部分。

これがとりやすいと聞いては、即座につくるでしょう。

しかし、大問題は、アクリルたわしには、アクリル100%の糸が必要ということ。
アクリル100%の糸は、私はパリでは見たことがない。
ふくさんは15区のマルシェで見つけたそうだが、うちの近所のマルシェでは見たことがない。そもそも、うちの近所のマルシェはConvention のマルシェよりずっと小さくて、毛糸を見たことがない。。。

ふくさんの記事を読んだ時には、ドイツはハイデルブルグにいたのであるが、ドイツにはアクリル100%の糸はあるのであろうか。

で、商店街にある毛糸店に行ってみるが、アクリル混糸はあっても、アクリル100%糸は見つからず。
別の手芸店で毛糸を置いている店にも行ってみるが、見つからず。

もしかしたらと、デパートに行ってみる。
ドイツの町にはどこにでもある、Kaufhof というデパート。米国で言えばJCPenny みたいなかんじかな。
b0210850_4553221.jpg

ハイデルブルグにはKaufhofは二軒あるのであるが、今回私が行ったのは、ビスマルク広場(名前がすごい。。。名前みたいに、なんだか立派で大きい広場)のKaufhof ではなくて、旧市街商店街Hauptstrasseの店。
その地上階(日本で言う一階)にある手芸コーナーのセール毛糸ワゴンに、偶然、アクリル100%の糸が一種類あった。手芸コーナーは、中央入り口から入り、左手奥にある。
b0210850_4555614.jpg

色は何種類かあって、私が購入したのはこれ。
セールとは言え、一玉(50グラム)1.60ユーロ。
Schachenmayr SMC Bravo Jacquard Color
b0210850_4585150.jpg


ハイデルブルグからの帰りの電車で、丸いエコたわしを編む。
「わ」の作り目から、立ち上がりの鎖目3目、長編みを15目入れる。
増し目をして行って、5段目まで。
これを二枚編み、はぐ。
編み図はこんなかんじ。
b0210850_4562979.jpg


4段目まで編んだ小さいヴァージョンもつくってみた。
一玉(50グラム)の三分の二くらいで、この大小二枚ができる。
ピエロの服みたいな模様になった。
b0210850_457633.jpg


自宅で使ってみたところ、白い付着物、落ちますよ、ふくさん。
編み編み会から、フランスでアクリルたわしを売り出す、っていうアイデアを思いついた。。。

By AB
[PR]

by amis-paris | 2011-04-13 05:00 | 編み編み報告 | Trackback | Comments(8)  

Le Bon Marche の春セールで買ったコットン糸

この前の編み編み会で、左岸のデパートLe Bon Marche(24 Rue Sèvres
75007 Paris) 春のセール最終日だ、というお話を伺ったので、帰りに早速寄ってみました。

とは言え、着いたときには、店員さんたちがセールワゴンを片付けている最中。
棚にはまだ、「20%引き」のシールがついているものがあって、あせって買ってしまいましたよ。

買ったのは、これ。
b0210850_623781.jpg

Rowan のCotton Glace というシリーズで、コットン100%。
色番739。Rowan のサイトで見るとただのカーキ色のようですが、実際は渋い金色に輝いています。
つい魅せられてしまった。。。

By Amies B
[PR]

by amis-paris | 2011-03-31 06:04 | 糸、道具 | Trackback | Comments(0)  

毛糸玉ころりん防止策?

編み編み会で、話題になったことのひとつが、毛糸玉でした。

巻き巻きすると、転げまわる毛糸玉を、なんとか出来ないかなあ、と、
ぼーっと考えていたところ、ある方のブログで、解決策をいただきました。

b0210850_6194624.jpg


毛糸玉を深めの器に入れちゃえば、転がり出ずに、毛糸もキレイに引き出せますね。
ちょっとフランスっぽく、カフェオレボウルなんぞに入れてみました・・・。

by "O"
[PR]

by amis-paris | 2011-03-29 06:45 | 編み方レシピ、ヒント | Trackback | Comments(2)